スポンサードサーチ

先日、部屋の整理を行った際に、バックアップデータを記録していたCDとDVDを処分する必要が出てきました。

ただ、個人情報保護と秘密保持の面でそのまま捨てるという訳には行きませんが、そのためだけにCDやDVDを破壊するシュレッダーを買うというのはちょっともったいない。

そこで、お金をかけずに簡単・確実にデータが読めない状態にして廃棄する方法を実践しましたので、参考までにご紹介します。

用意するものは、カッターとガムテープのみ。

カッターを扱うので、ケガには注意をしてください。

また、実際に作業をする際には、記録面の素材に有害物質が含まれている場合があるので、マスクをして作業をするようにしていただき、作業後はごみ袋に入れて粉塵や破片を残さないようにしてください。

破棄したいCD

CDの場合

CDの場合、記録層は表面(ラベル面)のかなり近くにあるようですので、そちらにダメージを与えることでデータを読み取れないようにします。

カッターで切り込みを入れる

まずは、カッターナイフでCDの表側に切り込みを入れます。

カッターで切り込みを入れる
カッターで切り込みを入れる

やってみると、結構簡単にすっと刃が入りますので、満遍なく傷を入れていきます。

裏側から見ると、結構深く傷が入ってました。

裏側からも傷が見える
裏側からも傷が見える

ガムテープを貼り付けてはがす

次に、切り込みを入れた表側にガムテープを貼り付けます。

ガムテープを貼る
ガムテープを貼る

貼ったガムテープを剥がすと、一緒に記録層の磁性体も剥がれてきますので、これでOKです。

簡単に剥がれます
簡単に剥がれます

気持ちよくバリバリ剥がしましょう。

DVDの場合

DVDは、カッターナイフだけを使います。

こちらはCDとは異なり、記録層が2枚のディスクを貼り合わせた間にありますので、ここを破壊しないといけません。

破棄するDVD
破棄するDVD

CD/DVDの仕組み

外観はCDと同じ直径12cm、厚さ1.2mmのディスク盤ですが、DVDは反りに強くするため半分の厚さのディスクを2枚貼り合わせた構造になっています。

ディスクとディスクの間にカッターの刃を差し込む

2枚が貼り合わさっている
2枚が貼り合わさっている

ディスクが貼り合わせてある部分にカッターの刃を入れて、ゆっくりディスクを回転させて隙間を作るとパカッとディスクが剥がれます。

パカッ!
パカッ!

そのまま指で剥がすと、こんな感じに2枚に。

2枚に分割
2枚に分割

ディスクを破壊する

この状態で既に記録層がむき出しになっていますのでこのまま捨てても大丈夫だと思いますが、念のため手で粉々に砕きます。

キラキラした方のディスクは、ちょっと力を加えるだけで簡単にバラバラに割れました。

簡単にバラバラに
簡単にバラバラに

ゴミは分別して捨てましょう

うちの方ではCDとDVDは燃えるゴミでの廃棄で問題ありませんでしたが、自治体によっては燃えるゴミ、プラスチック、資源ゴミのどの扱いなのかが異なると思います。

ゴミを捨てる際は、必ず確認をしてから捨てるようにお願いします。

ITのことで、お困りではありませんか?

ITは、コンサルティングからプロジェクトを全体を見据えて実施しなければ上手くいきません。
リソース・シェアリングは、ITのコンシェルジュとして、クライアントにとっての最適解をご提案するコンサルティングから構築・運用・解析までをワンストップで対応できるITコンサルティング会社です。
ITに関してお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

ITプロジェクトで最適解を探すなら
御社にとって最適なWebサイト構築をするなら
失敗しないWebシステム開発をするなら
WordPressを活用したいなら
ECサイトを構築したいなら
越境ECサイトを構築したいなら
企業間取引向けECサイトを構築したいなら
マーケットプレス型ECサイトを構築したいなら
課題や事例から最適解を探すなら
リソース・シェアリングの実績
お問合せ

スポンサードサーチ