TIOBEインデックスで見る2022年1月のプログラミング言語人気ランキング

スポンサードサーチ

ソフトウェア品質の評価と追跡を専門とするオランダのTIOBEソフトウェアが毎月発表する「TIOBEプログラミングコミュニティーインデックス」(通称「TIOBEインデックス」)

このTIOBEインデックスからは、それぞれのプログラミング言語がどれだけ話題になっているかがわかりますが、2022年1月のデータは、以下の通り。

2022年1月2021年1月変化プログラミング言語レーティング変化
13changePython13.58%+1.86%
21changeC12.44%-4.94%
32changeJava10.66%-1.30%
44C++8.29%+0.73%
55C#5.68%+1.73%
66Visual Basic4.74%+0.90%
77JavaScript2.09%-0.11%
811changeAssembly language1.85%+0.21%
912changeSQL1.80%+0.19%
1013changeSwift1.41%-0.02%
118changePHP1.40%-0.60%
129changeR1.25%-0.65%
1314changeGo1.04%-0.37%
1419changeDelphi/Object Pascal0.99%+0.20%
1520changeClassic Visual Basic0.98%+0.19%
1616MATLAB0.96%-0.19%
1710changeGroovy0.94%-0.90%
1815changeRuby0.88%-0.43%
1930changeFortran0.77%+0.31%
2017changePerl0.71%-0.31%

Python has won the prestigious TIOBE Programming Language of the Year award. Congratulations! This is the second time in a row. The award is given to the programming language that has gained the highest increase in ratings in one year. C# was on its way to get the title for the first time in history, but Python surpassed C# in the last month.

TIOBE Index for January 2022

Pythonが栄えあるTIOBE Programming Language of the Yearを受賞しました。おめでとうございます!これで2回連続の受賞です。この賞は、1年間で最も高い評価を得たプログラミング言語に贈られるものです。C#が史上初のタイトルを獲得する勢いでしたが、先月、PythonがC#を追い越しました。

Python started at position #3 of the TIOBE index at the beginning of 2021 and left both Java and C behind to become the number one of the TIOBE index. But Python’s popularity didn’t stop there. It is currently more than 1 percent ahead of the rest. Java’s all time record of 26.49% ratings in 2001 is still far away, but Python has it all to become the de facto standard programming language for many domains. There are no signs that Python’s triumphal march will stop soon.

TIOBE Index for January 2022

Pythonは2021年の初頭には、TIOBE Indexの3位からスタートし、JavaとCの両方を抜き去りTIOBE Indexの1位となりました。しかし、Pythonの人気はそれだけにとどまりませんでした。現在、1%以上の差をつけているのです。2001年にJavaが記録した26.49%のレートにはまだ遠く及びませんが、Pythonは多くのドメインで事実上の標準プログラミング言語となるだけの実力を備えてます。Pythonの勝利の行進がすぐに止まる気配はありません。

Are there any serious contenders for Python? Any new and shiny languages that might compete in the future? If we look at the promising languages of the last few years, we see the following changes in 2021: Swift from #13 to #10, Go from #14 to #13, Rust from #26 to #26, Julia from #23 to #28, Kotlin from #40 to #29, Dart from #25 to #37, and TypeScript from #42 to #49. So, except may be for Swift and Go, we don’t expect any new languages entering the top 5 or even the top 3 any time soon.

TIOBE Index for January 2022

Pythonの対抗馬はいるのでしょうか?将来的に競合する可能性のある、新しく輝く言語はあるのでしょうか?ここ数年の有望な言語を見てみると、2021年には以下のような変化が見らます。Swiftが13位から10位、Goが14位から13位、Rustが26位から26位、Juliaが23位から28位、Kotlinが40位から29位、Dartが25位から37位、TypeScriptが42位から49位となっています。つまり、SwiftとGoを除けば、トップ5やトップ3に新しい言語がすぐに入ることはなさそう、ということです。

ITを使った経営課題の解決でお困りではありませんか?

DXを始めとするITを使った経営課題の解決が上手くいっていない企業は数多くあります。

それは、単なるソリューションの導入や、社内人材への丸投げとなっており、課題解決がゴールになっていないからです。

そのためには、経営とITを理解した人材が、経営者層と共に取り組み、経営者の頭の中を可視化することが必須要件です。

現在、1時間の無料オンライン・コンサルティングを実施しております。

是非この機会にご相談ください。

構築予算が10分の1に

経営課題を解決するECサイト、越境ECサイト、BtoB ECサイト、マーケットプレイスを構築するならCS-Cartをご検討ください。

スポンサードサーチ