スポンサードサーチ

情報処理推進機構(IPA)セキュリティセンターとJPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)により株式会社イーシーキューブが提供するEC-CUBE公式プラグインの「帳票出力プラグイン」「メルマガ管理プラグイン」「カテゴリコンテンツプラグイン」では、それぞれ「CVE-2021-20742」「CVE-2021-20743」「CVE-2021-20744」の脆弱性が存在することが報告されています。

株式会社イーシーキューブが提供する複数の EC-CUBE 用プラグインには、複数のクロスサイトスクリプティングの脆弱性が存在します。

JVN#57524494 複数のイーシーキューブ製 EC-CUBE 用プラグインにおける複数のクロスサイトスクリプティングの脆弱性

これら3件に関しては、開発者によると、本脆弱性は EC-CUBE 3.0.0 から 3.0.8 の環境でのみ発生し、EC-CUBE 3.0.9 以降では発生しないとのことですが、これらのバージョンを利用されている方は、至急対応が必要となっています。

クロスサイトスクリプティング(XSS)脆弱性

想定される影響は各脆弱性により異なりますが、次のような影響を受ける可能性があります。

  • 当該製品で作成された EC サイトにおいて、攻撃者が特定の入力欄にスクリプトを入力することにより、EC サイトの管理者のウェブブラウザ上で任意のスクリプトが実行される – CVE-2021-20742
  • 攻撃者が当該製品のユーザを細工したページに誘導し、特定の操作を実行させることにより、ユーザのウェブブラウザ上で任意のスクリプトが実行される – CVE-2021-20743
  • 攻撃者が当該製品の管理者またはユーザを細工したページに誘導し、特定の操作を実行させることにより、管理者またはユーザのウェブブラウザ上で任意のスクリプトが実行される – CVE-2021-20744

対応方法

対応方法として、プラグインの修正バージョンが提供されています。

管理画面のオーナーズストアより、プラグインを最新版へアップデートしてください。

月額9,900円で独自ECサイトを構築できる「ファースト・ローンチ」

ファースト・ローンチ」の「CS-Cart」スタートプランは、月額9,900円で多言語・多通貨対応ECサイト構築パッケージ「CS-Cart」に、日本国内の配送業者に対応した「日本国内向け配送料金算」アドオンの導入と日本語対応、初期設定を行ってご提供しています。

スピード感のある独自ECサイト構築をしたい、BASEやShopifyでは物足りない、独自ECサイトを構築したい、という場合には是非「ファースト・ローンチ」をご検討ください。

ファースト・ローンチ 公式サイト

ITのことで、お困りではありませんか?

ITは、コンサルティングからプロジェクトを全体を見据えて実施しなければ上手くいきません。
リソース・シェアリングは、ITのコンシェルジュとして、クライアントにとっての最適解をご提案するコンサルティングから構築・運用・解析までをワンストップで対応できるITコンサルティング会社です。
ITに関してお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

ITプロジェクトで最適解を探すなら
御社にとって最適なWebサイト構築をするなら
失敗しないWebシステム開発をするなら
WordPressを活用したいなら
ECサイトを構築したいなら
越境ECサイトを構築したいなら
企業間取引向けECサイトを構築したいなら
マーケットプレス型ECサイトを構築したいなら
課題や事例から最適解を探すなら
リソース・シェアリングの実績
お問合せ

スポンサードサーチ