TIOBEインデックスで見る2021年12月のプログラミング言語人気ランキング

スポンサードサーチ

ソフトウェア品質の評価と追跡を専門とするオランダのTIOBEソフトウェアが毎月発表する「TIOBEプログラミングコミュニティーインデックス」(通称「TIOBEインデックス」)

このTIOBEインデックスからは、それぞれのプログラミング言語がどれだけ話題になっているかがわかりますが、2021年12月のデータは、以下の通り。

2021年12月2020年12月変化プログラミング言語レーティング変化
13changePython12.90%+0.69%
21changeC11.80%+4.69%
32changeJava10.12%-2.41%
44C++7.73%+0.82%
55C#6.40%+2.21%
66Visual Basic5.40%+1.48%
77JavaScript2.30%-0.06%
812changeAssembly language2.25%+0.91%
910changeSQL1.79%+0.26%
1013changeSwift1.76%+0.54%
119changeR1.58%-0.01%
128changePHP1.50%-0.62%
1323changeClassic Visual Basic1.27%+0.56%
1411changeGroovy1.23%-0.30%
1515Ruby1.16%-0.01%
1618changeDelphi/Object Pascal1.14%+0.27%
1732changeFortran1.04%+0.59%
1814changePerl0.96%-0.24%
1916changeGo0.95%-0.19%
2017changeMATLAB0.92%-0.19%

TIOBE Indexによると、C#が「language of the year」の候補に挙がっています。

この賞は、最も人気のある言語(Pythonがその王座を獲得)に与えられるのではなく、1年間で最も評価が上昇した言語に与えられ、現時点ではC#がこのタイトルの最有力候補となっています。

C#は、過去20年間トップ10入りしているにもかかわらず、一度も「TIOBE index programming language of the year award」を受賞したことがないのは興味深いことです。

C#の場合、12月のレポートでは+2.21%となっており、他社を大きく引き離しています。

確かに、この4年間は、PythonとC言語が交互にその栄誉を分け合ってきました。

2012年をピークに、C#は数年間低迷していましたたが、ここ数年で回復し、人気ランキングの第5位となりました。

今月のTIOBE Indexでその他の興味深い動きとしては、Swift(14位から10位)、R(15位から11位)、Kotlin(33位から26位)が挙げられます。

Paul Jansen CEO TIOBE Software

ITを使った経営課題の解決でお困りではありませんか?

DXを始めとするITを使った経営課題の解決が上手くいっていない企業は数多くあります。

それは、単なるソリューションの導入や、社内人材への丸投げとなっており、課題解決がゴールになっていないからです。

そのためには、経営とITを理解した人材が、経営者層と共に取り組み、経営者の頭の中を可視化することが必須要件です。

現在、1時間の無料オンライン・コンサルティングを実施しております。

是非この機会にご相談ください。

構築予算が10分の1に

経営課題を解決するECサイト、越境ECサイト、BtoB ECサイト、マーケットプレイスを構築するならCS-Cartをご検討ください。

スポンサードサーチ