レビュー機能が改良されたCS-CartとMulti-Vendorの4.13.1がリリース

スポンサードサーチ

2021年5月31 日に、レビュー機能が改良されたCS-CartとMulti-Vendorの4.13.1がリリースがされました。

Meet CS-Cart 4.13.1 with New Product Reviews

Meet CS-Cart 4.13.1 with New Product Reviews
Meet CS-Cart 4.13.1 with New Product Reviews

主な変更点

CS-Cart 4.13.1 は、メジャーバージョンアップになります。

変更の完全なリストはドキュメントをご覧ください。

レビューに画像と長所・短所が追加

以前のCS-Cartでは、商品レビューは役に立ちましたが、基本的な機能しかありませんでした。

お客様は商品を評価したり、コメントを書き込んだりすることができますが、それだけでした。

フィードバックをいただいたおかげで、CS-Cart 4.13.1ではレビューに多くの改善が加えられました。

商品レビュー
商品レビュー

レビューには、画像と長所と短所を書けるようになりました (無効にもできます)。

管理画面で新しいレビューに関する通知を受け取って、すべてのお客様が見ることができるようにレビューへの返信を残すことができます。

この機能を使うには、アップグレード後に「コメントとレビュー」アドオンをインストールするだけです。

注文に関するレビューはメッセージ センターに移動しました

これまで、注文に関するお客様とのコミュニケーションは、「コメントとレビュー」アドオンによって処理されていましたが、継続的な双方向コミュニケーションのために「メッセージ センター」アドオンを作成しました。

このアドオンは、新しいメッセージに関する通知を提供し、各メッセージを表示します。

アップグレード後は、注文に関するすべてのメッセージがメッセージセンターに表示されます。

ただし、各注文のページから関連するコミュニケーションを表示することもできます。

改善されたアドオンのリスト

多くのCS-Cartユーザーは、さまざまな開発者によるアドオンを使用してECサイトの機能を拡張しています。

ECサイトにインストールされているアドオンが多すぎる場合、管理は少し難しくなります。 

そこで、アドオンのリストとアドオンの詳細ページを作り直し、次のことが簡単になりました:

オブジェクトの一括選択
オブジェクトの一括選択
  • 必要なアドオンを探す(検索、フィルター、お気に入りアドオンの機能を使用)。
  • アドオンで何ができるのかを知る(アドオンで導入されるメニュー項目のリストがあります)。

今後のバージョンでは、アドオンリストを改善していきます。最終的な目標は、サードパーティ製のアドオンを使用している場合でも、アップグレードを容易にすることです。理想的には、ボタンを1回クリックするだけで、インストールとそのすべてのアドオンをアップグレードできるようにすることです。

あらゆる場所で新しいオブジェクトの一括選択

CS-Cartを長くお使いの方は、商品一覧で商品の一括選択の仕組みが少し変わったことをご存知でしょう。

複数のオブジェクトを選択すると、利用可能なアクションの上部メニューが表示され、実行可能なアクションが表示されます。

CS-Cart 4.13.1では、このメニューを管理画面のすべてのリストに導入したことで、インターフェイスはより標準化され、操作が簡単になりました。

その他の変更点

  • IPによるお客様の国の判別精度が向上しました。
  • 「Googleエクスポート」アドオンに「“Product availability – 商品の在庫状況」という新しいフィールドが追加されました。在庫のある商品数量に応じて、フィード内の商品数量を「在庫あり」、「在庫切れ」、「入荷待ち」に自動的に設定します。
  • 「基本設定 > セキュリティ設定」のパスワードルールは、管理者だけでなく、お客様にも適用されるようになりました。お客様にも複雑なパスワードを使用させることで、ECサイトのセキュリティをもう一段階上げることができます。
  • jQuery UIがバージョン 1.12.1 に更新されました。検索エンジンはjQuery UIをより安全なものとみなし、あなたのECサイトをよりよく扱うようになるかもしれません。
  • PHP 8.0との互換性に関する問題も修正されています。CS-Cart でPHP 8.0を使用を推奨するのはまだ早いですが、早急に互換性を追加する予定です。
  • 管理画面でInternet Explorer 11 をサポートするために必要なスクリプトが削除されました。これにより、新しいブラウザでの管理画面の読み込みが速くなりました。
  • eNETSの支払い方法の統合を削除しました。これは私たちが軽々しく決めたことではありません。しかし、以前の統合はeNETSによってサポートされておらず、eNETSサイトの新しい技術的な制限により、バグのない統合ができませんでした。

アップデートが可能


CS-Cart 4.13.1へのアップグレードはすでに利用可能です。

いつものようにリリース後の最初の 2 週間は限られた数のアップグレード パッケージを配布しますが、その後はその制限を解除します。

そのため、アップグレードセンターにこのアップグレードがまだ表示されない場合は、後でもう一度お試しください。

CS-Cart 4.13.1.Service Pack 1

CS-Cart 4.13.1のリリース後に、CS-Cart 4.13.1.Service Pack 1が2021年6月3日にリリースされています。

CS-Cart 4.13.1 Service Pack 1では、Back-End Sign-In via Googleアドオンの問題が解決されています。(アドオンがアクティブな状態では、管理者が管理パネルにサインインできませんでした。)

CS-Cart 4.13.1.Service Pack 2

さらに、CS-Cart 4.13.1.Service Pack 2が2021年6月9日にリリースされています。

CS-Cart 4.13.1 Service Pack 2では、メールマガジンに関する問題が解決されています。(管理画面の購読者に、お客様が購読しているメールマガジンが表示されないという問題がありました。)

低コスト・短期間で独自ECサイトを構築できる「ファースト・ローンチ」

ファースト・ローンチ」の「CS-Cart」スタートプランは、多言語・多通貨対応ECパッケージ「CS-Cart」に、日本国内の配送業者に対応した「日本国内向け配送料金算」アドオンの導入と日本語対応、初期設定を行ってご提供しています。

スピード感のある独自ECサイト構築をしたい、BASEやShopifyでは物足りない、独自ECサイトを構築したい、という場合には是非「ファースト・ローンチ」をご検討ください。

ファースト・ローンチ 公式サイト

ITのことで、お困りではありませんか?

ITは、コンサルティングからプロジェクトを全体を見据えて実施しなければ上手くいきません。
リソース・シェアリングは、ITのコンシェルジュとして、クライアントにとっての最適解をご提案するコンサルティングから構築・運用・解析までをワンストップで対応できるITコンサルティング会社です。
ITに関してお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

ITプロジェクトで最適解を探すなら
御社にとって最適なWebサイト構築をするなら
失敗しないWebシステム開発をするなら
WordPressを活用したいなら
ECサイトを構築したいなら
越境ECサイトを構築したいなら
企業間取引向けECサイトを構築したいなら
マーケットプレス型ECサイトを構築したいなら
課題や事例から最適解を探すなら
リソース・シェアリングの実績
お問合せ

スポンサードサーチ