スポンサードサーチ

ビジネスモデルのB2C、B2B、B2B2Cの違いとECサイト構築におけるメリットとデメリット企業間取引業務をEC化するB2B ECに必要な5つの機能とは?で、B2B ECサイトについてご紹介をしたきました。

今回は、実際にB2B ECサイトを構築する際に選択できるB2B ECサイト構築プラットフォームについて、CS-Cartの公式ブログで、Top 10 B2B eCommerce Platforms in 2020(2020年度版B2B ECプラットフォームのトップ10)という記事からご紹介します。

各レビューには、アメリカのソフトウエア・レビューサイトのCapeterraの評価も掲載しており、商品名の変更や最新のランキングに合わせて元記事とは変えています。

アメリカのフォレスター・リサーチの2019年1月28日のレポートによると、米国のB2B ECは2023年までに1.8兆ドルの規模に達すると予測されています。

Forrester forecasts that US B2B eCommerce will reach $1.8 trillion and account for 17% of all B2B sales in the US by 2023. 

US B2B eCommerce Will Hit $1.8 Trillion By 2023

これは、アメリカすべてのB2Bの売上17%を占めることとなり、今後5年間で毎年10%ずつ成長します。

しかし、これは驚くような話ではありません。

若い起業家は、自分がオンラインで買い物をするように、会社のためにも手間をかけずに製品を購入したいと考えています。彼らは何十ものサプライヤーとつながり、電話で何時間も話し、大量の会計書類に埋もれることを望んでいません。B2B ECは、この購入ルーチンから起業家を救うことができます。そのため、B2B ECが非常に人気となっています。

この記事では、最も人気のあるB2B ECプラットフォームの簡単なレビューを行います。B2B ECを計画している場合は、この候補リストを保存して、各EC サイト構築プラットフォームをテストし、ニーズにぴったり合うものを選択してください。

B2B ECに必須の機能

企業間取引では、ECサイトに特別な機能が求められます。B2B ECサイトには、企業の購入プロセスを自動化するための特定の機能が必要です。そのため、B2B ECサイトを構築するプラットフォームを選択するときは、少なくとも次の機能を備えていることを確認してください。

  • 柔軟な価格設定ツール:企業は通常、一度に大量の製品を購入し、定期的にも購入します。取引レベル(取引階層)に基づいて、購入者に数量割引と企業別割引を提供することが重要です。B2B ECでは、購入者がECサイトで費やした金額に応じて、さまざまな割引や特権、割引を持たせたユーザーグループに対応する必要があります。
  • 価格表の簡単ダウンロード:注文をする前に、担当者は上長から購入する製品と価格の承認を得る必要があります。そのため、担当者は自社に適用される価格で価格表をすばやくダウンロードできる必要があります。
  • 製品をまとめて注文する便利な方法:B2B ECでは、製品をまとめて注文できる便利な機能を提供する必要があります。カートにテレビ50台と3種類の暖房ボイラー20台を入れる必要があるとします。ECサイトがこれに対応する機能を提供していない場合は、カートに追加するためだけに時間を費やしてしまいます。
  • B2B ECの運用体制:通常、企業での購入プロセスには複数の人が関与するため、組織内のユーザーを統合できる機能が必要です。これに対し、B2B ECの管理者は、担当者、マーケター、会計士などの役割に応じたユーザーを追加でき、それらはすべて異なるユーザーとして1つのアカウントで作業できます。
  • 許可されていないユーザーを排除:価格が載った商品カタログを詮索好きな目から隠し、ECサイトへのアクセスは登録されている購入者にのみに限定する。これにより、競合他社からの不正な活動から守り、新規購入者に節度ある行動を促します。
  • サードパーティサービスとの統合:最新のCRMやERP、会計、分析サービスは、ビジネスパフォーマンスを大幅に向上させることができます。将来のB2B ECに強力なAPIがあり、サードパーティのビジネスサービスと統合できるかを確認してください。
  • 便利な注文:一部の起業家は、ECサイトから自社製品を購入することに慣れておらず、通常、電話で注文します。このような場合、ECサイトの管理者は電話で顧客と話して、管理画面で注文を作成できることが重要です。
  • 簡単な再注文:会社が定期的に消耗品を購入する場合はどうなりますか?彼らがあなたのeコマースサイトで買い物をするたびに彼らに注文を形成させないでください。会社は、ワンクリックで同じ商品を同じ数の商品で再注文できるはずです。
  • 複数の店先。企業と個人の両方に販売する場合は、マルチストア機能がオンラインストアに必須です。複数の異なるストアを運営しているかのように、ストアフロントを個別に構成できるはずです。

1. CS-Cart B2B&B2C

CS-Cart B2B&B2Cは、あらゆる規模の卸売業者および製造業者向けの自己ホスト型B2B ECサイト構築ソフトウェアです。このプラットフォームは2005年に一般公開され、現在では世界中の35,000を超えるB2CおよびB2B ECサイトで利用されています。CS-Cartは、機能の豊富さと使いやすさに重点を置いています。

CS-Cartは豊富な機能に重点を置いているため、上記のすべての機能に加えて、B2Bの購入者に真のB2Cショッピング体験を提供するためのより多くの機能を備えています。CS-Cartの強力なAPIを使用すると、多くの最新サードパーティのCRMやERP、会計、分析システムと統合できるため、完全に機能するB2Bエコシステムを構築できます。

また、CS-Cart B2B&B2Cには、個別ECサイトを無制限に追加できる機能が付属しています。つまり、動作と外観が異なるB2B ECサイトとB2C ECサイトをいくつも作成して、単一の管理画面で管理できるということです。

CS-Cartは自己ホスト型B2B ECサイト構築ソフトウエアで、サーバにインストールするためにはいくつかの技術的知識が必要になる可能性があります。導入を簡単にするために、CS-Cartはインストール手順とサーバ要件を含む詳細なドキュメントを提供しています。CS-Cartは、自己ホスト型の性質のおかげで、B2B ECサイトに必要な機能を完全に管理できます。SaaSソリューションをレンタルするのではなく所有します。

CS-Cartのユーザーは、使いやすさと優れた価格と機能のバランスを高く評価しています。彼らはそのクリーンな設計とオープンソースコードが大好きです。

ECサイトが大幅にカスタマイズされている場合やサーバが要件を満たしていない場合の複雑なアップグレードプロセスについては、いくつかの不満(CS-Cart B2B & B2C Reviews)はあります。ユーザーはまた、デフォルトで用意されているECサイトのデザインは少し時代遅れだと言います。

Capterra評価:4.6

2. Magento B2B eCommerce

Magentoは、2007年にリリースされたオープンソースのeコマースソフトウェアです。世界で最も人気のあるeコマースシステムの1つになりましたが、一方で最も複雑なものの1つです。B2Cソフトウェアから始まり、後にB2Bセグメントに適応しました。

また、2018年にAdobe社に買収されました。

ライセンス形態としては、無償で利用できるOpen Souce版(旧Community Edition)と有償のMagento Commerce版(旧Enterprise Edition)、同じく有償のMagento Commerce Cloud版が存在します。

Magentoは非常に堅牢なプラットフォームで、必要に応じてカスタマイズできますが、これには賛否両論があります。MagentoをベースにしたB2B ECサイトは非常に柔軟で機能豊富にすることができますが、ECサイトをカスタマイズしてサポートするには、技術に精通したプログラマーのチームが必要になり、このことはより多くの支出が必要となることを意味します。

Magento for B2Bには、上記の必須機能のほとんどすべてが備わっていますが、残念ながら、Magentoのインターフェイスの複雑さについてユーザーからの不満はあります。また、Magentoをライブで使用するには、構成に多くの時間がかかると言われています。

Capterra評価:4.3

3. BigCommerce B2B Ecommerce

BigCommerceは、SaaSeコマースソリューションとして2009年に設立されました。主なメリットは、手間のかからないインストール(クラウドベースのテクノロジーによる)、強力なAPI、およびハイブリッドビジネスを実行する機能で、単一のWebサイトを通じて企業と個人の両方に販売ができます。

ただし、いくつかの制限があります。例えば、クラウドベースのモデルでは、ユーザーはカスタマイズの自由度があまり高くありません。さらに、ECサイトを自社で完全に管理することはできません。BigCommerceに何かトラブルが発生した場合には、あなたのECサイトにも影響が出ます。

BigCommerceがB2BとB2Cのハイブリッドビジネスを実行する機能を提供しているのは素晴らしく、さまざまな権限を持つ顧客グループを作成して、企業と個人を別々に管理できます。ただし、CS-Cartとは異なりBigCommerceでは同じECサイトで企業と個人両方に販売を行います。また、CS-Cart B2B&B2Cは複数ECサイトをサポートしており、B2BとB2Cに別々のECサイトを作成して機能させ、まったく異なる外観にすることができます。

BigCommerceMagentoよりも簡単ですが、機能が複雑なため習得するには時間がかかります。豊富なドキュメントは、初心者がプラットフォームを学ぶのに大いに役立ちます。

フォーラムでは、BigCommerceは初心者や中小企業には優れたソリューションであると言われています。悪いカスタマーサービスについてのユーザーの苦情(Trustpilot:BigCommerceはたくさんあります。完璧なカスタマーサービスはありませんね。

Capterra評価:4.3

4. OROCommerce

OROCommerceは、OroCRMを開発しているOro Inc.が販売するB2CモデルとB2Bモデルの両方をサポートするB2B ECサイト構築です。開発者は、彼らのプラットフォームはB2Xシナリオにも適していると言っています。これは複雑なソフトウェアであり、大規模な卸売会社や企業に適しています。

OROCommerceは、市場で最も柔軟なB2B ECソリューションの1つです。これには、企業アカウント、ユーザー権限、複数の価格表、ビジネスシステムと統合するための優れたAPI、堅牢なプロモーションシステム、購入者別カタログと価格など、必須のB2B機能がすべて備わっています。

OROCommerceは、独自のCRMシステムOroCRMと元々統合されているため、顧客の連絡先を整理し、顧客とのやり取りのワークフローを調整できます。B2B ECサイトには間違いなくCRMが必要なので、これは優れた組込み機能です。

プラットフォームの柔軟性と複雑さのため、操作と開発にはあまり透明性はありません。ユーザーは、OROCommerceに慣れるにはトレーニングが必要だと言っており(OroCommerce Reviews)、開発者は開発ドキュメントの不足について不満を持っています。また、Webサイトには価格が載っていないため、直接会社に連絡するまで、OROCommerceでB2B ECを開始するのにどれくらいの費用がかかるかはわかりません。

Capterra評価:4.7

5. 3dcart B2B eCommerce Solution

3dcartは、2001年に一般公開されました。現在はクラウドベースのeコマースソリューションで、展開とセットアップは簡単ですが、ビジネスニーズの変更に対する適応は難しいものがあります。3dcartは、B2CとB2B ECソリューションを提供しています。

3dcart B2Bはクラウドベースであり、技術的なスキルが必要がないため、B2B ECサイトを立ち上げるのは非常に簡単です。しかし、他のSaaSプラットフォームと同じ制限があり、CS-Cartなどの自己ホスト型ソリューションと同じ自由度とスケーラビリティを提供することはできません。

3dcartの優れた点は、複数のECサイトと高度な価格表管理機能を除いて、B2B顧客にとって必須の機能のほとんどすべてを備えていることです。

3dcartのカスタマーサービスについては多くの苦情があり(Trustpilot:3dcart)、一部のユーザーは質の悪い3dcartサポートスタッフのために多くのお金を失ったと言います。このプラットフォームは機能が豊富ですが、悪いカスタマーサービスはそれをすべて台無しにする可能性があります。

Capterra評価:4.4

6. X-Cart B2B eCommerce

X-Cartは2000年に一般公開された、最初のPHPショッピングカートソフトウェアでした。X-Cartは、後にEcwidをリリースしたロシアのソフトウェア開発会社によって開発されました。X-Cartは、クラウドとダウンロード可能なソリューションの両方を提供しています。

X-Cartは、B2CとB2Bの両方のビジネスモデルに適していますが、B2CとB2Bの機能に明確な区分はありません。このソリューションには、堅牢なベンダー管理システムやプロモーション、評価システム、支払い分配システム、その他のECサイトに必須の機能があります。

しかし、B2B ECサイトにとってより重要なのは、X-CartnChannelSegmentなどの一般的なビジネスシステムと根本から統合されていることです。この統合により、プラットフォームの周りに効果的なB2Bエコシステムを構築できます。

X-Cartの主な欠点は、B2CとB2B ECで別々に使用できる十分なB2Bに必要な機能と複数ECサイト機能がないことです。複雑なB2B ECサイトで使用できるようにするには、プラットフォームをカスタマイズする必要があります。

ユーザーレビュー(X-Cart Reviews)は一般的には問題ありませんが、多くのお客様は、問題の解決、ソフトウェアの複雑さ、機能と優れたカスタマーサービスの欠如、解決に役立たないテクニカルサポートを嫌っています。

Capterra評価:4.4

7. Quickbooks Commerce

Quickbooks Commerceは、企業間販売のシンプルさと自動化に焦点を当てたB2B ECソフトウェアで、急成長している卸売業者や流通業者、ECブランド、製造業者を対象としています。クラウドベースのソリューションであり、技術的な懸念は少なくなりますが、自由度も少なくなります。

Quickbooks Commerceは、個別価格、企業別価格表、許可されていないユーザーから製品と価格を隠す機能、簡単な注文と再注文、倉庫、プロモーションなど、B2B ECに必要な機能のリストにあるほぼすべての機能をサポートしています。

このソリューションには、プロセスをよりよく理解し、必要に応じて調整できるレポートおよび分析ツールが組み込まれています。含まれていないように見える唯一のものは、ハイブリッドビジネスモデルのための複数ECサイトを構築できるマルチストア機能です。

ほとんどのユーザーはQuickbooks Commerceに満足しており、そのシンプルさと優れたカスタマーサポートを高く評価しています。一時的な速度低下(SaaSソリューションであるかどうかに関係なく)、機能の欠如、バックエンド設計の頻繁な変更、および高額の月々の支払いについては、いくつかの不満(QuickBooks Commerce Reviews)があります。

Capterra評価:4.3

8.Episerver B2B CommerceCloud

Episerver B2B CommerceCloudは、製造業者および販売業者向けに特化したB2B ECソフトウェアで、Episerverは1994年に米国で設立されました。これはSaaSプラットフォームで、展開と保守は簡単ですが(会社が代行)、カスタマイズとスケーリングが難しい場合があります。

以前はInsiteCommerceという名前で販売されていましたが、現在はEpiserverに名前が変わっています。

Episerver B2B CommerceCloudは、強力なAPIを持っており、プラットフォームはCRMとERPのシステムと統合できます。このB2B ECソフトウェアは、迅速な再注文、請求書作成と注文ステータスを備えた高度な注文管理システム、見積機能、組込みで特化した配送オプションなど、いくつかの便利なB2B機能を備えています。

残念ながら、このプラットフォームには、この記事の冒頭で説明した主要なB2B機能がすべて備わっているわけではないため、カスタム機能を追加してカスタマイズする必要がある場合があります。クラウドベースのテクノロジーを考慮すると、こここが最終的に問題になる可能性があります。うまくいけば、「統合アーキテクチャ」はある程度のスケーリングを可能にします。

Web上のEpiserver B2B CommerceCloudに関するユーザーの声はそれほど多くありません。ほとんど問題ありませんが、ユーザーは非常に長い学習曲線、コストのかかるアップグレード、サードパーティのパートナーへの依存について不満を持っています。

Capterra評価:4(ただし、現在はCapeterraに評価なし)

9. Pepperi B2B eCommerce

Pepperi B2B eCommerceは、大企業や企業向けのB2B販売プラットフォームです。これはクラウドベースのB2B ECシステムであり、クラウドベースのモデルには上で述べたような長所と短所があります。SaaSeコマースWebサイトは常に展開とサポートが簡単ですが、完全に管理ができるわけではありません。

Pepperi B2B eCommerceは、柔軟なAPIを介してCRMやERPのシステムと簡単に統合できるオムニチャネルB2Bソリューションです。卸売の顧客にB2Cのような体験を提供するための多くの組込み機能があります。すばらしいカタログのデザイン、便利な支払いと配送のオプション、特別価格、価格表の管理、通知などです。

Pepperi B2B eCommerceの重要な機能の1つは、モバイルフレンドリーな点です。オフラインデータをサポートするAndroidとiOS向けのネイティブモバイルアプリを提供しています。ユーザーはまた、Pepperi B2B eCommerceのWebとモバイルインターフェースを賞賛しています。

ユーザーは概してPepperi B2B eCommerceに満足していますが、金曜日と土曜日には利用できないひどいカスタマーサポートと、遅れた(ただし美しいが)ユーザーインターフェースに苦言を呈する(Pepperi Reviews)人もいます。

Capterra評価:4.4

10.NetSuite SuitCommerce

OracleのNetSuite SuiteCommerceは、オンラインショップや実店舗など、複数の販売チャネルを持つ企業を対象としたB2B ECソフトウェアです。NetSuite SuiteCommerceの豊富な機能や複雑なシステムは、大企業や企業向けとなっています。プラットフォームは、長所と短所を備えたクラウドベースです。

NetSuite SuiteCommerceは、複数チャネルで動作する機能を提供しています。ユーザーは、非常に用途が広く、強力な課金ツールを持っていると言います。CRMやERP、その他のビジネスソフトウェアと統合し、複数の店舗、見積機能、プロモーション、個人価格、その他必須のB2B機能をサポートしています。

NetSuite SuiteCommerceの重要な機能は、マルチチャネル対応です。これにより、オンラインストア、倉庫、実店舗、流通業者、製造業者、チャネルパートナーを単一のエコシステムに接続できます。

欠点として、ユーザーは、不十分なカスタマーサービスとテクニカルサポート、機能とインターフェイスの複雑さ、および非常に長い学習曲線について言及(NetSuite SuiteCommerce Reviews)しています

Capterra評価:2.8

どれを選択すべきか?

企業間取引に使うB2B ECソフトウェアを選択することは、便利で効果的なB2B ECエコシステムを確立するための非常に重要なステップですので、賢明な選択をすべきです。

覚えておいてください:あなたのビジネス向けに完璧なプラットフォームはありません。ビジネスプロセスとゴールを実現するためには、多かれ少なかれカスタマイズする必要があります。したがって、B2B ECソフトウェアを決定する前に、このリストから各ベンダーに連絡し、デモをリクエストして、プラットフォームをカスタマイズおよびスケーリングできることを確認してください

その場合には、CS-Cart B2B&B2Cから始めて、リストを順番に移動します。

CS-Cartは、フォームから申し込むだけで使えるパーソナルデモが用意されており、インストールをすれば無料で15日間試してみることができます。

日本語化されていない

Top 10 B2B eCommerce Platforms in 2020(2020年度版B2B ECプラットフォームのトップ10)をご紹介しましたが、取り上げたものはCS-CartMagento以外は日本語化されていません。

日本語のWebサイトが用意されているMagentoについても、独自で日本語化対応が必要で、日本語で使う事を考えた場合にはこれらのリストの中では選択肢がCS-Cartのみになっています。

ITのことで、お困りではありませんか?

ITは、コンサルティングからプロジェクトを全体を見据えて実施しなければ上手くいきません。
リソース・シェアリングは、ITのコンシェルジュとして、クライアントにとっての最適解をご提案するコンサルティングから構築・運用・解析までをワンストップで対応できるITコンサルティング会社です。
ITに関してお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

ITプロジェクトで最適解を探すなら
御社にとって最適なWebサイト構築をするなら
失敗しないWebシステム開発をするなら
WordPressを活用したいなら
ECサイトを構築したいなら
越境ECサイトを構築したいなら
企業間取引向けECサイトを構築したいなら
マーケットプレス型ECサイトを構築したいなら
課題や事例から最適解を探すなら
リソース・シェアリングの実績
お問合せ

スポンサードサーチ