投稿

PayPal

新型コロナウイルス感染症の蔓延により、多くの企業でビジネスモデルの転換が必要となっています。

もっと読む
ECサイトの注文から発送までの業務フロー

新型コロナウイルス感染症の蔓延により、新たにECサイトの構築をする企業が増えています。

もっと読む
小規模不動産特定共同事業のスキーム

空き家・古民家等の再生事業に地域の不動産事業者等が幅広く参入できるようにするため、2017年12月1日に不動産特定共同事業法の改正が行われ、小規模不動産特定共同事業が創設されました。

もっと読む
ECサイト自体をクローズドに

非対面・非接触型のビジネスモデルへの転換を考えて、ECサイトの構築に取り組む企業が増えています。

しかし、富裕層向けの百貨店の外商や、グループ企業の社員向け販売というように、本来の販売価格とは異なる「会員価格」を設定している場合には、会員以外がアクセスする事ができないようなクローズドのECサイト構築することが望まれます。

また、B2B ECにおいても、公開する必要のない情報や、公開することができない情報を扱うことが多いため、特定の企業の許可をしたユーザに対してのみ情報にアクセスできるクローズドECサイトを構築することが一般的です。

そこで、今回は一般向けECサイトと異なるクローズドECサイトに必要な機能について見ていきます。

もっと読む

日本でもテレビで特集が組まれたり、楽天と提携してShopify利用店舗の楽天市場における店舗運営を支援するサービスを開始するなど、ここのところかなり注目を集めているShopify

今回はAmazonキラーとも呼ばれるこのShopifyについて、どういったECのサービスでどんなメリットとデメリットがあるのかを見ていきたいと思います。

もっと読む
Multi-Vendor 4.12.1

2020年12月1日にMulti-Vendor 4.12.1がリリースされました。

Meet Multi-Vendor 4.12.1 with Vendor-Related Improvements

もっと読む
Meet CS-Cart 4.12.1 with Interface Improvements

2020年12月1日にCS-Cart 4.12.1がリリースされました。

Meet CS-Cart 4.12.1 with Interface Improvements

もっと読む
CS-Cart 公式サイト

多言語・多通貨に対応したECサイト構築パッケージ「CS-Cart」。

現在、「CS-Cart」はB2C型のECサイト構築に対応した「CS-Cart B2C」、B2B型のECサイト構築に対応した「CS-Cart B2B」、B2B & B2C型のECサイト構築に対応した「CS-Cart B2b & B2C」、B2B2C型のマーケットプレイスサイト構築に対応した「Multi-Vendor」と利用用途によりライセンスが分かれています。

この中のB2C型のECサイト構築に対応した「CS-Cart B2C」について、2021年にライセンス費用が値上げとなることが「CS-Cart」から発表されました。

もっと読む

B2C、B2B、B2B2Cに対応した多言語・多通貨対応ECサイト構築パッケージ「CS-Cart」のTheme(テーマ)やAdd-on(アドオン)などを販売するMarketplaceで、各30%オフになる「Black Friday」セール実施しています。

もっと読む

多言語・多通貨対応ECサイト構築パッケージ「CS-Cart」は、現在ではB2C向けだけでなく、B2B向けにCS-Cart B2BとCS-Cart B2B & B2Cという二つのライセンスが用意されていますが、この買い切りライセンスについては、2020年末で販売が終了いたします。

もっと読む

ビジネスモデルのB2C、B2B、B2B2Cの違いとECサイト構築におけるメリットとデメリット企業間取引業務をEC化するB2B ECに必要な5つの機能とは?で、B2B ECサイトについてご紹介をしたきました。

もっと読む

一般ユーザー向けに商品を販売するB2C(BtoC)でのECサイトと異なり、B2B(BtoB)と呼ばれる企業間取引を行うECサイトでは、B2C向けのECサイトと異なる機能が必要となります。

もっと読む
B2C、B2B、B2B2C

事業におけるビジネスモデルを決定する上で、ターゲットユーザーが誰なのかを決める事は大変重要です。

そこで、今回はB2C、B2B、B2B2Cのビジネスモデルの違いとECサイト構築時におけるメリットとデメリットについて見ていきたいと思います。

もっと読む
サクラチェッカー

ECサイトで商品を購入する際に、購入者が書き込んだ商品のレビューを参考にする人は数多くいますし、高いレビューが付いているものほど実際に商品が売れるのも確かです。

しかし、大手ECサイトのAmazonでは最近、このレビューが全くあてにならない商品が数多くあふれる状態になってきて、地上波のワイドショーなどでも取り上げられるようになってきました。

もっと読む

マーケットプレイス(Marketplace)とは、売り手と買い手をつなげるインターネット上の取引市場です。

日本においては、楽天市場やYahoo!ショッピング、AmazonマーケットプレイスのようなBtoC型のマーケットプレイスが代表的なマーケットプレイスが、CtoC型のマーケットプレイスであるメルカリなども最近成長著しいしものがあります。

これらのマーケットプレイスは、自社でECサイト構築を行うのに比べて、集客やシステム構築、運用のコストが抑えられるため、数多くの企業やユーザーが利用しています。

もっと読む

2020年9月2日にCS-CartとMulti-Vendorの4.11.5がリリースされました。

もっと読む

多言語・多通貨に対応したECサイト構築パッケージ「CS-Cart」には、Amazonマーケットプレイスのようなマーケットプレイスを構築できるMulti-Vendorというライセンスが用意されています。

現在、CS-Cartでは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応として、このマーケットプレイス構築パッケージ「CS-Cart Multi-Vendor」を非営利団体に対して無償で提供しています。

もっと読む
Mr. CHEESECAKE

新型コロナウイルス感染症の蔓延により、急速にデジタルシフトが進み、ECサイトを構築する企業も数多く増えています。

しかし、店頭での販売やBtoBでの販売が不調になったからといって、ただ単にECサイトを構築しても大半が失敗に終わります。

そこで、今回はECサイト構築で失敗しないために基本となる「なぜ自社のECサイトでユーザーは商品を買うべきなのか?」について見ていきたいと思います。

もっと読む
テイクアウト App

以前、新型コロナで売上が減った飲食店等が無料で宅配とテイクアウトの注文受付を始める方法という記事をアップしましたが、無料ASPカートを提供する「BASE」がテイクアウトの事前注文と決済ができる「テイクアウト App」を2020年6月25日(木)にリリースしました。

もっと読む

緊急事態宣言解除により、ポストコロナやウィズコロナが言われるようになりましたが、企業ではウィズコロナやポストコロナの世界以前のビジネスモデルから大幅な変革が求められています。

ビジネスモデルの「チェンジ・ザ・ルール」は、Amazonの成長の影響を受けたリアル書店の衰退に見られるように、以前から一部では起こっていますが、今回の新型コロナウイルス感染症による変化は、強制的に全ての企業が巻き込まれています。

しかし、そういった中でも売上を伸ばしている企業があります。

そこで今回は、ウィズコロナやポストコロナの世界において、どういった企業が伸びているのを見てみたいと思います。

もっと読む

緊急事態宣言解除を見据え、ポストコロナやウィズコロナが言われるようになりましたが、新型コロナウイルス感染症の蔓延により、大手企業だけでなく中小企業まで、リアルビジネスからオンラインビジネスへのシフトが進んでいます。

そういった中で、新たに企業としてECサイトに取り組む、というお話も数多く上がっています。

しかし、ECサイトを新たに構築する際には、必ず決めておかないといけない3つの方向性というのがあります。

今回はこの3つについて見ていきたいと思います。

もっと読む

「システム保守は必要でしょうか?」

システムのリプレースや新規開発のお話をしていて、この質問をいただく事が時々あります。

クライアントの立場から言うと、出来るだけ予算は減らしたいところですし、内容が良くわからないものには予算をかけてたくないというのもわかります。

しかし、システム保守はクライアント独自のシステム開発をする場合だけでなく、WordPressなどのオープンソースでも、パッケージソフトでも原則必要です。

システム開発やWebサイトの構築において、システム運用開始は単なるスタートであり、システム運用はトラブルなしに行う事が前提です。

そのため、システム保守を付けずに運用を行うのは、潜在的に様々なリスクを抱える事になるので、今回はなぜシステム保守が必要なのかについて見ていきましょう。

もっと読む
CS-Cart and Multi-Vendor 4.11.3

2020年2月4日に、CS-CartとMulti-Vendorの4.11.3がリリースされました。

Meet CS-Cart and Multi-Vendor 4.11.3 with Improvements on the Storefront

CS-Cart and Multi-Vendor 4.11.3
CS-Cart and Multi-Vendor 4.11.3
もっと読む

2019年12月5日(木)に渋谷ストリーム ホールで開催された「BASE OWNERS DAY 2019」。

私もいくつかセッションを聞いてきましたが、実際にBaseを使ってECサイトを運用している方の意見としていくつか面白いものがありましたので、開催から時間が経っていますがポイントだけ紹介。

もっと読む
CS-Cart 4.11.2

2019年12月18日に、CS-Cartの4.11.2がリリースされました。

倉庫の在庫の改善

CS-Cart 4.11.1では、Warehouses機能をリリースしました。

Warehouses機能では、店舗、集荷ポイント、倉庫など様々な場所にある在庫を個別に追跡でき、在庫と納期を顧客に通知できます。

この機能はまだベータ段階であり、継続的に改善を行なっていて、CS-Cartの4.11.2で修正したのは以下のものになります。

もっと読む
CS-Cart Multi-Vendor 4.11.1

2019年11月7日に、CS-Cartの4.11.1がリリースされました。

同時にMulti-Vendor 4.11.1もリリースされましたが、Multi-VendorおよびMulti-Vendor Ultimateに影響を与える最も重要な点について解説します。

もっと読む
BASE OWNERS DAY 2019

小嶋陽菜を使ったテレビCM流したり、2019年10月25日には東京証券取引所マザーズへの上場をしたことで話題の無料ASPカートを提供する「BASE(ベイス)」を運営するBASE株式会社。

このBASE株式会社が、2019年12月5日(木)に渋谷ストリーム ホール「BASE OWNERS DAY 2019」を開催することを発表しました。

もっと読む
CS-Cart 4.11.1

2019年11月7日に、CS-Cartの4.11.1がリリースされました。

変更の全リストについては、Changelog(英語)を参照してください。

Multi-Vendorに固有の変更については、 次の記事で解説します。

もっと読む

2019年10月29日に視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社が、 消費者のマルチスクリーン利用状況についての分析結果を発表しました。

この調査から、どの年代でもインターネットの利用デバイスはスマートフォン(スマホ)が主流になっていることが明らかとなっています。

– どの年代でもインターネット利用デバイスはスマートフォンが主流に
– 30代以下の約半数は「化粧品」「電化製品」「ファッション」を実店舗で購入する際にオンラインで検討
– 30代以下では2017年からデジタルのトリプルメディアの信頼度が全般的に増加

商品の購入に利用するデバイスはパソコンからスマートフォンにシフト~ニールセン 消費者のマルチスクリーンの利用状況を発表~
もっと読む
CS-Cart and Multi-Vendor 4.10.4

2019年9月11日に、CS-CartとMulti-Venderの4.10.4がリリースされました。

Meet CS-Cart & Multi-Vendor 4.10.4 with SCA Support and Bug Fixes

CS-Cart and Multi-Vendor 4.10.4
CS-Cart and Multi-Vendor 4.10.4
もっと読む