スポンサードサーチ

新型コロナウイルス感染症の影響で、仕事はリモートワークのみとなり、打ち合わせは全てWeb会議になっています。

Web会議では、MacBook Proを使っているのですが、2時間を超える長時間のオンライン飲み会の時になぜかマシンが急に落ちる、という現象がここのところ何度か発生しています。

以前から時々急にシャットダウンするトラブルがあったんですが、Mac での Apple Diagnostics の使い方でチェックをしても問題がないので、リスクヘッジのためにもう一台あるデスクトップマシンのWindows PC用に新たにWebカメラを買いました。

エレコム WEBカメラ UCAM-980FBBK

今回購入したのは、エレコム WEBカメラ ステレオマイク内蔵 800万画素 高精細ガラスレンズ レンズフード付 ブラック UCAM-C980FBBK

エレコム WEBカメラ UCAM-980FBBK 外箱
エレコム WEBカメラ UCAM-980FBBK 外箱

Full HD対応800万画素のWebカメラで、超高精細の日本メーカー製CMOSセンサーを採用しているのが売りになっています。

また、専用ソフトのエレコム WebCamアシスタントを使うことで、動画撮影や静止画撮影もでき、動画は記録画素数 最大3264×2448ピクセルに対応しています。

エレコム WEBカメラ UCAM-980FBBK 外箱
エレコム WEBカメラ UCAM-980FBBK 外箱

仕様

対応機種USB2.0インターフェイスを搭載したWindowsパソコン、Macintosh
対応OSWindows 10、Windows 8.1、Windows7、Windows XP、macOS 10.12 Sierra 以降
対応OSの備考※各OSの最新バージョンへのアップデートや、サービスパックのインストールが必要になる場合があります。 ※Windows XPにおけるオンラインサービスの使用はサポート対象外です。
動作環境CPU:インテル(R) Core(TM) i3 1.2GHzと同等以上、メインメモリ:1GB以上、HDD空き容量:1GB以上 ※上記に加え、同時に使用する各種ソフトウェアの必要環境を満たす必要があります。
受像素子1/3.2型 CMOSセンサー
有効画素数約800万画素
色数約1677万色(24bit)
静止画 記録画素数最大約3200万画素(ソフトウェア処理により対応)
動画 記録画素数最大3264×2448ピクセル
最大フレームレート30FPS(~1600×1200ピクセル)、25FPS(~1920×1080ピクセル)、20FPS(~3264×2448ピクセル)
撮影画角対角68度
レンズF値F2.8
フォーカス方式固定フォーカス
撮影距離30cm~無限遠(レンズ先端より)
スタンド角度調整上下方向
動作表示ランプあり(撮影時に点灯)
カメラ本体 インターフェイスUSB2.0(タイプAオス)
カメラ本体 ケーブル長約1.5m
内蔵マイク 方式デジタルシリコンMEMS方式(ステレオ)
内蔵マイク 指向性無指向性
カメラ本体 外形寸法約 幅88.0mm×奥行62.6mm×高さ46.5mm ※ケーブルを含まず
カメラ本体 質量約 78g ※ケーブルを含む
動作時環境条件温度:5℃~40℃、湿度:~90%RH(ただし結露なきこと)
保存時環境条件温度:-10℃~60℃、湿度:~90%RH(ただし結露なきこと)
保証期間6ヶ月
付属品ユーザーズマニュアル、多言語マニュアル
エレコム WEBカメラ UCAM-C980FBBK本体とマニュアル
エレコム WEBカメラ UCAM-C980FBBK本体とマニュアル

箱の中身は、エレコム WEBカメラ UCAM-C980FBBK本体とマニュアルのみとシンプル。

エレコム WEBカメラ UCAM-C980FBBK本体
エレコム WEBカメラ UCAM-C980FBBK本体

本体には高精細ガラスレンズを搭載し、USBでPCと接続します。

カメラの下には、マルチスタンドが付いており、机の上に自立させたり、モニター上部にひっかけて設置することもできます。

Windows PCとの接続は、USBをPCに挿すだけで認識がされて非常に簡単でした。

エレコム WebCamアシスタント

折角なので、エレコム WebCamアシスタントもインストール。

これを使えば簡単にビデオ撮影と写真撮影と動画編集ができる、ということなんですが、ビデオ撮影はできますが、なぜか写真撮影のボタンを押しても撮影ができませんでした。

ビデオ撮影に失敗
ビデオ撮影に失敗

また、ビデオ出力のフレームレートを3264×2448ピクセルに上げると、保存ファイル形式や圧縮形式によっては上のようなポップアップが出てビデオ撮影に失敗する場合があるので、その際には保存形式と圧縮形式の組み合わせを変える必要があります。

画質が悪いのは初期不良だった

早速、買ってきたその日にGoogle MeetでのWeb会議で使ってみたところ、思ったほど画質が良くありません。

ただ、以下の写真のように画像が全体的にボヤっとしていて、右下の乾電池だけにピントが合っています。

右下だけピントが合っている
右下だけピントが合っている

前後にカメラを動かしてみても、ピントが全く合わない。

違和感があったので確認してみたら、左右でピントの合う範囲が全く違いました。
画面の左側では30cmどころか1m以上先でもボケていて、右側では30cmあたりからピントが合いはじめますが2mも離れるとボケています。

エレコム WEBカメラ ステレオマイク内蔵 800万画素 高精細ガラスレンズ レンズフード付 ブラック UCAM-C980FBBK

Amazonのレビューにもピントが合わないという記述があり、同様の現象が起こっているように思われますが、これは初期不良だと思われたので、購入をした家電量販店で交換をしてもらいました。

ピントが全部に合うように
ピントが全部に合うように

交換品では、無事ピントが合うようになりましたので、やはり初期不良だったようです。

Webカメラとしては画質が良い

初期不良が無い状態で使ってみると、Webカメラとして画質はかなり良いほうだと思います。

また、Google MeetやSkypeでテストをしてみましたが、ちゃんと認識されてSnap Cameraにも対応したのでWindows PCでのWeb会議も問題なさそうです。

しかし、YouTube投稿機能まであるのですが、レンズサイズが小さく、CMOSセンサーも1/3.2型と大きくはないので、動画投稿に使うのにはちょっと厳しいようには思います。

これ以上の画質を求めるなら、iPhoneなどのスマートフォンをWebカメラの代わりに使えるEpocCam HDを購入したで書いたように、iPhone 11 ProでEpocCam HDを使うのが良さそうですが、Windows PCにWebカメラを付けたことで、MacBook Proのバッテリーを気にすることなくWeb 会議ができそうです。

ITのことで、お困りではありませんか?

ITは、コンサルティングからプロジェクトを全体を見据えて実施しなければ上手くいきません。
リソース・シェアリングは、ITのコンシェルジュとして、クライアントにとっての最適解をご提案するコンサルティングから構築・運用・解析までをワンストップで対応できるITコンサルティング会社です。
ITに関してお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

ITプロジェクトで最適解を探すなら
御社にとって最適なWebサイト構築をするなら
失敗しないWebシステム開発をするなら
WordPressを活用したいなら
ECサイトを構築したいなら
越境ECサイトを構築したいなら
企業間取引向けECサイトを構築したいなら
マーケットプレス型ECサイトを構築したいなら
課題や事例から最適解を探すなら
リソース・シェアリングの実績
お問合せ

スポンサードサーチ