RPAコンサルティング

RPAとは、Robotic Process Automationの略で、ロボットによる業務自動化の取り組みを表す言葉で、主にホワイトカラー業務の効率化・自動化を指します。

また、人間の業務を保管して遂行できることから、仮想知的労働者(Digital Labor)とも言われています。

ただし、ロボットと言っても本田技研工業のASIMOや、ソフトバンクのpepperのような、手足を持って二足歩行をしたりするようなものではなく、PC上で動かすものであり、画面上のアプリケーションやシステム画面を、人間が行うような操作を行うことができるようなソフトウェア(ソフトウェアロボット)なのです。

RPAとシステム開発の違い

RPAは、ソフトウェア(ソフトウェアロボット)であるという話を上でしましたが、実際に動かすためにPHPやJavaといったプログラミング言語を使って行うのではなく、簡単なものだと実行手順をポチポチと画面上で選択をしていくような形で操作を記録して設定ができます

一方、業務効率の改善のために新たなITシステムを導入する際には、情報システム部門などで要件をまとめて、SIerなどのシステム開発ベンダーに発注をすると、プログラミングを行なってシステムを作り上げます。

そのため、導入までには長い期間とコストがかかるのが一般的ですし、仕様変更が発生するとその度に大きな改修期間とコストがかかってしまいます。

しかし、RPAは直感的な操作で設定が可能なように作られており、IT知識の少ない文系の方でも使いこなすことができるため、業務に取り組む業務スタッフ自身がRPAを使えます。

また、業務フローの変更があった場合にも、情報システム部門での対応が入らず、業務スタッフ自身が修正できますので、柔軟性の高い運用が可能になります。

このように、プログラミングをせずに業務を実際に行なっている担当者自身で対応ができ、業務効率を挙げられるというのがPAを導入する大きなメリットなのです。

RPA導入によるメリット

では、具体的にRPAを導入する事でどういったメリットがあるかを見てみると、主に以下の3つが挙げられます。

  1. リードタイム・品質・コストの最適化による作業品質を向上させられる
  2. 24時間365日稼動による生産性を向上させられる
  3. 無制限に採用ができ、離職がないため、人的コストの抑制

1.リードタイム・品質・コストの最適化による作業品質を向上させられる

これは、例えば旅行会社の社員が、競合他社のツアー価格を調査している業務を考えて見ましょう。

この場合、競合のWebサイトを訪問して、ツアー検索をし、価格を調べてEXCELに入力をする、といった作業が想定されますが、毎回この作業を手作業で行なって行うためには、これだけのステップを踏んで作業をするため、時間もかかりますしコピーを間違ってしまう、という事も起こり得ます。

ところが、この業務をRPAで自動化すると、担当していた人員がこの業務から解放される事により、この人材を別の業務に割り当てる事ができるようになり、システムが自動で処理をする事でリードタイムも短くなり、データ入力間違いも基本は起こり得なくなります。

2.24時間365日稼動による生産性を向上させられる

人力で作業を行う場合には、基本的に平日の日中のみしか稼働ができませんし、超過勤務をした場合には残業代を支払ったり、夜間休日には割増の料金を支払う必要もあります。

一方、RPAはスケジューラーで稼働させる事により、24時間365日稼働がさせられますし、夜間や休日でコストが上がるという事もないので、多くの業務を効率良く処理させられ、生産性が向上します。

3.無制限に採用ができ、離職がないため、人的コストの抑制

人の場合は、面接を行なって優秀な人を採用しようという形になりますが、やはり離職をする事態は起こり得ます。

また、優秀な人材の場合には、様々な業務に対応できて給与も高いため、採用をする場合には人的コストが高くなります。

一方、RPAは作業タスクに応じてロボットの数を無制限に増やす事ができ、急に辞めたり業務内容によってコストが変わる事もありませんので、人的コストが抑えられます。

RPAに向く業務とは

ただし、全ての業務を無条件にRPAを導入できるものではなく、導入に向いているものとそうでないものがあります。

それは、コストメリット、生産性向上、品質向上が期待される業務です。

特に、以下の特長がある業務と相性が良いとされています

  • 一定のルールに従って繰り返し行われる業務
  • 構造化されたデータを扱う業務
  • 業務プロセスが標準化されている業務
  • Windowsやクラウドサービス等のアプリケーションを使う業務
  • プロセス実行に3人以上のリソースが求められる業務
  • ヒューマンエラーが起こりやすい業務
  • 自動化したいが変更が多い業務

RPAは、操作の記録を行なって自動化を行いますので、ルール化できたり、構造化できないもの、業務プロセスが標準化されていないものにはそぐわないのはわかると思います。

また、RPAのソフトウェア自身が対応しているものにしか導入ができないのと、導入しても削減される人件費よりもRPA導入コストや運用コストが高ければ、導入の意味自体がなくなってしまいます。

このように、RPAを導入する際に自動化したい業務がRPAに向いている業務であるかどうかを判断する、というのは大変重要です。

RPA導入を支援

弊社では、RPA導入の検討をされている企業に対し、BizRobo!やBlue PrismといったのRPAの導入支援を行なっております。

また、RPAを試験的導入して事前に効果を検証できるPoC(Proof of Concept=概念実証)も行なっております。

RPAの導入を検討されている場合には、ぜひ弊社にお声がけください。


おすすめサービス

Webコンサルティング
Webサイト
Webシステム