CS-CartやMulti-Vendorは、コーディングの知識がなくてもデザインの変更ができますが、その中で注文手続きページのデザイン変更方法についてまとめてみました。

この記事では、非推奨Step-by-Step Checkoutアドオンは取り上げていません。アドオンの設定はより限定されており、すべてはアドオンの設定で行われます。

セクションの設定

注文手続きも、他のレイアウトと同じくブロックで構成されています。

注文手続きのレイアウトを編集するには、「デザイン > レイアウト > レイアウト」をクリック。

レイアウトの編集:Main
レイアウトの編集:Main

次に、「注文手続き」タブをクリック。

レイアウトの編集:注文手続き
レイアウトの編集:注文手続き

ここでは、以下のことができます。

  • 各ブロックの順序を変更します。例えば、請求先を最初にして、配送方法を最後に移動することができます。
  • 必要のないブロックを無効にしたり、削除したりすることができます。例えば、ダウンロード販売を行うECサイトの場合、配送方法を無効にすることができます。
  • 注文手続きに表示したいブロックを追加します。

注文手続きのブロックは、すべて1つのグリッドに配置する必要があります。そのグリッドは、ラッパーとして「購入手続き(ライト)」が選択されている必要があります。

グリッドの編集
グリッドの編集

項目の設定

注文手続きの際、お客様は会員情報をプロフィールフィールドに入力しますが、これらのプロフィールフィールドはブロックでページに配置されます。

配送先:コンテンツ
配送先:コンテンツ

ブロックの設定(ブロックの下にある「歯車」アイコン)では、以下のことができます。

  • 注文手続きにブロック名を表示する(ラッパーを選択した場合)。
  • ブロック内のプロフィール項目の順番をドラッグ&ドロップで変更する。
  • 注文手続きで特定のプロフィールフィールドを必須と必須でないを選択できます。
  • 不要なフィールドを削除して、必要なフィールドを追加することができます。追加可能なフィールドは、ブロックによって異なります。

配送方法で追加設定のお客様情報で「住所指定必須」にチェックが入っていない場合、お客様の住所が記載されたブロックが非表示になります。

テキストの設定

CS-CartとMulti-Vendorのテキストはすべて変更することができますが、注文手続きには多くの他の設定と連動する要素があります。

そのため、注文手続きのテキストを変更したい場合に、チェックすべき箇所をまとめました。