越境ECに対応したECサイトが構築できるCS-CartとMulti-Vendorの4.7.3がリリース

スポンサードサーチ

2018年3月28日に、CS-CartとMulti-Venderの4.7.3がリリースされました。

CS-Cart & Multi-Vendor 4.7.3 Are Here

CS-Cart & Multi-Vendor 4.7.3
CS-Cart & Multi-Vendor 4.7.3

変更点

今回のバージョンはパッチリリースであるため、ほとんどの内容がバグ修正となっていますが、ベータ版のAdd-on(アドオン)が追加されています。

[Beta]というタグ付きのAdd-on(アドオン)は、主な機能が実装され、テストされていますが、重要性の低い機能はまだ存在しない可能性があります。

また、[Beta]Add-on(アドオン)は、標準ではインストールされません。

バージョン4.7.3では、このような2つのアドオンが追加されています。

Advanced Products Import [Beta]

このAdd-on(アドオン)は、サプライヤーから提供された商品データの定期的な更新と、複数の商品のプロパティの変更へ対応をしています。

Responsive Admin Panel [Beta]

このAdd-on(アドオン)は、レスポンシブな管理画面が利用できるものです。

CS-Cart Multi-Vendorの改良

ベンダー自身のメールアドレスで送信するか、マーケットプレイスのメールアドレスで送信するかの選択が可能に

以前は、注文状況の変更に関するメールは常にベンダー自身のメールアドレスから送信されていましたが、一部のSMTPサーバー経由だとメールが送信されないことがあります。

そのため、マーケットプレイスのメールアドレスから[設定]→[メール]にベンダーのメールを送信するという新しい設定が追加されました。

ベンダー編集ページのサイドバーにベンダーの統計情報を表示

情報はリンクとして表示され、リンクをクリックすることにより関連するデータを含むページが開きます。

バグの修正

バージョン4.7.3で修正されたいくつかのバグは、以下の通り。

  • 不完全なステータスの注文からクレジットカード情報を削除
  • ゲストユーザーで全てのゲストユーザーの返品が見える
  • ベンダーの管理者は、ベンダーのインポートとエクスポートにアクセスできる
  • 製品のSEOスニペットに関するいくつかの問題

完全なバグの修正リストを見るには、changelogをご覧ください。

ITを使った経営課題の解決でお困りではありませんか?

DXを始めとするITを使った経営課題の解決が上手くいっていない企業は数多くあります。

それは、単なるソリューションの導入や、社内人材への丸投げとなっており、課題解決がゴールになっていないからです。

そのためには、経営とITを理解した人材が、経営者層と共に取り組み、経営者の頭の中を可視化することが必須要件です。

現在、1時間の無料オンライン・コンサルティングを実施しております。

是非この機会にご相談ください。

構築予算が10分の1に

経営課題を解決するECサイト、越境ECサイト、BtoB ECサイト、マーケットプレイスを構築するならCS-Cartをご検討ください。

スポンサードサーチ