ECサイト設計・構築・保守・運用サービス

リソース・シェアリングでは、ショッピングモールへの出店以外、ASPでのECサイト構築から、オープンソースのECパッケージであるEC-CUBE、越境ECサイト構築パッケージのMagentoPrestaShopCS-Cartを使った構築、WordPress PluginのWooCommerceでの構築、コンサルティングから設計、構築、保守、運用までをフルスクラッチで行って構築するものまで、幅広いECサイトの設計・構築・保守・運用に対応しています。

Webコンサルティングの重要性

商品をインターネット上で販売したいと思った場合、ショッピングモールへの出店から、ASP、オープンソースのパッケージ利用、
フルスクラッチでの構築まで、取れる選択肢はいくつかあります。

ただし、どれを選択するにしても「どんなECをどのような目的で構築・運用するのか?」を明確にする事が重要なため、まずはコンサルティングから行ってから導入するサービスを選択する事がおすすめです。

リソース・シェアリングでは、上流工程から設計・開発・構築・運用・解析までをワンストップで行う事が可能ですが、ECサイト構築のコンサルティングから要件定義、基本設計、RFP作成までを行い、複数社からベンダー選定を行って詳細設計から構築・運用は別の会社に依頼しする、という事も行っております。

ショッピングモール出店によるECサイト構築

ECサイトの構築を行う際に、一番簡単なのは「楽天市場」や「Amazon出品(出店)サービス」、「Yahoo!ショッピング」といったショッピングモールへの出店です。

最近では「BASE(ベース)」のように、無料で簡単に出店できるものまで出てきています。

ショッピングモールは、比較的定額のシステム利用料を払うだけですぐに商品の販売を始められ、ユーザーの集客もショッピングモール自体が行っているので、最初からある程度のユーザーに購入してもらえる可能性があります。

しかし、ショッピングモールは利用するユーザーにとって、「楽天で買った」「Amazonで買った」というようにショッピングモールに対するブランド認知となりがちで、販売をした企業や店舗、商品のブランディングは非常に難しいものがあります。

またショッピングモールで売上げを伸ばすためには、ショッピングモールのに流入したユーザーを他の店舗との競合に負けずに自社店舗へ誘導する必要があり、よっぽど優位性のある商品でない限り、上位表示を行うための広告やイベント、ショッピングモール検索のSEOを行う、という事が必要となってきます。

そのため、ただ単に「販売チャネルを増やす」という以上の事を望む場合には、独自にECサイトを構築する方が望ましいものがあります。

ASPでのECサイト構築

費用面だけ考えた場合、ショッピングモールの次にASPでのECサイト構築が選択肢として挙げられます。

ASPとはアプリケーション・サービス・プロバイダー(Application Service Provider)の略で、本来はアプリケーションソフトの機能をオンラインサービスとして提供する事業者全般を指していますので、ASPにはEC以外にもメールや予約システムといったサービスを行っているサービスも存在します。

ECサイト構築のASPとしては、代表的なものとしてカラーミーショップMakeShopショップサーブFutureShopといったASPサービスがあります。

ASPも比較的定額のシステム利用料を払うだけですぐに商品の販売を始められ、大抵のサービスでは独自ドメインが使えますので自社のECサイトとしてのブランディングは可能ですし、システムの保守はASP事業者が行いますのでサーバやシステムの保守や運用について頭を悩ます必要はありません。

ただし、デザイン面や機能面でできる事がとできない事があり、採用するサービスによってもできる事とできない事があります。

また、個別のカスタマイズが基本はできませんので、ASPのサービス内容にない事はできないと考える必要があります。

しかし、ASPで提供される機能やサービス内容も充実してきており、カラーミーショップは、スマートフォンとPCサイトで同一のテンプレートで対応ができるレスポンシブWebデザインに対応していたりと、デザインについての自由度がある程度あるものもありますので、低コストでのECサイト構築においてを検討する場合には、選択肢として外せないものがあります。

オープンソースでのECサイト構築

自社で独自のECサイトを構築する場合、オープンソースを使ったECサイト構築は、高額なライセンス費用が発生しない分、比較的低コストで独自の機能を実装する事ができます。

オープンソースとは、言葉通りにはソースコードが公開されているソフトウェアを主に指し、Open Source Initiativeでは、「オープンソース」と名乗るための要件として以下のような定義 “The Open Source Definition(OSD)” を掲げています。(日本語版:オープンソースの定義)

  1. Free Redistribution(無料で再配布ができる)
  2. Source Code(プログラムにはソースコードが含まれて配布される)
  3. Derived Works(派生物を作る事ができ、派生物は同じライセンスを適用できる)
  4. Integrity of The Author’s Source Code(ソースコードと一緒に 「パッチファイル」を頒布することを認める場合に限り、変更されたソースコードの頒布を制限することができる)
  5. No Discrimination Against Persons or Groups(個人やグループを差別の禁止)
  6. No Discrimination Against Fields of Endeavor(利用する分野に対する差別の禁止)
  7. Distribution of License(再配布時に追加ライセンスを必要としない)
  8. License Must Not Be Specific to a Product(特定製品でのみ有効なライセンスの禁止)
  9. License Must Not Restrict Other Software(他のソフトウェアを制限するライセンスの禁止)
  10. License Must Be Technology-Neutral(ライセンスは技術中立的でなければならない)

つまり、コンピュータプログラムの中身であるソースコードを広く一般に公開し、誰でも自由に扱ってよいとする考えに基づいて公開されたソフトウェアであり、利用をする際には高額なライセンス費用が不要ですので、導入費用が抑えられ、カスタマイズも自由に行えるメリットがあります。

しかし、無償で自由に使える代わりに利用やカスタマイズをする事は「自己責任」となっていますので、利用するオープンソースに大きなバグやセキュリティホールが発見されても「自己責任」で対応を行う必要がありますし、対応が遅れた事によって障害や損害が発生したとしても、ライセンスの提供元に責任を問う事はできません。

また、オープンソースのソフトウェアは無料で提供されるため、各バージョンに対応するセキュリティパッチの提供などの期間が短く、短期間で新しいバージョンがリリースされるので、常に最新バージョンにアップデートをし続ける必要があります。

そのため、オープンソースを使ったECサイト開発を行う場合、自社で開発・保守・運用ができない場合には、オープンソースに詳しい会社に開発や運用を依頼する事が大変重要となりますが、基本的に必要な機能はオープンソースで提供されるため、ASPよりも自由度が高く、必要な機能だけ開発をするだけでいいため、追加する機能にはよりますがフルスクラッチで開発するよりも低コストで開発ができる傾向にあります。

オープンソースのECサイト構築パッケージとしては、日本では圧倒的なシェアを誇るEC-CUBEが有名ですが、海外では圧倒的にMagentoPrestaShopが有名です。

また、その他にもOpenCartosCommerceZen Cartといったものもあります。

ただし以前は人気があったosCommerceZen Cartですが、osCommerceは最新版の2.3.4が2014年6月5日に出てからアップデートがされておらず、Zen Cartは、1.5.5aが2016年7月17日に出てはいるものの最近では人気が落ちています。

最近では、WordPressの開発元であるAutomattic社が買収したPluginとして開発されたWooCommerceも急速に海外での利用が増えています。

また、元々オープンソースとしても開発され、越境EC機能まで持った多機能ECサイト構築パッケージCS-Cartは、有償パッケージではありますがライセンスコストが非常に低額ですので、低コストでオープンソースと有償パッケージの双方のメリットを享受する事が可能です。

フルスクラッチでのECサイト構築

フルスクラッチでのECサイト構築の場合、既存の仕組みやソフトウェアを一切利用せず、全く一からECサイトを構築するため、どんな要件でも盛り込む事が可能であり、予算次第ではありますがデザインやシステム上の制限を考えずに構築ができます。

ただし、今まで述べた全てのECサイト構築システムの中で、最も費用と導入までの時間がかかるため、大規模ECサイトの構築に使われる傾向が強く、開発を行った会社以外の会社がサポートを行う事はかなり大変なため、一度導入企業を決定すると後から会社を変えるのが難しいものがあります。

また、ECサイトをフルスクラッチで構築する場合には、複雑な業務要件を全て把握して、要件定義からしっかりとした設計を行う必要があります。

そのため、技術力がない会社に依頼をすると構築時に問題が発生して納期が遅れたり、望んでいた機能要件が実装されなかった、というような事も発生しますので、その点でもパッケージのカスタマイズではなく、フルスクラッチでのECサイト構築ノウハウが上流工程からあるかどうかを確認する事は、業者選択において大変注意すべき点です。

越境ECサイト構築

訪日外国人観光客の増加やEC市場の拡大に伴って、日本の企業が海外に向けて商品を販売するためのECサイト(越境ECサイト)を構築する、訪日外国人観光客が日本で受け取りたいものを予め購入できる越境ECサイトを立ち上げる、という事も増えてきました。

しかし、越境ECサイトを構築するためには、ECサイト内の言語表記や料金表示、海外配送料など様々な課題があります。

そのため、越境ECに対応したパッケージを導入するのが一番の近道ですが、日本国内で圧倒的なマーケットシェアを誇るEC-CUBEの他言語対応版は、残念ながら旧バージョンのEC-CUBE Ver2系でしかリリースがされていません。

さらに、EC-CUBE Ver2系については、サポート終了が2017年7月となっていたものが当面の間はバージョンアップ対応を含む公式サポートを継続していくことを発表されましたが、新規の越境ECサイトの構築に利用する事は、かなりのリスクを伴いますので現実的ではありません。

EC-CUBE Ver2系、サポート期限延期に関するお知らせ(2016/08/24)

オープンソースを使った越境ECサイト構築

他言語対応が行われているオープンソースのECサイト構築パッケージとしては、世界で一番利用されているECプラットフォームのMagentoPrestaShopがあり、WordPressの開発元であるAutomattic社が買収したPluginではWooCommerceも最近急速に利用が増えています。

しかし、これらのパッケージは日本語での情報が少ない事や、運用時に求められるITスキルが高く、導入企業側の運用負荷もかなり高い事や、WordPressを使う事によるセキュリティ面での常時アップデートが必要だったりする不安要素から、日本国内での利用はまだまだ少ないものがあります。

そういった中、我々は越境ECサイト構築のパッケージを検証する中で、セキュリティ面、導入負荷、運用負荷とのバランスを考えた際にCS-Cartが越境ECのベストソリューションと考え、この度CS-Cartリージョン・リセラー(Regional Reseller)となり、CS-Cart設計・構築・保守・運用サービスを提供しております。

おすすめサービス

Webコンサルティング
Webサイト
Webシステム