新しい管理画面になったCS-Cart Multi-Vendor 4.14.1がリリース

スポンサードサーチ

2021年12月3日に、新しい管理画面になったCS-Cart Multi-Vendor 4.14.1がリリースされました。

Meet Multi-Vendor 4.14.1 with new vendor panel

Multi-Vendor 4.14.1
Multi-Vendor 4.14.1

変更の完全なリストはドキュメント(英語)をご覧ください。

私たちは、マーケットプレイスが新しい出品者を引き付け、採用し、維持することがいかに重要であるかを理解しています。

新しい CS-Cart Multi-Vendor 4.14.1は、既存の出品者を管理し、新しい出品者がマーケットプレイスに出てくる可能性を高めるのに役立ちます。 

ここでは、マーケットプレイスに固有の改善について説明しますが、 CS-Cart Multi-Vendor 4.14.1では面白く重要な変更も含まれています。

新しい出品者管理画面

出品者は、出品者管理画面を使ってマーケットプレイスでのやり取りを行います。

このやり取りが便利で簡単であればあるほど、より多くの出品者が自社の商品をマーケットプレイスで販売したいと思うようになりますし、より多くのバイヤーも出品者と一緒に参加してきます。

CS-Cart Multi-Vendor 4.14.1では、出品者管理画面が変更されました。

すべてのメニューをサイドバーに移動し、すべての重要な要素を維持しながら、メニューの数と構造を削減しました。

これにより、既存の出品者だけでなく、新しく参加した出品者は、出品者管理画面の新しいサイドバーを使用してより速く簡単に販売を開始できます。

出品者専用管理画面
出品者専用管理画面

マーケットプレイスの所有者を対象とした調査によると、80%が新しい出品者専用管理画面について前向きに話しました。

新しいバージョンでは、管理者は出品者管理画面を簡単に管理できるようになっており、出品者が必要としない商品タブとプロパティを非表示にすることができます。

出品者管理画面設定
出品者管理画面設定

ブランドに合わせてサイドバーの色や背景画像を調整することもできます。

出品者管理画面スタイル
出品者管理画面スタイル

これらはすべて、「出品者管理画面設定」アドオンで実行され、アドオンをインストールすると、出品者専用管理画面設定が表示され、アドオンで設定ができるようになります。

サードパーティの開発者は、出品者管理画面にメニュー要素を追加する場合、アドオンを調整する必要がある場合があります。

ただし、関連する変更は比較的簡単であり、開発者向けにその方法に関する情報(英語)を用意しています。

複数ECサイトの個別カテゴリ

CS-Cart Multi-Vendor Ultimate 4.14.1は、特定のユーザーや国、特定分野向けのマーケットプレイスを立ち上げるための機会を与える新しいツールです。

たとえば、マーケットプレイスではさまざまな用途の家具を販売していますが、オフィス家具の購入者を増やすには、オフィス用品を扱うカテゴリー向けのマーケットプレイスを作成すればいいのです。

カテゴリ―毎に別のマーケットプレイスにすることで、マーケットプレイスを特別な商品群だけにすることができます。

いまでは、全てのマーケットプレイスにカテゴリーを表示するか、特定のマーケットプレイスだけにカテゴリーを表示するかを決定できますが、これはカテゴリー編集ページで行うことができます。

カテゴリーの編集
カテゴリーの編集

カテゴリーのリストにECサイトの切替スイッチが表示されますので、カテゴリーがどのマーケットプレイスに属しているかを確認できます。

Stripe Connect:Stripeアカウントを持っていない出品者向けのExpress アカウント

Stripe Connectは、出品者間でお金を分配し、マーケットプレイスの手数料を自動的に取る決済方法です。

今回、 CS-Cart Multi-Vendor はStripe Expressアカウントに対応し、Stripeアカウントをまだ持っていない出品者でも利用ができます。

Expressアカウントを使用すると、出品者がより迅速に登録でき、よりシンプルなStripeダッシュボードが提供されます。

ただし、Expressアカウントを使用する場合は、マーケットプレイスがより多くの責任を負う必要があり、プラットフォーム手数料が発生します。

Stripe Connectの支払方法を作成する際に、出品者にExpressアカウントの接続することを許可するかどうかを決めることができます。

Express アカウントの許可
Express アカウントの許可

管理者がStripeConnectの支払方法を設定すると、出品者は出品者情報ページでExpressアカウントに接続できるようになります。

Stripe Express アカウントの接続
Stripe Express アカウントの接続

モバイルデバイスのGoogleページ速度スコアの向上

ECサイトはページの速度が重要ですが、これは1秒待つと購入者がECサイトを離れる可能性があるためです。

Googleは、SEOに影響を与える多くの要因の1つとして、すでにWebサイトの速度を使用しており、PCとモバイルデバイスの速度は別々に測定されます。

ほとんどの場合、速度はGoogle Page SpeedInsightsを使用して測定されます。

今回はモバイルスコアに焦点を当てましたが、 CS-Cart Multi-Vendor のデスクトップのページ速度スコアの方が優れているためです。

デモで最適化をテストし、4.13.2と4.14.1をデフォルトテーマである「Bright」テーマと比較しました(4.14.1のサードパーティのテーマはまだ新しいバージョンに適合していないため)。

トップページを中心にテストを実施しましたが、商品一覧や商品ページにも改善が見られました。

主張の妥当性を確認するために40以上のテストを実行した後、モバイルデバイスでサイトのページ速度スコアが CS-Cart Multi-Vendor で30%増加したことを確認しました。 

パフォーマンスを向上させながら後方互換性を維持することが重要であるため、Googleのすべての推奨事項に暗黙のうちに従ったわけではありません。

新しい出品者と連携するためのさまざまなシナリオ

以前のバージョンでは、出品者は登録後すぐに出品者管理画面にアクセスできました。

これは、販売者が管理者の承認を待たなくていいようにする方法でしたが、このシナリオはすべての人に適しているわけではありません。

利用者からのフィードバックにより、プロセスにいくつかの改善を加えました。

バージョン4.14.1では、「基本設定 > 出品者」で、新しく登録された出品者の承認を有効にできます。

その場合、新規出品者は登録後に「新規」ステータスを取得し、承認をするまで出品者管理画面にもマーケットプレイスにもアクセスできないことを意味します。

マーケットプレイスセットアップウィザードの「出品者」タブを使用すると、マーケットプレイスが新しい出品者をどのように処理するかを簡単に決定できます。

これには、3つのシナリオがあります。

  • 出品者専用管理画面とECサイトへの即時アクセス
  • 出品者専用管理画面への即時アクセスとECサイトの承認
  • 出品者専用管理画面とECサイトへのアクセスの承認

シナリオを選択するだけで、すべての設定を行います。

マーケットプレイス・セットアップ・ウィザード
マーケットプレイス・セットアップ・ウィザード

以下に、マーケットプレイスの管理に役立つその他の機能についての解説が用意されています。

ビデオ(英語)

ドキュメント

モバイルアプリのカラープリセットの追加や、出品者に代わってマーケットプレイスに商品を出荷などは、他のリリースを読んでください。


大規模出品者向けのより関連性の高いメール通知

出品者は個人でも企業でもかまいません。

企業では、マーケットプレイスの出品者管理画面を使って複数の管理者が働いている場合があります。

以前は、デフォルトで注文通知は出品者の管理者に送信されていましたが、出品者の管理者が注文を処理する管理者ではない場合に不便になる可能性があります。

これを、マーケットプレイスの管理者は、出品者が必要な通知のみを受信できるようにでき、「注文メール」のような出品者プロファイルフィールドを作成するだけで、そこに注文通知を送信できます。

出品者がフィールドに入力している限り、注文情報の受信者から出品者の管理者を削除することができます。 

併せてとして、マーケットプレイスにアカウントを持たない出品者の従業員にも通知が届きますが、確認するためにはそのメールアドレスにアクセスする必要があります。

出品者へのメールでの通知
出品者へのメールでの通知

モバイルアプリでの商品の作業の改善

CS-Cart Multi-Vendor Plusの所有者は、モバイルアプリを使用して商品を追加および編集できます。

ただし、アプリでの作業中にすべての商品プロパティを編集できるわけではありません。

以前は、出品者はアプリを終了し、Webサイトからマーケットプレイスを使用して商品に機能を追加する必要がありました。

CS-Cart Multi-Vendor 4.14.1以降は、出品者はモバイルアプリで商品を作成または編集して値を変更できます。

CS-Cart Multi-Vendor 4.14.1に更新してから、モバイルアプリを再構築して、この改善の使用を開始します。

モバイルアプリ
モバイルアプリ

出品者の支払いに税金を含める

CS-Cart Multi-Vendor には、出品者が手数料と負債をマーケットプレイスに支払うことを可能にする「出品者から管理者への支払い」アドオンがあります。

一部のマーケットプレイスの管理者は、企業間の取引は自国での課税対象であるため、出品者がマーケットプレイスに支払った金額に税金を追加する方法を求めました。

これを解決するために、 CS-Cart Multi-Vendor 4.14.1で補充残高の合計に税金を含める機能を追加し、「出品者から管理者への支払い」アドオンの設定で行うことができます。

新しい出品者の一般的な配送方法を自動的に有効にする

以前は、マーケットプレイスの管理者は、新しく登録された出品者ごとに、必要なすべての配送方法を手動で有効にする必要がありました。

このような面倒な作業を削減しようとしているため、バージョン4.14.1では、新しい出品者が配送方法を自動的に利用できるようにする機能を追加しました。

このシナリオは、フルフィルメントを提供せず、出品者が独自の配送方法を作成する必要がある場合に特に役立ちます。

配送方法の設定で、すべての新しい出品者が配送方法を自動的に利用できるようにします。

これを行うには、「すべての新規出品者に使用する」チェックボックスをオンにして、変更を保存します。

配送方法:すべての新規出品者に使用する
配送方法:すべての新規出品者に使用する

必要がない場合は配送を非表示にする

CS-Cart Multi-Vendor を使用すると、出品者が独自の配送方法を持っていない場合でも注文を行うことができます。

たとえば、一部の出品者がサービスやデジタル商品を販売したり、配送方法を追加し忘れたりした場合に発生します。

この場合、お客様は通常ページに送料が不要であるというデフォルトの警告を表示しますが、お客様を混乱させたり、注文を放棄させたりする可能性があります。

CS-Cart Multi-Vendor 4.14.1では、注文手続き時に商品の配送を必要としない出品者を非表示にすることができ、お客様に通知したい場合は、送料は不要の代わりに独自のテキストを設定できます。

これを行うには、「デザイン > レイアウト」に移動し、「注文手続き」タブに切り替えて、[配送方法]ブロックの設定を開き、ブロック設定で「送料が不要な製品の販売業者に関する情報を表示します」のチェックを外します。

アップデートが可能

CS-Cart Multi-Vendor 4.14.1は、Tilda統合や新しい「商品バンドル」アドオンなど、CS-Cart (単体のECサイト向けのプラットフォーム)での変更と改善も反映されています。

CS-Cart Multi-Vendor 4.14.1へのアップグレードはすでに利用可能です。

いつものようにリリース後の最初の数週間は限られた数のアップグレードパッケージを配布しますが、その後はその制限を解除します。

そのため、アップグレードセンターにこのアップグレードがまだ表示されない場合は、後でもう一度お試しください。

4.14.1. Service Pack 1がリリース

CS-Cart Multi-Vendor 4.14.1  Service Pack 1が2021年12月27日にリリースされ、以下の修正が行われました。

  • 「商品バンドル」「商品バリエーション」アドオンを有効にした場合、管理画面の商品一覧に商品コードが表示されない不具合を修正しました。
  • Stripeを使用した支払方法で Google Pay を使用した場合、注文が成立しないことがありました。
  • ある商品の数量をすべての倉庫から削除した場合、商品一覧ページで正しく表示されないことがありました。
  • PayPal Commerce Platformを使用した支払方法にサーチャージが指定されている場合、またはギフト券が適用されている場合、注文ができないことがありました。
  • お客様が出品者になったときに表示される通知に関連する問題:メール通知テンプレートの言語変数が欠落していました。
  • 出品者をストアフロントにリンクした場合、共通商品がストアフロント上に表示されないという問題がありました。
  • 出品者プランに関連した問題が発生しました。「【マーケットプレイスプラス】出品者のプラン: カテゴリー別取引手数料」アドオンに関連する問題として、商品を返品する際の支払額が正しくな いことがありました。

このアップグレードは、できるだけ早くインストールしてください。

ITを使った経営課題の解決でお困りではありませんか?

DXを始めとするITを使った経営課題の解決が上手くいっていない企業は数多くあります。

それは、単なるソリューションの導入や、社内人材への丸投げとなっており、課題解決がゴールになっていないからです。

そのためには、経営とITを理解した人材が、経営者層と共に取り組み、経営者の頭の中を可視化することが必須要件です。

現在、1時間の無料オンライン・コンサルティングを実施しております。

是非この機会にご相談ください。

構築予算が10分の1に

経営課題を解決するECサイト、越境ECサイト、BtoB ECサイト、マーケットプレイスを構築するならCS-Cartをご検討ください。

スポンサードサーチ