プロジェクト・フロー

リソース・シェアリングでは、Webサイト構築やWebシステム開発、Webサービス開発などの様々なプロジェクトに取り組む際に、以下のプロジェクト・フローでプロジェクトの推進を行っています。

コンサルティングフェーズ

コンサルティングフェーズは、我々がWebシステム開発プロジェクトに携わる最初のステップです。

このフェーズでは、クライアントと一体となってコンサルティング作業を実施することで、Webシステムで実現すべき目標の設定・KPIの設定・施策展開といった戦略的なアクションプランを立案いたします。

ヒアリング

リソース・シェアリングにお問合せをいただいたクライアントに対して、まずはヒアリングを行います。

このヒアリングで重視をするのは、「課題」を解決する事によって得たい「ゴール」がどこにあるのかを見つけだす事です。

弊社へのお問合せは、新規事業や新サービスの立ち上げから、Webサイトのリニューアル、ECサイト構築、CMS導入、RPA導入など様々ですが、これは単なる「課題」を解決するための手段です。

例えばWebサイトのリニューアルを行いたいという目的が、短期的に問合せ数を増やしてリードを獲得したいのか、長期的なブランディングを目的とするのか、オウンドメディア化による検索エンジンでの上位表示による業界地位向上や純粋なPV数の増加、など様々に考えられます。

また、もっと内部的な課題があって、運用コストの低減や運用業務フロー改善、社内システムとの連携による負荷軽減を目的としている場合もあります。

弊社ではただ単に「これを作ってください」というデザイン制作やシステム構築案件については、基本的にはお請けをしておらず、課題の解決をどうしてもしたいと考えるクライアントに対して、この「課題」から見える「ゴール」をヒアリングで明確にしていきます。

提案

ヒアリングで「課題」と「ゴール」が見えてくれば、「課題」をどのように解決して「ゴール」を実現するのかの提案が可能になります。

そこで、提案としては、何をどのように作るのかについての概要と、そのために必要なコンサルティング内容をまとめた提案書と、コンサルティングにおける見積りをご提示します。

この段階で、要件概要書という何をどのように作るのか概要をまとめたドキュメントを併せて提出する場合もあります。

コンサルティング

弊社からの提案をクライアントがご納得いただき、発注をいただけましたら、実際のコンサルティングに入っていきます。

Webシステムの場合には、マネージメント層や担当者へのヒアリング、担当部署へのグループインタビューや業務分析などを行い、必要とされる業務要件の洗い出しからスタートし、クライアントのゴールを実現するためにはどういったシステムが必要となるかを明確にしていきます。

WebサイトやWebシステムの場合には、環境調査・競合調査ターゲット分析・ペルソナ設計Web解析コンサルティングWeb Marketing Audit(Webマーケティング・オーディット)Digital Marketing Audit(デジタル・マーケティング・オーディット)Heuristic Assesment(ヒューリスティック監査)を行って、ヒアリングで明らかにした「課題」と「ゴール」が正しいか、具体的なデータによって粒度を上げて調査します。

また、上記の調査結果を受けて、業界分析、競合分析、クライアント分析を行い、その中から現状課題の抽出、仮説の設計、ポジショニング、マーケティング施策立案、効果測定方法の決定等の戦略立案を行い、「ゴール」を実現するための改善点や具体的な実施施策を立案します。

要件定義

コンサルティングにより詳細になった、解決すべき「課題」と「ゴール」を実現するための改善点や実施施策を、具体的なWebサイトやWebシステム、Webサービスの機能要件まで落とし込んでいき、要求定義書、要件定義書、RFP(Request for Proposal)といったドキュメントを随時作成します。

ここは、「何を、誰が、どのように、いつまでに、どうやって作るのか」を明確にしていくプロセスです。

そのため、まずクライアントが「課題」を解決して「ゴール」にたどり着くまでに必要な要件を要求定義書にまとめ、そこからコンサルティングで洗い出した業務フローと必要な要件をまとめて要件定義書を作成します。

RFP作成及びベンダー選定

この段階でWeb制作会社やWebシステム会社が決まっていない場合には、スケジュールや予算も含めたRFP(Request for Proposal)を要件定義書から作成します。

また、Webサイトの構築を担当するWeb制作会社やWebシステム会社を選定するために、技術力があって実績も伴ったWeb制作会社やWebシステム会社を複数社選定し、RFPを展開します。

Web制作会社やWebシステム会社がRFPを元に行った提案内容をクライアントと共に検討して、実際の構築を行うベンダーを選定します。

構築フェーズ

コンサルティングフェーズで決定した企業戦略、実行計画、要件定義に、豊富な経験とノウハウを加味して最適なWebサイトを構築するためのUI、UX、デザイン、システム、インフラの設計と構築を行います。

また、WBS(Work Breakdown Structure)とRedmine等のプロジェクト管理ツールを組み合わせて開発を行うことで、短納期案件や大規模案件においても炎上のリスクを最小限にしながらの開発を可能にしております。

プロジェクト・マネジメント

「要件定義」の後、「基本設計」、「詳細設計」、「開発」、「テスト」とプロジェクトを具体的に進めていくためのプロジェクト・マネジメントを行っていきます。

この際、必ずドキュメントの作成とRedmine、Slack、Backlog、Githubといった、プロジェクト・マネジメント・ツールやチャットサービス、バージョン管理システムを使い、緻密なプロジェクト・マネジメントを行っております。

設計

設計においては、要件定義書で決まった仕様を満たす、開発計画の策定と詳細な機能要件の落とし込みを行います。

ここで実装段階におけるクライアントとの齟齬が発生するリスクを最小限にしていくために、基本設計、アーキテクチャ設計、アプリケーション設計、UI/UX設計などを行い、基本設計書や詳細設計書、画面設計書、機能設計書といったドキュメントを随時作成して設計を行います。

基本設計

「基本設計」は、「要件定義書」をもとに開発しようとするWebサイトやWebシステムが具体的にどのような機能を必要とし、どのようなユーザーインターフェイスを持つかを設計するもので、この際に作られるドキュメントが「基本設計書」になります。

「基本設計」では、「要件定義書」で求められる機能の詳細な要件や非機能要件、制約条件を、実際にプログラミングが可能な形にまで落とし込んでいきます。

そのため、「基本設計書」に記述されるものは大きく3つに分かれます。

アーキテクチャ設計

アーキテクチャ設計においては、Webシステムを載せるプラットフォーム設計(インフラ、ミドルウェア、プラットフォーム,フレームワークなど)、利用するアプリケーションやアーキテクチャ設計(アプリケーション全体の構造など)、開発標準やテスト方式の設計を行います。

アプリケーション設計

アプリケーション設計では、システム全体を機能単位、画面単位のモジュールに分割し、どのような画面機能がどのような遷移で必要かといった詳細な設計、データベースの設計、帳票類はどういったものを出力すべきかの設計、定期的に走らせる必要がある集計スクリプトはどういったものが必要か、といった事を行います。

UI/UX設計

UI/UX設計では、WebシステムでどういったUI/UXが必要なのかをアプリケーション設計と連動して設計します。

また、マルチデバイス対応を想定した画面設計やコンバージョンを実現するためのユーザー導線設計等もこの段階で行っていきますが、弊社のプロジェクトではシステムが絡まないものは非常に少ないため、ワイヤーフレームの作成だけを行う事は少なく、要素以外にも機能要件までドキュメントに落とし込んだ画面設計書として作成される事が多くなっています。

その他の設計

アーキテクチャ、アプリケーション、UI/UXの設計以外にもセキュリティ設計、性能や信頼性の設計、リニューアルやシステム移行がある場合にはシステムや業務フローの移行設計や運用設計を、必要に応じて行います。

「基本設計」で作成される「基本設計書」は、案件の規模や予算に合わせて「要件定義書」と一体化した「機能仕様書」というドキュメントのみを作成する場合もあります。

開発

設計が終了すると、実際のシステムを作る開発フェーズに入っていきます。

まず最初に行われるのが、「基本設計書」に基づく開発環境の構築です。

通常、本番公開用の本番サーバ、本番サーバに載せる前にテストを行うステージングサーバ、開発に利用する開発サーバの最低3つの環境が用意されますが、フェーズ分けでのリリースを行う場合には、開発サーバやステージングサーバをさらに複数台設けるケースもあります。

実際のシステム開発にあたっては、「基本設計」で定められたパッケージ、開発に利用するプログラミング言語、開発フレームワーク、データベースで開発を行っていきますが、通常はさらに「基本設計書」の機能を具体的にどのように作成をするかを「詳細設計書」に落とし込む「詳細設計」を経て開発を行っていきます。

構築されたシステムは、各開発者毎での単体テストを経てリリースに向けて進んでいきます

テスト・受入テスト

全ての開発が終了すると、結合テストと総合テストという二つのテストを行いますが、必ず設計者が機能要件を満たしているのかを確認するためのテスト設計書を作成し、それに従ってテストを行います。

テストに際しては、OS、端末、ブラウザなどを使った実機でのテストはもちろんのこと、業務フロー毎のテストケースを用意し、開発が行われたシステムが見た目上でも機能上でも正しく動いているかを結合テストでは検証します。

また、Webシステムがあらゆるところで利用されている現在では、社内システムとの連携や外部APIとの接続が行われるケースも多く、それらと正しくデータのやり取りができているかを、総合テストでは確認します。

これらのテストで出たバグや障害に全て対応した後、クライアント側でもテストを行っていただき、要件定義で決めた通りのものができているかを受入テストで確認してもらいます。

オウンドメディアのWebサイト構築などの場合の随時コンテンツが追加されるサービスの場合には、弊社テスト後の受入テスト中にコンテンツの投入が行われるケースが多くなっています。

ローンチ・検収

WebサイトやWebサービスの場合はリリース、Webシステムなどの場合には運用開始がローンチとなります。

システムリニューアルの場合には、DNSの切り替えやサーバの入れ替えなどがありますので、最後まで気を抜けないところです。

無事にWebサービスやWebシステムのリリースができたら、基本的にはこれが検収となります。

ただ、ローンチは単なるスタート地点であり、運用の開始を告げる合図でしかありません。

運用フェーズ

Webサイトの運用において、情報システム部門が管理をしていた時代のように、サーバ運用やシステム運用だけを行なっていればいい時代は終わりを告げ、現在ではコンテンツ運用、ソーシャルメディア運用、SEO、SEM、DSPといった広告領域の運用までを想定した運用が必要となっています。

そこで、公開後のWebサイトに対しては、SEO/SEMの運用とコンテンツ運用、Web解析の全てをワンストップで運用することで、コンサルティングフェーズで決定した「ゴール」を実現するための運用を行なっております。

また、基幹システムでもWebサービスのシステムでも、システムの基本は24時間365日稼働をし続けることが前提となります。

そのため、システムだけでなくインフラも含めた保守が必要となりますが、リソース・シェアリングではワンストップで対応を行っております。

インフラ運用及びシステム運用

WebサービスやWebシステムがリリースされると、「保守」と「運用」が始まります。

ローンチ後のWebサイトやWebシステムは、サービスを止めずに24時間365日運用し続けるのが基本であり、セキュリティ対応やシステム障害に継続して対応し続ける事が必要です。

特にWebサイトの場合には、表示スピードの遅さは検索順位にも影響し、ECサイトの場合にはアクセス集中により表示ができないとなると、販売機会の損失を招くため高速化処理や大規模アクセス対応などにも対応していく事も求められます。

そのためには、WebサーバやDBサーバなどのインフラにおいては、セキュリティパッチを常に最新のものをあてて続ける「サーバ保守」が、システムにおいても開発言語やフレームワークに対するセキュリティ対応を行っていく「システム保守」を行い、システム障害が出た場合には対応を行うという「運用」は必須です。

コンテンツ運用

Googleの検索技術が向上するに従い、コンテンツ自体の中身が評価されて上位表示を実現する「コンテンツ・イズ・キング」の時代が到来しました。

これにより、Webサイトの運用においても、WebマーケティングやSEOを想定したコンテンツ作成やソーシャルメディアを想定したコンテンツ作成が必要となっており、リソース・シェアリングではSEOを想定したコンテンツ運用、ソーシャルメディア運用についてもトータルでサポートいたします。

SEO・SEM対応

検索エンジンからの流入が重要な現在において、Webサイトの運用において、SEO(検索エンジン最適化)、SEM(検索エンジンマーケティング)を使った集客戦略をどう考えるかは大変重要となっています。

また、ただ単に集客するだけでなく、Webサイトで実現したい「ゴール」(コンバージョンやお問合せ)を実現しようとすると、集客施策だけでの最適化には意味がありません。

そのため、集客施策においてもWebサイト運用とWeb解析はセットでの運用を行なっております。

Web解析

Webサイトには売上拡大やお問合せの増加など、Webサイトを構築して運用を行なって上で解決したい「課題」と「ゴール」が必ず存在します。

「ゴール」が達成されているのか、達成されていない場合は何が課題となっているのかを判断するためには、判断を行うための指標と現状を分析するWeb解析が必要となります。

Web解析を行うと、「どこ広告が問合せにつながったのか?」、「どのようなキーワードで検索してユーザーが来るのか?」、「どういったユーザーが商品購入を行うのか?」、「どのページで閲覧終了しWebサイトから離脱されてしまうことが多いのか?」といった現状が明確になります。

この現状を基に仮説立てて、改善の施策を立案し、施策を実施して、その結果をさらにWeb解析で確認するという「Plan-Do-Check-Action」を回していくことがWebサイト運用においては非常に重要ですが、リソース・シェアリングは長年Web解析に携わってきた経験から、Web解析コンサルティングを行っています。