WordPress保守・運用サポート

弊社のWordPress保守・運用サポートは、大手クライアントやメディアサイトなどの大規模案件や高負荷アクセス案件において、WordPressの構築から保守・運用までのサポートさせて頂いた経験を活かし、お客様のWordPressを常に適切な状況で稼動・維持するための、サポートやアドバイスを提供させて頂くサービスです。

WordPress保守・運用サポートの特長

数多くのクライアントに対してWordPressの保守・運用をサポートさせて頂いてきた経験から、我々はオープンソースを利用することの不安感を与えない保守・運用サポートを行っております。

既にWordPressの運用を行なっている企業はもちろん、Webシステムの構築や導入を請負われている企業、これからWordPressの導入を考えている企業まで、安心してWordPressの保守・運用ができるサービスを提供いたします。

WordPress保守・運用の必要性

WordPressに保守・運用が必要なのはなぜでしょうか?

それは、WordPressはアップデートをする事が必須のオープンソースのシステムであるからです。

有償のCMSの場合、セキュリティホールなどが見つかると基本的には保守費の範囲で対応を行なっていただける事が多いですが、オープンソースであるWordPressの場合には、自己責任で対応を行う必要があります。

また、無料で使えるPluginの多くもオープンソースとして開発されている為、開発が途中で止まってしまったり、セキュリティホールが塞がれなかったり、トラブル時の対応も保証されません。

さらにWordPressは世界中で利用されており、導入数が非常に多い為、ハッカーらのターゲットにされています。
旧バージョンのまま放置する事で、セキュリティホールを突かれたり、
導入時の設定ミスが原因の不正ファイルのアップロード、データベース内容の改ざんなどハッキング事件も発生しています。

そのため、常に最新版のWordPressにバージョンアップを行う必要がありますが、ここで問題になるのがバージョンアップを行う事で不具合が発生する可能性がある、という点です。

この原因としては、サーバの問題による不具合、PHPやDBが原因の不具合、デザインを適用するためのThemeによる不具合、Pluginによる不具合等、様々な要因で発生をします。

しかし、WordPressの保守・運用を外部に依頼していない場合には、これらの不具合が出た場合でもクライアント自身で対応を行う必要があります。

WordPressを使ったWebサイト構築サービスで述べたように、WordPressを導入する場合にはメリットとデメリットが存在します。

そのため、自社で保守・運用ができない場合には、必ずWordPressの保守・運用ができる所に依頼をする必要があるのです。

WordPress保守・運用サポートの内容

WordPress保守・運用サポートでは、WordPress自体のバージョンアップ保守から、ThemeやPluginの保守、サーバ、OS、PHP、DBまでを含めたフルサポートまで、幅広いサービスを提供しております。

WordPress 保守メニュー

  • サーバ保守
  • システム保守
  • WordPress バージョンアップ保守
  • WordPress Plugin バージョンアップ保守
  • バックアップ
  • 技術サポート
  • 操作サポート
項目 価格
保守・運用サポート費用 54,000円(税込)〜

おすすめサービス

Webコンサルティング
Webサイト
Webシステム