CS-Cartは、管理画面で自由に配送手段を追加することができるだけでなく、海外の8大国際物流サービスにも標準で対応しています。

配送方法を自由に作成可能

CS-Cartでは、配送方法を自由に作成をすることができます。

これにより、クリックポストやレターパックなどのような定額での送料設定や、購入金額による送料設定、重量による送料設定、商品個数による送料設定も設定ができます。

また、配送エリアによるロケーション設定や配送金額、配送手段で利用重量の制限、ユーザーグループにより利用できる配送手段を設定、といったこともできます。

配送方法と支払方法を関連付け

CS-Cartでは、配送方法でクリックポストを選択した場合のみ、クレジットカード決済による支払が可能にする、といったように配送方法に支払方法を関連付けることができます。

購入金額、重量、配送個数による送料計算

CS-Cartでは、商品別の配送料金設定や購入金額での送料計算、重量による送料計算、配送個数による送料計算ができるようになっています。

ECサイトにおいては、配送業者の料金テーブルに合わせた都道府県別の料金を設定する場合もあります。

しかし、都道府県別の料金テーブルでは、北海道や沖縄への配送は、購入商品に関わらず高額になってしまいます。

また、実際の運用においては商品によって梱包サイズが異なり、これに伴い配送料金は梱包サイズや重量、個数によって大きく変動します。

そのため、商品別や購入金額、重量、配送個数で配送料金設定を行える機能は大変便利です。

都道府県別送料設定も可能

CS-Cartでは、ロケーションごとに詳細な設定も可能になっています。

これにより、国別、州別といった形でも設定が可能で、日本国内向けには都道府県別だけでなく、郵便番号別、市区町村別、住所地別といった詳細なエリア設定を行う事が可能です。

さらに、条件追加はここでも利用できますので、価格条件、重量条件、商品個数条件を追加することもできます。

海外の8大国際物流サービスに標準で対応

CS-Cartでは、UPS、DHL、FedEx、USPS、Canada Post、Australia Post、SwissPost、Temandoの8つの世界で最も人気があり信頼できる国際物流サービスに対応しており、管理画面から必要なサービスを選択するだけで利用ができます。

さらに、有償のアドオンを入れる事や独自のアドオンを作成する事で、その他の物流サービスにも対応が可能です。

ただし、海外発送の場合には関税などの支払いが必要になる場合がありますので、その点は個別での別途対応が必要です。