「独身の日」のアリババグループと京東グループの大手2社の流通総額が合計で6兆円を超え

公開日: 2018/11/15 更新日: 2018/11/15
カテゴリー: EC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国のEC市場が盛り上がる11月11日の「独身の日」ですが、アリババグループと京東グループの大手2社の流通総額が、合計で6兆円を超えたそうです。

日本ネット経済新聞:〈中国EC「独身の日」〉 大手2社で6兆円超販売/日本は越境EC首位を維持

中国のEC市場が盛況を極める11月11日の「独身の日(W11)」では、アリババグループと京東グループの大手2社のECモールの流通総額(GMV)が、合計で6兆円を超えた。

「独身の日」とは?

独身の日は正しくは「光棍節(こうこんせつ)」と呼ばれ、光棍は中国語では「独身者」という意味です。

これに、「春節」などで使われる中国の祝日の意味を表す「節」がついていますが、「光棍節」は中国の公式の祝日ではありません。

11月11日は1が4つ並ぶ、つまり独り者の日だということで、中国語で独身者を表す「光棍」の祝日だとして言われはじめましたのが始まりのようです。

この日には、元々独身者同志が集まってパーティーを開いたり、独身者が結婚相手を探したりといった、様々な活動が行われていたもののようですが、アリババグループが「双11」と名付けて「独身の皆さん、買い物を楽しみましょう」と呼びかけ、セールを開始したのが爆発的なヒットとなったようです。

中国越境ECの市場は大きくなっていっている

アリババグループの越境ECサイト「天猫国際」における流通総額が最も高かった国は、日本だったようです。

ネットショップ担当者フォーラム:アリババ「独身の日」、越境ECの流通額1位は日本、輸入ブランドでは2位にMoony、3位に花王

アリババが運営する越境ECサイト「天猫国際(Tmall Global)」の、「独身の日」における国・地域ごとの流通総額のベスト10は、1位が日本、2位は米国、3位以下は韓国、オーストラリア、ドイツ、英国、フランス、スペイン、ニュージーランド、イタリアと続いた。

また、この記事の中に書かれているように、輸入ブランドの流通総額の2位に「Moony」、3位に「花王」が入っています。

輸入ブランドの流通総額ベスト10は、1位から「Swisse」「Moony」「花王」「Aptamil」「Bio Island」「a 2」「MartiDerm」「A.H.C」「Elta MD」「Move Free」。

さらに以下の記事によると、国際ブランドを購入した消費者は4割もいたことから、口コミが台頭する中国のショッピング市場ではブランドが重要な要素だというのがわかります。

トラベルボイス:中国ネット商戦「独身の日」、アリババは記録更新の3兆円超え、取引国のトップ5に日本も、国際ブランドを購入した消費者は4割

消費者の約4割が、アップル、ダイソン、キンドル、アディダスといった国際ブランドで購入。

タグ: , , , , , ,