投稿

Accept knocks in bulk in Google Meetより引用

Googleは、Google Meetで2020年11月4日に保留中のすべてのノックを一括で受け付ける機能を追加しました。

もっと読む

Googleは、Google Meetで2020年11月6日からバーチャル背景(仮想背景)に対応しました。

もっと読む

新型コロナウイルス感染症の影響で、仕事はリモートワークのみとなり、打ち合わせは全てWeb会議になっています。

続きを読む
Stay connected more easily with Meet in Gmail on mobile

Googleは2020年6月16日に、スマートフォンのiOS版とAndroid版のGmailアプリから、ビデオ通話サービスのGoogle Meetが利用できるようになると発表しました。

Gmail:Stay connected more easily with Meet in Gmail on mobile

Zoom対抗のGoogle Meetが5月上旬から誰もが無料で利用可能にGoogle Meetは利用しやすくなっていましたが、さらに便利に。

もっと読む

Facebookが時間無制限で50人まで参加できるビデオミーティングサービス「Messenger Rooms」をリリースでご紹介したMessenger Roomsが2020年5月14日に正式リリースされ、日本でも使えるようになりました。

もっと読む
Google Meet

Web会議システムについては、リモートワークで使うWeb会議システムは小規模ならWherebyの無料アカウントで十分Web会議システム Wherebyのアカウント登録から利用の仕方まで10人以下で長時間のWeb会議を開催するのにZoom、Whereby、Skype、ハングアウトのどれがいいか?脆弱性のあるZoomを安全に利用するための7つの設定と運用ルールというように、何度か見てきましたが、脆弱性がありながらもZoomが数多くのユーザーを集めています。

これに対し、2020年4月29日にGoogleは、5月上旬からGoogle Meetを誰もが無料で利用できるようになると発表しました。

もっと読む