CS-Cart B2Bは、企業間電子取引と呼ばれるWeb EDIの構築ができる、メーカーや卸売会社向けのECサイト構築パッケージです。

ライセンスは、企業間電子取引に特化したCS-Cart B2Bと、企業間電子取引された商品を一般ユーザー向け販売まで行えるCS-Cart B2B & B2Cの二つがあります。

CS-Cart B2B & B2Cの特徴

製造施設を保有しているメーカーが企業に製品を販売する場合や、様々な製品を供給者から仕入れて販売をしている卸売会社は、製品を購入する企業に対して、簡単かつ迅速に購入ができる仕組みを用意することが求められています。

また、B2B取引では、取引数量や与信状況などにより、企業毎に価格を変更するなどのB2Cとは異なる様々な商習慣があります。

CS-Cart B2B & B2Cには、効果的で使いやすいB2B ECサイト(Web EDI)構築・運用に特化した機能が用意されています。

クローズドサイト構築機能

CS-Cart B2B & B2Cでは、ECサイトをクローズドサイトにする機能を用意しています。

また、ECサイトを運用する企業が承認した企業のみがECサイトにアクセスできるようにすることもできます。

これにより、アクセスする権限のない企業やユーザーから商品と価格を見せないようにできます。

グループ別・企業別価格

企業別やグループ別で価格を設定できる機能

CS-Cart B2B & B2Cでは、設定したグループや企業毎で、表示する製品や価格を個別に設定する機能が用意されており、さまざまな権限を持つユーザーグループを作成できます。

これにより、B2Bの取引では一般的な、大口取引企業と小口取引企業でに2つの異なるグループを作成し、それらに個別の割引設定を行う、といった設定を標準機能で行う事ができます。

また、一定の購入金額により購入者をより割引の大きなユーザーグループに割り当てたり、定期的にユーザーグループの更新を行う、という事を自動化することもできます。

事業部別・国別・顧客別サイト

顧客別・事業部別・国別ECサイト構築機能

CS-Cart B2B & B2Cは、いくつでもECサイトを構築することができ、1つの管理画面でこれら複数ECサイトを管理することができます。

各ECサイトは、個別で自由に設定ができ、デザインや製品、価格、決済や配送などを独自に設定できます。

たとえば、B2C用ECサイトとB2B用ECサイトという2つのECサイトを構築して、異なる価格、製品の説明を設定し、B2B用ECサイトからは会員登録機能を削除して、クローズドサイトとする、といった事が簡単に行えます。

担当者による注文受注

CS-Cart B2B & B2Cは、管理者向けに直接の注文依頼に対して、管理パネルから手動で注文を作成することもできます。

一部のユーザーはWebサイトからの注文を望まず、電話での注文を好む場合がありますが、購入者がWebサイトから行った注文と、電話で行った注文の両方をCS-Cart B2B & B2Cで処理する事ができます。

再注文の簡素化

CS-Cart B2B & B2Cは、定期的に同一商品を同一数量で購入する、といったB2Bならではの再注文の簡素化が標準機能で行えます。

たとえば、定期的に再注文する必要のある洗浄剤、事務用品などの製品を企業に販売する場合、ユーザーは1つのボタンをクリックするだけで、同じ製品を同じ数量で再注文することができます。

価格表の自動生成とダウンロード

価格表ダウンロード機能

CS-Cart B2B & B2Cは、グループや企業毎に価格表を自動生成することができます。

B2Bでは商習慣上、大口取引先と小口取引先で異なる価格が設定されている事が一般的であり、企業によっては購入前に価格表で社内申請が必要となります。

これに対しCS-Cart B2B & B2Cでは、必要な製品をカートに追加するだけで、それぞれの企業毎の割引を適用した価格表の自動生成が可能で、ユーザーはカートから価格表をダウンロードできます。

複数商品のカート一括追加

大量、多品種、再注文対応機能

CS-Cart B2B & B2Cは、複数商品を一括でカート追加が可能です。

企業は通常、製品をまとめて購入しますが、カートに商品を一括で追加する機能を使用すると、ユーザーは多数の商品を一回でカートに追加できます。

例えば、ユーザーが一度に100種類の調理器具を注文する際に、100種類それぞれの製品ページに行って「カートに追加」ボタンをクリックする事のは大変です。

カートに商品を一括で追加する機能では、購入者は商品リストで必要な商品のチェックボックスをオンにし、[カートに追加]ボタンを1回クリックするだけで、カートに追加ができます。

請求書自動生成

請求書作成・入金消込機能

CS-Cart B2B & B2Cは、請求書自動生成が可能です。

ユーザーが注文すると、CS-Cart B2B & B2Cで自動的に請求書が生成され、購入者が注文に製品を追加や削除をすると、請求書は新しい注文の詳細に従って再生成されます。

各種システムとの統合

CS-Cart B2B & B2Cは、強力なAPIを備えており、会計システムやCRM、ERP、その他のサードパーティのシステムと統合が可能です。

会計システムで価格を自動的に更新し、CRMで注文を増やし、ERPやEDI、広告、Google Analyticsなどと連携します。

これにより、CS-Cartを中心とした強力に機能するB2B ECのエコシステムを構築できます。

企業アカウントに複数のユーザー

CS-Cart B2B & B2Cには、企業の購買プロセスに携わる複数ユーザーアカウントが作成できます。

通常、企業の購買プロセスには複数の人が関与します。

例えば、受注担当者が注文を作成し、上長が注文をチェックして決済を行い、会計担当者が書類を処理します。

アカウントの資格情報を共有する必要はなく、1つのアカウントで別のユーザーとして機能します。

複数個所の倉庫

CS-Cart B2B & B2Cは、複数場所にある倉庫にも対応しております。

通常、倉庫によって在庫数が異なっており、異なる倉庫からの配送期間は大きく変わる場合もあります。

そのため、ユーザーは倉庫毎での在庫数と配達時間を知りたいと考えますが、この機能によりすべての倉庫で在庫を個別に追跡することができます。

権限に応じた管理者作成機能

CS-Cart B2B & B2は、権限に応じた管理者を複数登録し、必要な機能のみが表示される管理画面を設定できます。

これにより、受注担当者が注文を処理しながら、Webデザイナーはコンテンツマネジメント機能を使ってECサイトのデザイン変更を行うことができます。

例えば電動工具を販売するECサイトと、照明器具を販売するECサイトがあった場合、販売担当者はそれぞれの商品知識に秀でた専門の担当者である必要があります。

こういった場合、電動工具のECサイトには電動工具に詳しい専門担当者を割り当て、照明器具のECサイトには照明器具に詳しい専門の担当者を割り当てます。

管理画面は一つですが、ユーザー毎に権限を割り当てるために、各担当者は自分の担当のECサイト以外の情報は表示されず、気にする必要もありません。

製品バリエーション

CS-Cart B2B & B2Cは、親製品の下にカタログアイテムやグループバリエーションとして自由にバリエーションを設定できます。

バリエーションは、製品の機能に基づいて自動的に生成されます。

例えば、スマートフォンを販売していて、カラーは黒、青、白の3色、記憶容量は32 GBと64 GBの違いがある場合に、マウスを1回クリックするだけでバリエーションを設定できます。

バリエーションは、それぞれ価格、数量、その他の値を持つ個別の製品として登録されます。

購入者向けの在庫通知

CS-Cart B2B & B2Cは、製品が在庫切れの場合は、ユーザーが事前に注文できるようにするか、在庫通知を送信できます。

ユーザーは、製品が再入荷したかを知るために、毎日Webサイトをチェックする必要はなく、製品が入荷すると通知を受け取ります。

管理者向けの在庫不足通知

CS-Cart B2B & B2Cは、在庫切れの通知を管理者に送信することができます。

在庫切れの通知は、設定された数量まで在庫数が減少したら管理者に通知が行われ、在庫を補充する時が来たことを知らせます。

最小注文数・最大注文数の設定

CS-Cart B2B & B2Cは、最小注文数や最大注文数の設定ができます。

例えば、炭酸水のケースの最小注文数を20に設定して、ユーザーが少なくとも20ケースから炭酸水を購入できるようにする、といったことができます。

また、最大注文数を設定することで、一人一回の注文につき5個まで、というように制限をかけることもできます。

注文状況通知

CS-Cart B2B & B2Cでは、注文ステータスが変わると、ユーザーはメールで通知を受け取ります。

ユーザーに注文ステータスをメールで通知することで、注文状況を確認するためだけに電話をかける必要もありません。

便利なCMS機能

CS-Cart B2B & B2Cには、便利なレイアウトエディター機能があるために、ECサイトのコンテンツを誰でも簡単に追加、変更、削除ができます。

このコンテンツマネジメント機能を使うことで、商品、キャンペーン、バナーなどを含むブロックを自由に追加でき、HTMLコンテンツを含むブロックを任意のページに追加することもできます。

例えば、ユーザーの情報編集ページに、担当者の名前、写真、電話番号を含むブロックを表示するといった事もできます。