CS-Cart CEOからのメッセージ:サービスを中断をさせないためのビジョンと保証

スポンサードサーチ

ロシアが2022年2月24日にウクライナに軍事侵攻をしたことにより、CS-Cartがロシアで開発がされていることでCS-Cartのサービス継続などを心配されるお問合せがございます。

このため、CS-Cart CEOのIlya Makarov氏が配信したメッセージを翻訳して掲載いたします。

また、CS-Cart 国際版(The international version of CS-Cart)は、2022年3月1日からロシア法人のSimbrisk Technologies Ltd.からアメリカ法人のBolide Network LLCが開発とライセンス提供、サポートを行うように変わっております。

詳細はCS-Cart 国際版のページをご覧ください。

こんにちは。

このメッセージでは、現在のロシアとウクライナを取り巻く政治情勢について、紛争の影響で当社のサービスの安定性に疑問が生じる可能性があるため、コメントしたいと思います。私たちの会社について詳しく説明し、お客様のビジネスに対するリスクを排除するために当社が講じた措置について説明します。

私たちは、今回のウクライナでの戦争をはじめ、あらゆる軍事衝突や戦争に反対しています。人々の命に関わることに、言い訳はできません。私たちはウクライナに同僚やパートナーがおり、彼らの個人的な悲劇を感じています。

CS-Cart は16年間に渡って、170カ国のお客様と国際的なビジネスを展開してきました。この間、私たちは技術の進歩を利用して、人々がアイデアを実現し、大志を達成し、夢を実現するのを支援してきました。そして、私たちはさらなる努力を続けています。

私たちの会社や義務について説明し、お客様のビジネスを保護するために実施されている対策について保証したいと思います。

お客様のデータはどのように保護されるか

主な事は、私たちのクライアントのデータが独自サーバに保存されていることです。つまり、私たちのECソフトは完全に独立して動作しています。

cs-cart.comからのヘルプデスクの通信履歴は、EUと米国にあるサーバに保存されています。PayPalとBlueSnapの決済ポリシーに基づき、取引データ(クレジットカードの詳細やその他の機密データ)を受け取ることがないように配慮しています。

また、ロシア以外の世界各地のデータセンターを利用した独自オプションのホスティングソリューションも提供しています。詳しくはCS-Cartチームによるセキュリティ対策をご覧ください。

支払方法について

CS-Cartの商品やサービスの代金は、PayPalおよびBluesnapで安全にお支払いいただくか、米国に登録された当社の銀行口座に直接お振込みいただくことができます。したがって、決済取引に問題はないはずです。

CS-Cartのチームメンバーがいる場所

私たちは米国に財務事務所を持っていますが、CS-Cartは地理的に分散したチームです。従業員は、米国、ロシア、ウクライナ、ベラルーシ、ウズベキスタン、ポルトガル、スリランカなど世界各地に散らばっています。

私たちが負うべき義務

当社は2005年に設立され、世界170カ国に膨大な顧客基盤を持つ企業です。これは大きな責任です。データのセキュリティとCS-CartユーザーのECサイトやマーケットプレイスの安定した運営は、いずれも当社にとって最優先事項です。私たちのお客様は、政治的な問題に悩まされたことは一度もありません。

私たちは、私たちの評判が危機にさらされていることに対し、ライセンス契約に従ってサービスを中断することなく提供することを保証すると表明することで、最大限の自信を感じています。

敬具

Ilya Makarov
CS-Cart CEO

ITを使った経営課題の解決でお困りではありませんか?

DXを始めとするITを使った経営課題の解決が上手くいっていない企業は数多くあります。

それは、単なるソリューションの導入や、社内人材への丸投げとなっており、課題解決がゴールになっていないからです。

そのためには、経営とITを理解した人材が、経営者層と共に取り組み、経営者の頭の中を可視化することが必須要件です。

現在、1時間の無料オンライン・コンサルティングを実施しております。

是非この機会にご相談ください。

構築予算が10分の1に

経営課題を解決するECサイト、越境ECサイト、BtoB ECサイト、マーケットプレイスを構築するならCS-Cartをご検討ください。

スポンサードサーチ