エンタープライズRPA「Blue Prism」ユーザーサポート用Webサイト

2018年6月4日に、RPAテクノロジーズ株式会社が提供するエンタープライズRPA「Blue Prism」のユーザーサポート用Webサイトのコンサルティングから要件定義、設計、WordPressでのWebサイト構築を行い、運用を行っております。

  • クライアント:RPAテクノロジーズ株式会社
  • Webサイト名:Blue Prism ユーザーサポート用Webサイト
  • 公開日:2018年6月4日
  • レスポンシブWebデザインによるPC、タブレット、スマートフォン対応
ユーザーサポート用Webサイト

構築時の課題

RPAテクノロジーズ株式会社(以下、RPAテクノロジーズ)において、購入前ユーザーや購入後ユーザーだけでなく、セールスパートナー、テクニカルパートナーにBlue Prismのインストーラーやオブジェクト、テンプレート、技術情報などの提供を行う、ユーザーサポート用のWebサイトを必要としておりました。

また、ユーザーサポート用Webサイトにおいては、ユーザーからの問い合わせ、FAQ、コミュニティについてはカスタマーサービスソフトウェア&サポートチケットシステムの「Zendesk」を利用し、動画やテキストによる学習支援については学習管理システム (LMS) の「Litmos」への接続が必要でした。

そこで、リソース・シェアリングでは、コンサルティングによりゴールの明確化を行い、Blue PrismエンタープライズRPA導入サービスで導入したWordPressを活用したユーザーサポート構築し、「Zendesk」と「Litmos」にはシングル・サイン・オン(SSO)で繋ぐご提案を行いました。

ユーザーサポート用Webサイトでは、ユーザー登録からユーザー情報の変更までできるユーザー管理機能、購入前・トライアルユーザー・購入後というようにユーザーのステータスに応じて表示される情報を変えるユーザー権限機能、インストーラーやオブジェクト、テンプレートといったファイルとPDFを管理画面上から設定してユーザー権限に応じて表示をさせる事が必要でした。

これらのことから、Blue PrismエンタープライズRPA導入サービスで既に導入されていたWordPressのPlugin(プラグイン)やtheme(テーマ)のカスタマイズで必要な機能の構築を行う事となりました。

ソリューション

要件定義から実施

まずは、ユーザーサポート用Webサイトに必要な要件定義を行い、そこから必要な画面と機能の洗い出しを行って機能設計書を作成しました。

リソース・シェアリングでは、全ての案件で要件定義書や機能設計書などのドキュメントを作成して、クライアントと共通認識を得るようにしています。

そのためこちらのプロジェクトにおいても、画面設計と機能設計をドキュメントに落とし込んだ機能設計書の作成を行いました。

Plugin(プラグイン)の選定と導入

ユーザーサポート用Webサイトを構築するためには、WordPress自体が持っているユーザー管理機能だけでは賄えないため、独自のPlugin(プラグイン)構築も考慮に入れながらユーザー管理用のPlugin(プラグイン)検証と選定を行いました。

その中から、WordPressのログイン管理を使わずに、独自のログイン画面、ユーザー登録画面、詳細なユーザー権限設定が行える Plugin(プラグイン) として、最終的に「Ultimate Member」Plugin(プラグイン)をベースにカスタマイズを行う事で必要な機能を構築して導入を行いました。

「Zendesk」との接続対応

Zendesk」との接続ついては、「Zendesk」が「Zendesk for WordPress」という専用のPlugin(プラグイン)を用意されています。

しかし、Zendesk for WordPress Plugin(プラグイン)は最新のZendeskのAPIに対応していないで書いたように、Zendeskへの接続URLはSSLが必須になっているのに対し、「Zendesk Support for WordPress」Plugin(プラグイン)が対応していませんでしたので、URLをSSL化する変更を独自で行いました。

また、に「Ultimate Member」Plugin(プラグイン)を使ったWordPressのユーザー管理機能をカスタマイズして、「Zendesk」のユーザーの自動生成などのユーザー管理機能とWordPressユーザからのシングル・サイン・オン(SSO)を実現しました。
Zendeskを使ったサポートセンター

「Litmos」との接続対応

Litmos」との接続ついては、Users (API) – How to set up Single-Sign-On(英語)やDeveloper APIといった情報と共に、Githubに「Litmos plugin for WordPress」が公開されていますが、「Zendesk」と同じく、「Ultimate Member」Plugin(プラグイン)のカスタマイズを行い、「Litmos」ユーザーの自動生成などのユーザー管理機能、ユーザーのActivate化、非Activate化管理、WordPressユーザからのシングル・サイン・オン(SSO)を実現しました。

Litmosでのラーニングコンテンツ

ユーザー管理機能

Ultimate Member」Plugin(プラグイン)を導入したことで、ユーザー管理は基本的に 「Ultimate Member」Plugin(プラグイン)の機能を使って、WordPressの管理画面とは別で、独自のユーザー登録画面、ログイン画面を用意しております。

アカウント登録
ログイン

また、 ユーザーサポート用Webサイト には必須のユーザー権限管理機能も
Ultimate Member」Plugin(プラグイン) のものを利用しています。

ユーザー権限グループ

ユーザー権限グループ

アカウント登録をしてきたユーザーに対して、アカウント承認や拒否、無効化などのアカウント管理機能と、ユーザーに対して権限を設定する権限管理機能も「Ultimate Member」Plugin(プラグイン) を利用しています。

ユーザー管理

ユーザー管理

コンテンツへの権限設定

コンテンツの権限設定については、「Ultimate Member」Plugin(プラグイン)のコンテンツに対する 権限設定機能を使って、ユーザー権限毎に利用できるメニューとコンテンツの設定を行っています。

コンテンツに対する権限設定

ダウンロード機能と情報閲覧機能

ユーザーサポート用のWebサイトにおいては、インストーラーやオブジェクト、テンプレートといったファイルとPDFに対しても管理画面からユーザー権限に応じたページやダウンロードコンテンツを表示し、ダウンロード可能/不可能の制御を行えるように独自機能を構築しています。

ファイルダウンロード機能

また、教育系の各種PDFドキュメントについては、カテゴリー毎に絞り込みを行って閲覧ができる仕組みを用意しています。

コンテンツ機能

ダウンロード数のカウントやファイル管理、権限を持ったユーザーのみがダウンロードできる機能なども、管理画面から利用できるようにしております。

ファイル管理機能

これにより、WordPressの管理画面でブログ投稿と同じ形でファイルやPDFを管理でき、さらに詳細なユーザー権限設定を行えるようになっております。

ファイル毎にユーザー権限を詳細に設定可能

おすすめサービス

Webコンサルティング
Webサイト
Webシステム