CMS選定・設計

企業のWebサイトでも情報発信が求められる現在、Webサイトを一度公開したら更新をしない、という事は殆どありません。

そのため、WebサイトにCMSの導入を行うケースは非常に多くなっており、特にWordPressによるCMS導入が行われています。

CMS導入のメリット

CMSの導入には、Webサイトの更新性により判断がされますが、それ以外にもCMSを導入をすることによるメリットが存在します。

  • 特別なシステムを用意しなくてもWebサイトの更新ができる
  • スケジューラーにより公開を自動で行える
  • ITリテラシーの低い人でも更新が可能になり対応人員の幅が拡がる
  • コンテンツ変更時のマニュアル作業が大幅に減らせる
  • 投稿者、編集者、公開担当者というように権限設定が行える
  • データがDB化されると変更が容易になりシステム変更時にもデータ移行が比較的容易にできる
  • テンプレート化されているケースが多いため一括更新などが可能になり手動での作業工数を減らせる
  • 開発、ステージング、本番といったサーバの同期やバックアップが容易になる

これらのメリットは、導入するCMSにより異なってきますので、Webサイトの規模、アクセス数、運営体制、更新内容、管理画面の使い易さ、カスタマイズ要件、導入コストなどを考慮し、最適なソリューションを選択する事が求められます。

リソース・シェアリングでは、WordPressを始めMovableType、Concrete5といった各種オープンソースCMSや有償パッケージの中から最適なCMS選定のお手伝いをする事も行なっております。


おすすめサービス

Webコンサルティング
Webサイト
Webシステム