基本設定の「設定ウィザード」は、CS-CartやMulti-Vendorをインストールした後に簡単に初期設定を行える便利なツールです。

セキュリティ設定

設定ウィザード:セキュリティ設定
設定ウィザード:セキュリティ設定
  • 新しい管理者パスワード:登録後に管理者パスワードを変更することをお勧めします。新しいパスワードが安全であることをしっかりと確認してください。
    [自動生成]ボタンを使用すると、パスワードを自動的に生成できます。
  • SSL証明書: [SSLのチェック]ボタンをクリックすると、サーバにSSL証明書がインストールされており、安全な接続ができているかチェックできます。SSLでの接続ができている場合「OK」が表示されます。
  • ショップフロントにおけるSSL通信の適用:この設定を有効にすると、ECサイト(または特定のECサイト)はHTTPSプロトコルでの接続が適用されます。これには、SSL証明書がサーバにインストールされている必要があります。
  • 管理画面でSSLを使用:この設定を有効にすると、管理画面はHTTPSプロトコルでの接続が適用されます。これには、SSL証明書がサーバにインストールされている必要があります。
  • 管理者パスワードの最小文字数:管理者パスワードの最小文字数を設定します。
  • 管理者用パスワードには文字と数字の双方を含める:この設定を有効にすると、管理者パスワードに文字と数字の両方を含める必要があります。これにより、パスワードの強度が向上し、パスワードの推測やブルートフォース攻撃に対する保護が強化されます。
  • 初回ログイン時に管理者パスワードの変更を必須とする:この設定を有効にすると、ECサイトの管理者は、管理画面に初めてログインしたときにパスワードを変更する必要があります。

表示設定

設定ウィザード:表示設定
設定ウィザード:表示設定
  • WYSIWYGエディタ:管理画面で利用できるWYSIWYGエディターを以下から選択することができます。
    • 利用しない
    • Redactor 2:デフォルト
    • TinyMCE
  • 画像拡大表示に使用するライブラリ:商品画像などを拡大表示する際に使われる画像プレビュー方法を以下から選択することができます。
    • OwlCalousel
    • Swiper:デフォルト
OwlCarousel
OwlCarousel
Swiper
Swiper
  • ベース通貨:ECサイトで標準設定にする通貨を設定します。
  • 管理画面のデフォルト言語:管理画面の標準言語を設定します。
  • ショップページのデフォルト言語:ECサイトのデフォルト言語を設定します。
  • カート/注文手続きページにおいてデフォルトの住所に基づき税額を試算:この設定を有効にすると、データベースに自分の住所が入っていない顧客には、デフォルト住所で計算された税金が表示されます。
  • カテゴリー/商品ページにおいて税込価格を表示:この設定を有効にすると、商品ページとカテゴリページに表示される商品価格に税金が含まれます。
  • カート/決済ページにおいて税込価格を表示:この設定を有効にすると、カートとチェックアウトページに表示される商品の価格に税金が含まれます。
  • 在庫数を表示:この設定を有効にすると、顧客が購入できる商品数がECサイトに表示されます。
  • 商品詳細ページのサムネイルをギャラリー形式で表示:この設定を有効にすると、複数画像がある場合には商品サムネイルが小さなギャラリーとして表示されます。
  • 注文数量の増減アイコンを表示:この設定を有効にすると、ECサイトの商品リストと商品詳細ページの数量の横に、商品数量を増減するための「+」「-」ボタンが追加されます。
  • 商品詳細ページの情報をタブ形式で表示:この設定を有効にすると、商品詳細(説明、機能など)が複数のタブで配置されます。
  • 日付フォーマット:管理画面とECサイトの両方で日付表示形式を以下から選択できます。
    • 29/09/2005(日/月/年)
    • 29-09-2005(日-月-年)
    • 29.09.2005(日.月.年)
    • 09/29/2005(月/日/年):デフォルト
    • 09-29-2005(月-日-年)
    • 09.29.2005(月.日.年)
    • 2005/09/29(年/月/日)
    • 2005-09-29(年-月-日)
    • 2005.09.29(年.月.日)
    • Sep 29,2005(月 日,年)
    • 29 Sep 2005(日 月 年)
    • Thursday,September 29,2005(曜日,月 日,年)
    • Thursday,29 September 2005(曜日,日 月 年)
  • 時刻フォーマット:管理画面とECサイトの両方で時刻表示形式を以下から選択できます。
    • 15:43
    • 15.43
    • 3:43 PM:デフォルト
    • 3.43 PM
    • 15:43:55
    • 15.43.55
    • 3:43:55 PM
    • 3.43.55 PM

会社情報の設定

ここでは、会社情報の詳細と連絡先情報を設定します。

設定ウィザード:会社情報の設定
設定ウィザード:会社情報の設定
  • 会社名:ECサイトの名前。ここに入力した情報は、著作権表示と請求書に表示されます。

次のパラメータは、ビジネスの地理的な場所と連絡先情報を設定するために使用されます。この情報は、請求書にも記載されます。

会社住所は、配送方法のリアルタイム料金計算で使用されます。

  • 会社住所
  • 市区町村
  • 国名
  • 都道府県
  • 郵便番号
  • 電話
  • 電話(2)
  • Webサイト
  • 顧客担当部署のEメールアドレス:新規作成、変更、削除されたユーザーに対して通知を送信するためのメールアドレスです。ECサイトから顧客に送信するメールの送信元になります。
  • ショップ管理者のEメールアドレス:技術的な問題に関する通知を受信するためのメールアドレスです。
  • 注文担当部署のEメールアドレス:発注や注文ステータスの変更に関する通知を受信するためのメールアドレスです。

ユーザー設定

設定ウィザード:ユーザー設定
設定ウィザード:ユーザー設定
  • 新規登録されたアカウントは管理者によるアクティベーションが必要:この設定を有効にすると、ECサイトの管理者が手動で有効化するまで、新しく作成されたユーザーアカウントは有効化されず利用ができません。
  • ゲスト購入完了後に会員登録を可能にする:この設定を有効にすると、会員登録をしていないユーザーがゲスト購入後に会員登録をするように提案されます。
  • クイック登録:この設定を有効にすると、会員登録に連絡先情報だけで登録ができます。実際に購入を行う際には、住所などの情報が必要になります。
  • 複数の請求先・配送先住所の登録を許可:この設定を有効にすると、ユーザーは1つのアカウントに複数の配送先住所と請求先住所を設定できるようになります。これは、ユーザーが個人用とビジネス用に別々の住所を必要とする場合などに役立ちます。
  • ショップ間で顧客データを共有:この設定を有効にすると、複数ECサイトを管理している場合に、顧客アカウントがすべてのECサイト間で共有される共通顧客データベースを使用することになります。設定が有効になっていない場合には、各ECサイトは個別の顧客データベースとなります。この設定はCS-Cartでのみ表示され、Multi-Vendorでは表示されません。

人気のアドオン

設定ウィザードの「人気のアドオン」には、まず人気のあるAdd-on(アドオン)リストが表示されます。インストールには、Add-on(アドオン)のチェックボックスにチェックを入れて行います。Add-on(アドオン)はいくつでも選択できます。

設定ウィザード:人気のアドオン
設定ウィザード:人気のアドオン

他のアドオン

「人気のアドオン」の下には、利用可能なすべてのAdd-on(アドオン)リストが表示されます。インストールには、Add-on(アドオン)のチェックボックスにチェックを入れて行います。Add-on(アドオン)はいくつでも選択できます。