BtoC向けECサイト構築をライセンス費無料でできるCS-Cart Freeがリリース

スポンサードサーチ

2022年6月2日に、BtoC向けECサイト構築をライセンス費無料でできる CS-Cart Free がリリースされました。

CS-Cart Free
CS-Cart Free

CS-Cart Freeとは?


CS-Cart Free は、BtoC型のECサイトを構築するための専用パッケージです。

有償版のハイブリッドECパッケージ CS-Cart との違いとしては、一部機能制限がされている点と、サポートが別途有償で提供される、というものがあります。

有償版のハイブリッドECパッケージ CS-Cart との違いについては、CS-Cart 機能比較表をご覧ください。

CS-Cart Free を利用するメリットとしては、以下のものがあります。

  • コードが開示されている
  • CS-Cart チームによる有償サポートが受けられる
  • 有償版と一緒に更新が行われる
  • Marketplaceで公開されているアドオンとテーマが利用できる
  • 有償版の CS-Cart の各種ドキュメントが用意されており学習コストが低い
  • 初期コストが低く抑えられる

CS-Cart Free の導入に向いている状況は?

CS-Cart Free は、以下のようなECサイトを構築する場合に最適です。

  • 少ない商品点数でECサイトを始める
  • 新しい市場に参入する
  • ビジネスの仮説を検証する
  • ビジネスをオンライン化する
  • 新しいニッチ・マーケットにアプローチする

CS-Cart Free を利用するのに向いている人は?

CS-Cart Free は、自分でPHPなどを使って開発ができる開発者や小規模なWeb開発会社に最適です。

開発者は、オープンソースECパッケージのEC-CUBEやPrestaShop、OpenCart、WooCommerceと同様に、初期構築時のライセンス費用を節約できます。

また、有償版の CS-Cart と同様に CS-Cart が公式にライセンス提供をしておりますので、他のオープンソースECパッケージのように、ECパッケージのメンテナンスに頭を悩ませる必要はありません。

しかし、他のオープンソースECパッケージと同じく、カスタマイズやソフトウェアのバグへの対応は自分たちで対応する必要があります。

このように、初期費用を抑えるためにオープンソースECパッケージを検討しているが、安心して利用でき、豊富な機能も利用したい、というニーズに応えられるのが CS-Cart Free です。

CS-Cart Freeのお問合せやダウンロードは公式サイトから

CS-Cart Freeのお問合せやダウンロードは、CS-Cart Free 公式サイトから行ってください。

CS-Cart Free に対するお問合せ対応やサポートをリソース・シェアリングで行う場合には、有償となりますのでご注意ください。

ITを使った経営課題の解決でお困りではありませんか?

DXを始めとするITを使った経営課題の解決が上手くいっていない企業は数多くあります。

それは、単なるソリューションの導入や、社内人材への丸投げとなっており、課題解決がゴールになっていないからです。

そのためには、経営とITを理解した人材が、経営者層と共に取り組み、経営者の頭の中を可視化することが必須要件です。

現在、1時間の無料オンライン・コンサルティングを実施しております。

是非この機会にご相談ください。

構築予算が10分の1に

経営課題を解決するECサイト、越境ECサイト、BtoB ECサイト、マーケットプレイスを構築するならCS-Cartをご検討ください。

スポンサードサーチ