WordPress構築

「自社でWebサイトを運用したい」、「SEOに強いWebサイトを構築したい」、「低コストでCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)を導入したい」。

こういった場合、CMSの中でもWordPressを導入するケースが大変多くなっています。

WordPressには、使いやすい管理画面、便利なプラグインが多数利用可能、高い拡張性と安定性、ワールドワイドにおける多数の導入事例など、数多くのメリットがあります。

特に、アプリケーション・フレームワークとして使うことで、クライアントが求めるサービスや機能を低コスト・短納期で開発することが可能となります。

しかし、WordPressはオープンソースのため、特に企業が導入を行うためには、いくつかの問題点を考慮した構築や運用を行う必要があります。

WordPressを導入するメリットとデメリット

WordPressをCMSとして導入する際には、多くのメリットがある一方でオープンソースを使うデメリットも存在する点を理解する事が重要です。

メリット

  1. 高額なライセンス費が不要
  2. CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)を低コストで導入できる
  3. 更新作業やリスト作成などが容易になる
  4. 拡張性にすぐれ、カスタマイズの自由度が高い
  5. 管理画面が作り込まれているため更新が簡単
  6. 無償・有償に関わらず簡単にWebサイトを構築できるtheme(テーマ)が豊富
  7. Plugin(プラグイン)が充実しているため機能追加が低コストで可能
  8. 検索サイトとの親和性が高く特別なSEOをしなくても上位表示が期待できる

デメリット

  1. セキュリティ対応・システム保守が自己責任で対応が必要
  2. カスタマイズを行うのにPHP、DB、WordPressの知識が必要
  3. セキュリティ問題に対応するために、常にバージョンアップが必要
  4. 承認フロー等の企業で使う機能が不十分で運用やカスタマイズで対応が必要
  5. MySQLで動的にコンテンツを出力するため、標準設定であれば動作が重い
  6. ステージング運用を行うためにはカスタマイズで対応が必要

特に、WordPressは導入数が非常に多いため、セキュリティホールを突かれた事例やセキュリティアップデートが頻繁に行われる点がクローズアップされ、セキュリティ面が弱いという誤った印象を持って、企業での利用が禁止されているケースがあります。

WordPressは利用者数が膨大で様々な人が開発に携わっている事により、バグやセキュリティホールの発見が早く行われ、また早い段階で対応がされていますので、安全性については一般のCMSとそれほど変わりません。

しかし、セキュリティアップデートに対応し続けるという事をした上で、サーバでのssh接続や管理画面にIP制限をかける、管理画面のアクセスURLを変更する、基本認証やログイン認証を工夫するなどして、安全性を最大限に高める対策は必要ですし、WordPressに精通した信頼できる会社に依頼する事が、WordPressの運用では必須となっています。

リソース・シェアリングでは、大規模メディアサイトの構築や、大手スポーツ大会サイトの構築、デジタルプロモーションサイト等、WordPress案件の豊富な実績とノウハウに基づいたWordPressのWebサイト構築を行っております。

WordPressのカスタマイズ

WordPressは、アプリケーション・フレームワークとして利用すると、求めるサービスや機能を低コスト・短納期で開発することが可能となります。

リソース・シェアリングでは、企業サイトの構築からメディアサイトの構築等、数多くのカスタマイズ案件に対応してきた豊富な実績とノウハウがございます。

また、WordPressは、Ver.3.0からそれまでWordPress MUとして提供されてきた、「マルチサイト機能」が統合されました。

これにより、一つのWordPressで複数のブログを管理することが出来るようになり、複数部署で別アカウントでのWebサイト運営や、テーマの一括管理等が簡単に行えるようになっております。

これを利用して、多数の店舗が入居するショッピングモールサイトの構築、複数の物件サイトを構築していく不動産ポータルサイト等に対し、マルチサイト機能を持ったWordPressの導入を企業に対して行っております。

WordPressを使った高負荷アクセス・大規模サイト専門の構築・運用サービス

WordPressは、動的(リアルタイム)にコンテンツを生成するため、コンテンツ更新時に煩わしい再構築作業は不要ですが、その代わりに静的にコンテンツを生成するCMSの Movable Type等と比較して、サーバの負荷が高くなりがちです。

また、多くの機能を実装すればするほど、アクセスが増えれば増えるほど、データ量が増加すればするほど、サーバの負荷が高くなり、Webサイトの表示が遅くなって行きますが、SEOのためにもこれは望ましくありません。

そこでこれらに対応するため、サーバ、DB、WordPressのチューニングを行う事が重要となります。

リソースシェアリングは、WordPressを使い、ページ数が膨大で大規模なWebサイトや、大規模なトラフィックが発生する高負荷なWebサイト構築・運用を行ってきた経験を提供する高負荷アクセス・大規模サイト専門の構築・運用サービスを用意しております。

確かな技術力に基づいたWordPressサイト構築・サーバ構築・保守・運用の豊富な実績で、コンサルティングから要件定義・基本設計・詳細設計、プロジェクトマネジメント・システム構築・サーバ構築・保守・運用・解析までをワンストップで提供しております。

WordPressのチューニングにあたって

現状、既にWordPressでWebサイト運用されているクライアントに対しては、通常以下の手順でサービスを行っております。

  1. クライアントの状況をヒアリング
  2. サーバの調査を行い、Webアクセス、サーバの負荷状況を確認
  3. サーバの構成、ミドルウェアの設定、導入されているプラグイン等を確認
  4. サーバ、DB、Plugin(プラグイン)のチューニングでの対応策を検討
  5. 上記対応で無理な場合、Webアクセラレータ、ロードバランサー、サーバ移転、回線増強等での対応策を検討
  6. 対応施策の実施

また、新規でWebサイトを立ち上げるクライアントに対しては、コンサルティングから目標とするアクセスに対するインフラの設計からサーバ構築、WordPressのチューニング、負荷テストの設計から実施までを提供しております。

メディアサイトの構築

企業が運営するオウンドメディアやマスメディアが運営する雑誌のメディアサイトなど、WordPressを利用したWebサイトの構築は非常に盛んになっています。

オウンドメディアとは、ブログなどのコンテンツを配信するWebマーケティング手法のことです。

Googleが検索エンジンとしては一人勝ちとなり、SEO対策においてはGoogleの意向を組んで対策を行うという事が必須となっていますが、Googleは2017年2月3日に「日本語検索の品質向上にむけて」と題した発表を行いました。

ウェブサイトの品質の評価方法に改善を加えました。今回のアップデートにより、ユーザーに有用で信頼できる情報を提供することよりも、検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位が下がります。その結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります

つまり、ユーザーに対してオリジナルで有用な信頼できる情報を提供するWebサイトを評価します、という事です。

「Contents is King(コンテンツ・イズ・キング)」という事が言われてかなり経ちますが、この傾向に益々拍車がかかっているのです。

また、企業がユーザーに有益な情報を発信し続けるということは、インターネットやSNS経由で見込み顧客にコンテンツを見つけてもらうというSEO対策としてだけでなく、検索して商品にたどり着いてユーザーは、自ら商品の理解をして納得してから購入してもらう、という点でもメリットがあります。

このため、ブログを使って積極的に情報発信をしていくオウンドメディアの構築が増えているのです。

リソース・シェアリングでは、Glam.jp旅もじゃをはじめとするメディアサイトや企業のオウンドメディアに対しWordPressを使った構築・運用を行ってきたノウハウを生かして専用サービスとして提供しております。

WordPress構築事例

伝統工芸ECサイト「WAYO」 STORY

WAYO STORY

Blue PrismエンタープライズRPA導入サービス

tend.jp


おすすめサービス

Webコンサルティング
Webサイト
Webシステム