出品者関連機能が改善されたCS-Cart Multi-Vendor 4.12.1 がリリース

スポンサードサーチ

2020年12月1日にMulti-Vendor 4.12.1がリリースされました。

Meet Multi-Vendor 4.12.1 with Vendor-Related Improvements

Multi-Vendor 4.12.1
Multi-Vendor 4.12.1

出品者にも簡単になった商品インポート

Multi-Vendorを使用すると、出品者は商品をCSVファイルやXMLファイルでインポートができます。インポートプリセットは、ファイルのどの列または要素に製品に関する情報が含まれているかをMulti-Vendorに通知します。 

以前は、各出品者が独自のプリセットを設定する必要があり、別の出品者が同様のファイルを使用したとしても、各ベンダーは独自のものでした。プリセットの設定を手伝うこともできますが、同様のファイルを持っている他のベンダーについては、もう一度行う必要があります。

商品インポートの追加
商品インポートの追加

Multi-Vendor 4.12.1以降では、すべての出品者が利用できる共通のインポートプリセットを設定できます。Multi-Vendorにファイルのプリセットをセットすると、どの出品者でも同様のファイルをインポートできるようになります。出品者がプリセットを調整する必要がある場合は、出品者がコピーから共通のプリセットにすることができます。これにより、インポートは新規参加者と経験豊富な出品者の両方にとってより使いやすいものになります。

出品者管理画面のインポート
出品者管理画面のインポート

プリセットに関してHow To: Make Import Easier for Vendorsという記事があります。また、この機能を以下のビデオで紹介しています。

管理者と出品者間のコミュニケーション

「Ask seller a questio」Add-on(アドオン)を使用すると、以前はユーザーが商品について出品者に連絡することができました。

Multi-Vendor 4.12.1では、Add-on(アドオン)の名前を「Message center」に変更する必要がありました。これは、出品者とマーケットプレイス管理者のコミュニケーションという新しい機能が提供されるようになったためです。

Message center
Message center

出品者は、歯車ボタンを使用して管理画面の各種ページからマーケットプレイス管理者に連絡ができます。管理者には、出品者がどのページから連絡したかが表示され、管理者から出品者に対しても同様に機能します。そのため、出品者とマーケットプレイス管理者が特定の問題について話し合うのは簡単になりました。

Multi-Vendorの開発に関する以下のビデオレポートで、この改善は述べられています。

債務者管理の改善

Multi-Vendor 4.12.1では、「出品者の債務支払い」がほぼゼロから作り直されました。

What’s New in Dealing with Debtors in Multi-Vendor 4.12.1

Vendor-to-admin payments
Vendor-to-admin payments

出品者のプランには、独自の条件を設定できるようになりました。許容される債務金額と猶予期間です。

  • Suspend vendors if their balance remains below:残高が設定金額以下になると、出品者アカウントを一時停止します。
  • Grace period to refill balance:残高を補充するための猶予期間

出品料を支払っていない出品者(債務者)は、他の出品者とは異なる「一時停止」のステータスになります。

Actions on suspended vendors:一時停止の出品者に対するアクション

一時停止になった出品者を自動的に処理する方法を決定します:ECサイトから商品を非表示にしたり、管理画面をブロックしたりします。

  • Hide products of suspended vendors:停止されたベンダーの製品を非表示にします。
  • Block admin panel of suspended vendors:一時停止された出品者の管理画面をブロックします。
  • Disable suspended vendors after a while:しばらく一時停止中のベンダーを無効にします。
  • Time in days before a suspended vendor is disabled:一時停止となった出品者が無効になるまでの日数

Notifications :通知

  • Send weekly digest of suspended vendors:一時停止中の出品者のダイジェストを毎週送信します。
  • Notify vendors about upcoming suspension:今後の停止についてベンダーに出品者に通知します。
  • Notify admin about suspended vendors:一時停止になった出品者について管理者に通知します。
  • Notify vendors about their disabled account:無効になっているアカウントについて出品者に通知します。
  • Notify admin about disabled vendors:無効になっている出品者について管理者に通知します。

また、以下ののビデオレポートで、これらすべての改善について説明しましたが、それ以降にもいくつかの変更があったことに注意してください。たとえば、許容される債務金額と猶予期間は、デフォルトで設定されます。ただし、数回クリックするだけで、プランごとに構成可能にすることができます。

出品者向けのその他の機能:注文、返品、追加情報

追加機能の作成

以前、出品者はマーケットプレイスに存在する追加機能のみを使用できました。商品バリエーションを作成したい場合は、類似の機能であった機能とバリエーションを作成する必要がありました。

これが、出品者が独自機能を作成できるようになります。これを行うには、「基本設定」メニュの「出品者」をクリックし、「出品者が商品の機能を管理できるよう許可する」チェックボックスをオンにします。

詳しくは、How To: Allow Vendors to Add Featureをご覧ください。

出品者
出品者

注文と返品リクエストの管理

Multi-Vendor PlusとMulti-Vendor Ultimateを使用すると、出品者により多くの操作権限を与えることができます。たとえば、レイアウトを編集したり、ユーザーから直接支払いを受け取ったりできます。出品者が直接お金を受け取る場合、返品要求を処理することも理にかなっています。 

出品者のユーザーグループ
出品者のユーザーグループ

「Vendor privileges」Add-on(アドオン)を使用すると、出品者が返品要求にアクセスできるかどうかを決定できるようになりました。加えて、出品者が注文を作成したり、詳細を編集したりできるようにすることができます。

出品者のユーザーグループ:注文
出品者のユーザーグループ:注文

出品者評価用の新しいAdd-on(アドオン)

Multi-Vendor PlusとMulti-Vendor Ultimateには、「出品者評価」という新しいAdd-on(アドオン)があります。出品者をブロンズ、シルバー、ゴールドの各階層に自動的に分類できます。多くの基準があり、それらに基づいて独自式を指定できます。

出品者評価
出品者評価

その後、評価による出品者の並べ替えを有効にしてデフォルトの並べ替えにすると、ユーザーには評価が最も高い出品者の商品が最初に表示されます。これは、出品者が正しい行動をするのを促します。たとえば、ユーザーレビューが評価に大きな影響を与える場合、マーケットプレイスのユーザーに良い印象を与えることは出品者にとって最大の利益になります。

詳細はVendor Ratingをご覧ください。

新しく登録された出品者のデフォルトロゴ

「デザイン」メニューの「テーマ」で、マーケットプレイスのさまざまなロゴを1か所で設定できるようになりました。

デフォルトロゴ設定
デフォルトロゴ設定

ロゴの中には、「新しい出品者のデフォルトロゴ」が含まれています。以前は、ロゴを指定しなかった新しい出品者は、テーマのロゴかマーケットプレイスのロゴを取得していました。出品者が自前のロゴを設定しない場合には、登録時に取得するロゴを指定できるようになっています。

出品者が管理画面を見つけるのに役立つ下部のツールバー

以前、下部のツールバーはMulti-Vendorのデモで利用していました。これは、商品に精通していないユーザーに対して、管理画面や出品者用管理画面の場所を知らせる良い方法です。

Multi-Vendorのデモ画面
Multi-Vendorのデモ画面

これは、実際のマーケットプレイスでも同様のメリットがあると考えました。顧客が出品者になった場合、そのユーザーは出品者の管理画面にアクセスする方法さえ知らない可能性がありますが、出品者の管理者がECサイトのアカウントにサインインすると、すぐに違いがわかりどこに行けばよいかがわかります。

下部にツールバー
下部にツールバー

新しい出品者の承認フロー

Multi-Vendor 4.12.1より前のバージョンでは、新しく登録された出品者は「新規」ステータスに設定されました。マーケットプレイス管理者は、ステータスを「アクティブ」に変更してすぐにECサイトに表示するか、ステータスを「保留中」に変更してカタログに入力する時間を与えるか選択することができます。

Multi-Vendor 4.12.1では、承認が必要なベンダーを区別するのがはるかに簡単で、確認する必要のある出品者の横には、ステータスの代わりに「イイネ」ボタンと「イマイチ」ボタンが表示されます。 

出品者の承認
出品者の承認

デフォルトでは、「イイネ」をクリックすると、出品者のステータスが「有効」(「出品者データ設定」Add-on(アドオン)を使用している場合は出品者が以前持っていたステータス)に変更されます。

出品者データ設定
出品者データ設定

この承認フローは簡単で、追加の手順は必要ありません。ただし、承認後に新しい出品者に「保留」ステータスを設定する場合は、「基本設定」メニューの「出品者」をクリックし、「2ステップで出品者を承認」にチェックを入れます。

出品者
出品者

迅速な出品者プランの作成

出品者ごとに異なる条件を設定したいが、様々なプランの用意がない場合に対応するための変更。

以前は、出品者編集ページを離れ、プランのリストに移動し、プランを作成して設定してから、出品者編集ページに戻って割り当てる必要がありました。

Multi-Vendor 4.12.1では、出品者プランを作成し、出品者編集ページからプランのプロパティを指定できます。

PayPal Commerce Platformのアップデート

PayPal Commerce Platformは、マーケットプレイスが支払いを受け取り、関係する出品者間で自動的に収益を分配するためのソリューションです。これは比較的新しいソリューションであるため、まだ開発と改善が行われています。PayPal側で変更があったため、Multi-Vendor 4.12.1は「Partner integration code」という新しいフィールドを追加する必要がありました。

PayPal Commerce Platform
PayPal Commerce Platform

マーケットプレイスごとに異なる設定(Multi-Vendor Ultimate)

Multi-Vendor Ultimateを使用すると、マーケットプレイスを拡張できます。複数のマーケットプレイスを作成し、さまざまな国やターゲットユーザーに合わせて複数のマーケットプレイスの設定ができますが、そのためいくつかの設定をストアフロントから行うことが重要です。

このために多くのアプリケーションが用意されています。

以下のスクリーンショットは、国ごとに異なる重量測定の単位を指定できることを示しています。

重量測定の単位を指定
重量測定の単位を指定

この機能がどのように機能するかについては、以下ののビデオレポートをご覧ください。

出品者から税金を徴収する

米国では、多くの州にmarketplace facilitator laws.があります。詳細は異なる場合がありますが、ケースによってはマーケットプレイスが出品者から税金を徴収し、出品者に代わって税金を送金する責任を負うという考え方です。他の国でも同様の規制があったり、将来採用される可能性があります。

そのため、Multi-Vendor 4.12.1の「出品者のプラン」Add-on(アドオン)に「出品者から税金を徴収する」という新しい設定を追加しました。

出品者のプラン
出品者のプラン

有効にすると、徴収された税金は出品者の収益として表示されず、代わりにマーケットプレイスの収益として表示されます。

アップデートが可能

Multi-Vendor 4.11.5へのアップグレードは、すでに利用可能ですが、いつものように最初の数週間は、利用可能なアップグレードの数を制限して提供されます。

アップグレードセンターでアップグレードが表示されない場合は、後ほどお試しください。

ITを使った経営課題の解決でお困りではありませんか?

DXを始めとするITを使った経営課題の解決が上手くいっていない企業は数多くあります。

それは、単なるソリューションの導入や、社内人材への丸投げとなっており、課題解決がゴールになっていないからです。

そのためには、経営とITを理解した人材が、経営者層と共に取り組み、経営者の頭の中を可視化することが必須要件です。

現在、1時間の無料オンライン・コンサルティングを実施しております。

是非この機会にご相談ください。

構築予算が10分の1に

経営課題を解決するECサイト、越境ECサイト、BtoB ECサイト、マーケットプレイスを構築するならCS-Cartをご検討ください。

スポンサードサーチ