Google Analyticsのデータ消失対策として無料のアクセス解析ツール「Piwik」を導入するで紹介した、インストール型のアクセス解析ツール「Piwik」。

バージョンアップした2.11.1が、2月23日にリリースされました。

Piwik 2.11.1 01


Piwik 2.11.1

もっと読む

Facebookを使っていて、皆さんは自分の投稿にコメントを貰った際、どのように返信を返していますか?

メールと同じように、今まで「○○さん」「>○○さん」といった形で文章の先頭に相手の名前や記号を入れて返信をしていたんですが、見ているとリンク付きで名前を指定して返信している人がいます。

遅まきながらそのやり方を理解したんですが、「みんな知ってたの?」と思ったのと、非常に簡単でメリットもある事を知ったので、今回はFacebookで自分の投稿にコメントがついたときに名前を指定して返信する方法をご紹介します。

もっと読む

2月9日のGoogle Analyticsアクセスデータがいきなり消失という事態が発生した場合、ユーザーとしてはGoogleの対応を待つしかないという受け身の状況に追い込まれてしまいます。

今回は、データが消失することもなく数日で復旧をしましたが、データが復旧しなくても無料のサービスですので文句を言う事もできません。

こういった事態を避けるためには、Google Analyticsのデータ消失対策が必要になってきますが、Google Analyticsと同様のデータ送信型サービスを使うのであれば、データが送信できていない、データが消失した、という同様のケースが起こる可能性があります。

そこで、お勧めをしているのがサーバにインストールする形で解析ができるものとなりますが、その中でも無料で詳細な解析ができるのが「Piwik」です。

Piwik

Piwik

今回は、この「Piwik」のインストールについて解説をしたいと思います。 もっと読む

Webサイトを作るのが当たり前になり、検索エンジンの重要性が理解されるようになって、リスティング広告を始める企業が増えています。

listing-ad
もっと読む

WordPressの4.1.1が2015年2月18日にリリースされ、日本語版の方も自動アップデートが始まりました。

WordPress 4.1.1 メンテナンスリリース

WordPress 4.1.1 メンテナンスリリース

もっと読む

WordPressが「CMSとしては管理画面が使いにくい。」と言われる事の原因にビジュアルモードの機能が中途半端で使えない、というのがあります。

しかし、テキストモードの場合には、HTMLの知識がないクライアントには使い難い、というジレンマがあると思います。

これに対し、あまりHTML知識のないクライアントであっても、「AddQuicktag」というPluginを導入する事で、簡単に複雑なレイアウトパターンを組むことができるようになります。

弊社構築事例として上げているモードメディア・ジャパン株式会社が運営する、世界最大級の女性向けオンライン・メディア、米国Glam.com(www.glam.com)の日本版「Glam.jp

こちらでも実際に、誰もが簡単にPCとスマートフォンに対応した複雑なレイアウトを入力出来るようにするため、「AddQuicktag」を導入しています。

今回はこの「AddQuicktag」について解説します。

もっと読む

2月9日のGoogle Analyticsアクセスデータがいきなり消失と伝えていた、Google Analyticsのデータ障害ですが復旧したようです。

昨日の夜までデータが欠損した状態でしたが、今朝見てみるとこのとおり復旧していました。

GA data lost recovery
もっと読む

私はGoogle Analyticsのデータは毎日、PCやアプリでモニタリングをしています。

そのため、急激なアクセスの変化があれば気がつくのですが、今日、Google Analyticsにアクセスをしてびっくり。(2015年2月12日 13時59分現在です。)

GA data lost

2月9日だけ極端にアクセスがなかったことに。

昨日まで普通に表示されていたのと、Google Adsense側のページビュー数を見ると、以下のようにきちんとアクセスが取れています。

Google AdSense data
もっと読む

WordPressでFacebookアプリを使う為のDeveloers登録とアプリ作成手順の続きで引き続き、WordPressでFacebookのいいねボタンを正常に動かすための設定を行っていきます。

今回はWordPressに、前回に作ったFacebookアプリの管理画面から吐き出されるコード等を使って設定していきます。

wordpress-fblike
もっと読む

Facebook Developers

Facebookの「いいねボタン」を個別のページに設置するのは、いまや当たり前となっていますが、WordPressでこれを実装する場合には以外と大変です。

ただ単にFacebookが用意しているLike Button for the Webを使って、コードを吐き出してトップページに貼り付けても、個別ページでは挙動がおかしい。

設定がきちんと出来ていないと、いいねボタンはちゃんと付いていて、ボタンも押せるんですが反映がされない、あるいはトップページのいいね数が表示されたりする、といった事が発生します。

こういった事態を避けるためには、Facebook Develoersでアプリの登録とWordPress側でOGPの設定が必要ですが、Facebookの仕様が変わったりと苦労をすることも多いので、まずは現時点でのFacebook Develoersへの登録とFacebookアプリの登録についてまとめてみました。

Facebook Developers
もっと読む

IT戦略を立案して実運用に入っても、時々は立てた戦略を一歩離れてみたり、評価をする事は大変重要です。

実運用に入ると、日常業務に飲み込まれてしまって、特別な変化がない限り決められた作業以外をしなくなってしまうという事が起きがちですが、そうなるとせっかくのIT戦略の通りに実施施策が上手くいかなくなってしまいます。

弊社で行っているWebサイトの問題点を明らかにする「デジタル・マーケティング・オーディット」では、新鮮な視点からWebサイトにアプローチをする機会を与え、戦略と方向性に新たな命を吹き込み、より効果的な施策を発見できます。

また、「Webマーケティング・オーディット」は、「デジタル・マーケティング・オーディット」の中から、流入・コンテンツ・コンバージョンというWebサイトの運用に関わる部分の監査を行うことで、SEO/SEM/コンテンツ運用という部分での最適化を行えます。

しかし、どういった項目をどのように評価するかが理解していれば、自分達で「オーディット(監査)」を行う「セルフ・オーディット(自己監査)」を実施する事は可能です。

セルフ・オーディット

セルフ・オーディット

Webサイトの「セルフ・オーディット(自己監査)」を実施するためにはいくつか方法がありますが、今回は簡単にできるチェックリストを公開します。
もっと読む