Zoomは、2020年8月2日から5日にかけて、立て続けに各OS向け5.2のリリースを行いました。

もっと読む
LINEミーティング

2020年8月6日にLINEが運営するコミュニケーションアプリ「LINE」で、指定のURLにアクセスすればグループ通話に参加できる「LINEミーティング」の提供を開始しました。

もっと読む

Facebookは、2020年7月16日に「Messenger Rooms」のAndroid版およびiOSアプリ版に画面共有機能を追加しました。

もっと読む
Zoom updates for Windows 5.1.3

Zoomは、2020年7月10日にWindows版のversion 5.1.3 (28656.0709)をリリースしました。

もっと読む
解像度の選択肢が表示

以前、4Kに対応したI-O DATA モニター 31.5インチを少し前に購入したのですが、使っていたBenQのモニターの調子が悪くなってきたので、今回交換する事に。

ただ、こちらの4Kのモニターは、Apple MacBook Proに接続したのですが、解像度が上がりすぎて表示の文字が小さすぎます。

ところが、Macの「システム環境」にある「ディスプレイ」を開いてみても、そのままだと解像度の数値が表示されず、細かく設定ができません。

もっと読む
7×7のグリッドビュー

Microsoftは2020年6月30日に、「Microsoft Teams」の新機能を発表しました。

もっと読む

2020年7月2日に、LINE株式会社は、コミュニケーションアプリ「LINE」上で企業が自社サービスを展開できるウェブアプリケーション「LINEミニアプリ」のエントリー受け付けを開始しました。

もっと読む

Zoomは、2020年6月29日にversion 5.1.1のWindowsmacOSLinuxiOSAndroidの各バージョンをリリースしました。

もっと読む
Stay connected more easily with Meet in Gmail on mobile

Googleは2020年6月16日に、スマートフォンのiOS版とAndroid版のGmailアプリから、ビデオ通話サービスのGoogle Meetが利用できるようになると発表しました。

Gmail:Stay connected more easily with Meet in Gmail on mobile

Zoom対抗のGoogle Meetが5月上旬から誰もが無料で利用可能にGoogle Meetは利用しやすくなっていましたが、さらに便利に。

もっと読む

iPhoneなどのスマートフォンをWebカメラの代わりに使ってWeb会議システムに繋ぐ方法でご紹介したEpocCamですが、前回ご紹介した無料版の他に有料版があります。

EpocCamは、無料版でも十分使えますが640×480と、画質が悪いのでフルHD1080pが使える有料版を購入してみました。

もっと読む
KINONI

新型コロナウイルス感染症の蔓延により、急速にリモートワークが進みましたが、その影響でWebカメラが売切れたり値上がりをしています。

もっと読む
Ralpha Image Resizer

フリー素材サイトは、ブログなどで使う写真を探すのに大変便利ですが、自分のWebサイトに最適なサイズでは大抵ありませんので、自分でリサイズをする必要があります。

Macは、Macで複数の画像ファイルを一括でリサイズする方法Macで複数ファイルをリネームする方法で書いたように、簡単な画像加工であれば標準機能でできてしまいますが、Windowsの場合はここが弱い。

その代わりに、Windowsはフリーソフトで便利なソフトが数多く出ていますが、今回ご紹介する「Ralpha Image Resizer」はフリーソフトですがこの面倒なリサイズが簡単にできます。

もっと読む
Zoom 5.0が登場しました!

脆弱性のあるZoomを安全に利用するための7つの設定と運用ルール暗号化対応や複雑な会議ID、データセンターの地域選択が可能になったZoom 5.0がリリースWeb会議システムのZoomが5.0.2をリリースし個人情報がマスキングされるようにというようにZoomの脆弱性が話題となっていたことに対し、Zoomの方も5.0のリリースで脆弱性の対応を進めてきました。

最新の5.0.4がリリースされていますが、ZoomのWeb側のアカウント画面に2020年5月30日までに「Zoom 5.0」へ更新しないと強制アップグレードがかけられるとのメッセージが表示されるようになりました。

もっと読む
Wordmark.it

ロゴや画像制作などを行う際に、自分のPCに入っているフォント全てについて一覧で表示して確認ができると大変便利です。

そこで、今回は自分のPCに入っているフォントを一覧表示できる無料Webサービスと無料アプリをご紹介します。

もっと読む

Facebookが時間無制限で50人まで参加できるビデオミーティングサービス「Messenger Rooms」をリリースでご紹介したMessenger Roomsが2020年5月14日に正式リリースされ、日本でも使えるようになりました。

もっと読む
Microsoft Teams

Microsoftは、2020年5月13日にオンライン会議用ツール「Microsoft Teams」のビデオ会議機能について、最大9人同時表示機能に対応することを発表しました。

もっと読む
プロファイルページ

暗号化対応や複雑な会議ID、データセンターの地域選択が可能になったZoom 5.0がリリースでお伝えしていたZoomのセキュリティ対応の続き。

Zoomは、2020年5月10日にWeb会議システム「Zoom」の最新版クライアントアプリの配布を開始しました。

もっと読む
New ways Google Duo helps make time together more special

先日、Zoom対抗のGoogle Meetが5月上旬から誰もが無料で利用可能にでお伝えしたように、Google Meetが誰もが無料で利用できるようになると発表しました。

もっと読む
Zoom 5.0

脆弱性のあるZoomを安全に利用するための7つの設定と運用ルールでもご紹介したZoomの脆弱性。

もっと読む
Google Meet

Web会議システムについては、リモートワークで使うWeb会議システムは小規模ならWherebyの無料アカウントで十分Web会議システム Wherebyのアカウント登録から利用の仕方まで10人以下で長時間のWeb会議を開催するのにZoom、Whereby、Skype、ハングアウトのどれがいいか?脆弱性のあるZoomを安全に利用するための7つの設定と運用ルールというように、何度か見てきましたが、脆弱性がありながらもZoomが数多くのユーザーを集めています。

これに対し、2020年4月29日にGoogleは、5月上旬からGoogle Meetを誰もが無料で利用できるようになると発表しました。

もっと読む

新型コロナウイルス感染症の感染拡大により「緊急事態宣言」が全国に出され、「家にいよう」や「ステイホーム」が言われています。

これにより、リモートワークをしている人も多いと思いますが、臨時休校の子供たちがオンラインでの授業だけでなく、動画視聴をしていることでインターネットのトラフィックが大幅に増え、「インターネットの速度が遅くなった」という話が聞かれます。

もっと読む
ペアレンタルコントロール

Macを家族全員で使う場合、それぞれ別のアカウントの設定をしていると思いますが、子供に使わせる場合には時間制限などを行う関係で「ペアレンタルコントロール」を設定していると思います。

ただ、ブラウザはChromeを使っているのですが、なぜかYouTube等のWebサイトが接続できず、Googleですら開けないので、何度も設定を変えてみたのですが、なかなか解決しません。

Dropboxなどは利用できますし、一部のWebサイトにはアクセスできるため、インターネットには繋がっています。

ところが、「システム環境設定」の「IPv6の設定」を変更するだけでこれが解決しました。

もっと読む

Facebookは2020年4月24日に、時間無制限で50人が参加できるWeb会議サービス「Messenger Rooms」を発表しました。

もっと読む

私自身、お酒が好きで毎日のように飲みに行っていたのが、新型コロナウイルス感染症の影響で外に飲みに行かなくなって、もう既に2か月ぐらい経ちます。

また、定期的にイベントなどに参加をしては、様々な人と会っていたのも、完全リモートワークになって人と会う事は全くありません。

そんな対面で人と会う事ができない状況ですが、ZoomWherebySkypeGoogle ハングアウトDiscordなどのWeb会議システムを使った、オンライン飲み会が流行っています。

そこで、Zoom飲みやLINE飲みとも呼ばれるオンライン飲み会を先週、先々週と2回、Skypeを使って私もやってみました。

もっと読む

ZoomやWherby、Skype、Google ハングアウト、Discord等のバーチャル背景に使える映画やTV等の画像と動画でご紹介したバーチャル背景ですが、主に海外のものが殆ど。

しかし、日本企業でも提供をしているところが出てきていますのでまとめてみました。

もっと読む
Skype

リモートワークで使うWeb会議システムは小規模ならWherebyの無料アカウントで十分Web会議システム Wherebyのアカウント登録から利用の仕方まで10人以下で長時間のWeb会議を開催するのにZoom、Whereby、Skype、ハングアウトのどれがいいか?Skypeがアカウント無しで利用できるWeb会議サービス「Meet Now」を提供開始とWeb会議システムを見てきましたが、無料で使えるツールとしてはSkypeはかなり使えるシーンが多いと思っています。

もっと読む
出前館

新型コロナウイルス感染症の蔓延により、東京都など7都府県を対象に発令していた緊急事態宣言の地域に40道府県を追加し、対象地域を全都道府県に広げる方針を決めた全国に緊急事態宣言が発令しました。

これにより、さらなる外出自粛が求められますが、その分活況を呈しているのが宅配やテイクアウトのサービスです。

新型コロナで売上が減った飲食店等が無料で持帰りと配達の注文受付を始める方法では、主にUberEatsを例に飲食店舗側で宅配やテイクアウトを行う方法を考えてみました。

もっと読む
Lens Studio

Zoom、Whereby、Skype、Google ハングアウト、Discordでバーチャル背景を使う方法でご紹介したSnap Camera

もっと読む

新型コロナウイルス感染症の影響により、教育機関や企業などでWeb会議やオンラインイベントを導入する動きが強まり、Web会議システムは数多くのユーザーを集めています。

特に、Zoomについては、一日の利用者数が以前は1,000万人だったものが3月時点では2億人を超える人数に増えたと報道がされています。

Zoom’s daily users ballooned to more than 200 million in March from a previous maximum total of 10 million, the video conferencing app’s CEO Eric Yuan said on Wednesday, as the company fought to dispel concerns over privacy and “Zoombombing.”

VentureBeat:Zoom’s daily active users jumped from 10 million to over 200 million in 3 months

一方で、Zoomの安全性に対しては、複数の問題が指摘されています。

もっと読む