Google Meetでバーチャル背景が11月6日から利用可能に

スポンサードサーチ

Googleは、Google Meetで2020年11月6日からバーチャル背景(仮想背景)に対応しました。

You can now replace your background with an image in Google Meet. You can either use Google’s hand-picked images, which include office spaces, landscapes, and abstract backgrounds, or upload your own image.

Google Workspace Updates:Replace your background in Google Meet

既に利用可能に

最初は、ChromeOSとWindows、MacデスクトップデバイスのChromeブラウザで動作します。

Meetのモバイルアプリでのサポートは間もなく開始されます。

用意されている画像か自分でアップロードした画像か選べる

Meetのバーチャル背景を設定する実際の画面がこちら。

右下のマークをクリックすると、下にGoogleが提供する画像が並びます。

用意されている画像以外では左上から、「背景をオフにする」、「背景を少しぼかす」、「背景をぼかす」、「ディスク上の画像を使用」になっています。

「ディスク上の画像を使用」をクリックすると、ローカルにある画像をアップロードして使えます。

ITを使った経営課題の解決でお困りではありませんか?

DXを始めとするITを使った経営課題の解決が上手くいっていない企業は数多くあります。

それは、単なるソリューションの導入や、社内人材への丸投げとなっており、課題解決がゴールになっていないからです。

そのためには、経営とITを理解した人材が、経営者層と共に取り組み、経営者の頭の中を可視化することが必須要件です。

現在、1時間の無料オンライン・コンサルティングを実施しております。

是非この機会にご相談ください。

構築予算が10分の1に

経営課題を解決するECサイト、越境ECサイト、BtoB ECサイト、マーケットプレイスを構築するならCS-Cartをご検討ください。

スポンサードサーチ