皆さんはMySQL(MariaDB)を使っていて、rootパスワードがわからなくなった事ってないですか?

残念ながら私は時々あります。

こういった時、以前はMySQL(MariaDB)をセーフモードで立ち上げてrootパスワードの再設定を行っていましたが、CentOS 7ではこれができません。

これはCentOS 7ではsystemdというLinuxの起動処理やシステム管理を行う仕組みで管理されているため、mysqld_safeが使用できないからです。

そこで、改めてCentOS 7でMySQL(MariaDB)でrootパスワードの再設定をする方法をまとめてみました。

もっと読む
WordCamp Haneda 2019

2019年4月20日から21日の2日間にかけて羽田で開催されていたWordPressのイベント「WordCamp Haneda 2019」。

今回は2013年、2014年のWordCamp Tokyoと同じ、蒲田にある大田区産業プラザ PiOで行われていたので行ってきました。

WordCamp Haneda 2019
WordCamp Haneda 2019
もっと読む
さくらのレンタルサーバー

さくらインターネット株式会社のさくらのレンタルサーバは、WordPressが使えるスタンダードが月額515円と非常に安価な割に高機能なため、多くのユーザーが利用しています。

さくらのレンタルサーバー
さくらのレンタルサーバー

WordPressも管理画面から設定を行うだけインストールができるため非常に簡単に使えるのですが、初期状態の最大アップロードサイズが5MBに制限がされています。

小さい画像ばかりだと5MBでも問題ないですが、最近はスマートフォンでも超高精密度の液晶ディスプレイを搭載した機種が増えてきているため、自然とWebサイトで使われる画像サイズも大きくなっています。

また、ユーザー向けにダウンロードファイルやPDFファイルの配布を行う事まで考えると、5MBでは到底足りません。

そこで、さくらのレンタルサーバの最大アップロードサイズを増やす設定についてご紹介します。

もっと読む

Webシステムの開発において、個人情報入力がある場合には、運転免許証番号と免許証画像をアップロードさせるケースがあります。

これは、出来るだけ個人を特定するための情報として取得をしますが、運転免許証番号に適当なものを入れられてはあまり意味がありません。

そこで、 運転免許証番号がどういった構造になっているのか、また正しいかどうかをチェックする方法があるのか運転免許証の仕様について調べてみました。

もっと読む

新規のWebサービス立ち上げやECサイト構築、システム構築を依頼してきたクライアントによく聞かれる質問で、「ASP、オープンソース、パッケージ、フレームワーク、フルスクラッチのどれを採用するのが望ましいでしょうか?」というものがあります。

以前、5つのECサイト構築方法と失敗しない選び方という記事では、「ECサイトの構築・運用を踏まえた設計が重要」であり、実現したいゴールから導入すべきシステムを想定するというお話をしました。

また、Webコンサルティング、ITコンサルティングの対象となる課題には3つの導入段階があるでは、課題については霧、水、氷の三段階があって、どのレベルかによって取り組むコンサルティング内容やコスト、期間が変わってくるというのもご説明しました。

今回はある程度作るべきものが見えてきている段階において、ASP、オープンソース、パッケージ、フルスクラッチといった手法からたった3つの質問でどれが望ましいのかを判別する方法を見てみましょう。

もっと読む

Webコンサルティング、ITコンサルティングは必要ない、というあなたへWebコンサルティング、ITコンサルティングは「時間を買う」事を理解すると最大のパフォーマンスが得られるという記事を書いた続きです。

Webコンサルティング、ITコンサルティングは必要ない、というあなたへでは、Webコンサルティング、ITコンサルティングを実施するコンサルタントには3種類のコンサルタントがおり、実績があって並走型で全体最適型のコンサルタントに依頼をするのがいい、というお話をしました。

次に、、Webコンサルティング、ITコンサルティングは「時間を買う」事を理解すると最大のパフォーマンスが得られるでは、企業が解決しないといけない課題の中で、自分たち固有の状況や課題に合わせた解決策を提示して欲しい場合に、お金で時間を買ってでもリソースと時間を節約したい場合にコンサルティングを依頼するのがいい、というものでした。

今回お話をするのは、では実際にコンサルティングを依頼する際に、課題には3つの導入段階がある、というお話です。

もっと読む

Macのターミナルをbashからzshに変更しようと思いHomebrewのインストールコマンドを叩くと、以下のエラーが出て先に進めません。

もっと読む

プログラマーという人たちを皮肉ったジョークとして、「プログラマーの夫に買い物を頼んだら」という有名なお話があります。

A wife asks her husband, a programmer, “Could you please go shopping for me and buy one carton of milk, and if they have eggs, get 6?”

日本語訳:妻がプログラマの夫に言いました。「買い物にいって牛乳を1つ買ってきてちょうだい。そして、もし卵があったら6つお願い。」

A short time later the husband comes back with 6 cartons of milk and his wife asks, “Why did you buy 6 cartons of milk?”

日本語訳:少しした後、夫は牛乳を6つ買って帰って来たので、妻は「なんで牛乳を6つも買ってきたの?」と尋ねました。

He replies, “They had eggs.”
日本語訳:彼は答えました。「卵があったから。」

妻は夫に以下の2つの要望を伝えたつもりでした。

  • 牛乳を1つ買ってきて欲しい
  • 卵が売っていれば卵も6個買ってきて欲しい

ところが、夫は以下のように牛乳を買う一つの要望だと理解をしていました。

  • 牛乳を1つ買ってくる
  • 卵が売ってなければ牛乳は1つでいいが、卵が売っていれば牛乳を6つ買ってくる

これは、プログラミングでよく使われる「If~then」という条件分岐がネタになっています。

条件分岐というのは、「もし○○だったら××し、△△だったら□□しろ」というように、ある条件で次の行動を振り分けるものです。

この場合、この条件設定が間違ったことによって、正しい買い物ができなかった、というジョークです。

しかし、ここで妻を発注者であるクライアント、夫を受注者である制作会社やシステム開発会社、SIerと置き換えてみると、クライアントの要望を制作会社やシステム開発会社、SIerが実装したら全然要望と違うものが出来上がった、という笑うに笑えない事態が発生します。

もっと読む
Weメンバーシップ

もの凄い勢いで日本国内の施設を増やしているWeWork

CNET:コワーキングスペース「WeWork」の国内展開が急加速–拠点拡大で価値を向上

2018年の段階で4都市11拠点を構える予定。さらに2019年には、2018年の2倍のペースで拠点を開設する方針という。https://japan.cnet.com/article/35127599/

もっと読む

2019年4月1日に新元号が「令和」に決まったと発表が行われました。

もっと読む