投稿

EC-CUBE:税率設定

2021年4月1日から、商品の価格表示においては、消費税を含めた総額表示が必要となります。

もっと読む
PrestaShop

オープンソースのECサイト構築パッケージは、日本ではEC-CUBEの利用が今までは多かったのですが、最近ではWordPressを開発するAutomatic社が2015年に買収したWooCommerceがかなり伸びています。

もっと読む

日本においては、オープンソースのECサイト構築パッケージと言えばEC-CUBEが人気があり、EC-CUBEを提供している株式会社イーシーキューブによると、推定35,000店舗が稼働しているようです。

もっと読む
日本に限定

CS-Cartで自社ECサイトを1日で作る方法 その1の続きです。

もっと読む

【2021年度保存版】一目でわかるEC-CUBEとWooCommerce、CS-Carの機能比較一覧表の中で比較をしたCS-Cartは、CMSとマーケティング機能が標準で付いているために、ECサイトの構築と運用までCS-Cartだけで完結することができます。

もっと読む

あまりシステムに詳しくない方でも、Webサイトやシステム開発の話の中で、オープンソース(open source)という言葉を聞いたことがあると思います。

もっと読む

ASPやSaaSを使ったECサイトで機能が物足りなくなった段階で、自社で独自ECサイトを構築する事が検討されると思います。

その際に検討の俎上に良くあがるのが、オープンソースの無料で使えるということでEC-CUBEWooCommerceだと思います。

そこで、今回はEC-CUBEWooCommerceに、元々オープンソースであった多言語・多通貨にも対応しているCS-Cartを加えた機能一覧表による機能比較を行ってみたいと思います。

もっと読む

WordPressには会員登録機能が標準で用意されていますが、クローズドな会員サイトを構築するためには標準機能では難しいため、Plugin(プラグイン)を使うのが一般的です。

しかし、クローズドな会員サイトを構築できるPlugin(プラグイン)は数多くあり、どれを選べばいいのか判断をするのが難しいものがあるため、今回改めて調査をしてみました。

調査に当たっては、企業がサービス利用者に向けクローズドな会員サイトを構築する事を想定した、以下の与件を設定して検証を行いました。

  1. 独自ログイン機能:ログインや新規登録、編集機能がWordPressのデフォルト画面とは別に作れるか
  2. 権限グループ管理機能:WordPressの既存権限グループ以外の権限グループを複数設定でき管理ができるか
  3. 権限グループ閲覧権限管理機能:権限グループ毎にメニューやコンテンツの閲覧が制限できるか
  4. 権限グループ編集権限管理機能:権限グループ毎に投稿や編集内容が制限できるか
  5. カスタマイズ:カスタマイズの自由度は高いか

特に、購入前ユーザーや購入後ユーザー、プレミアムユーザーなどの権限グループがあり、権限グループ毎に編集機能や閲覧できるコンテンツが設定できる事を重視しました。

ちなみに、WordPressが持つ既存の権限グループとは、管理者(administrator)、編集者(editor)、投稿者(author)、寄稿者(contributor)、購読者(subscriber)になります。

もっと読む

新型コロナウイルス感染症の蔓延による外出自粛により、ECサイトを利用して買い物をするのは当たり前となりました。

もっと読む

2017年7月11日に、WooCommerce 3.1.1がリリースされました。

もっと読む

2017年5月16日に、アマゾンがワイン頒布会「Amazonワインクラブ」をスタートとさせるとのプレスリリースがありました。

もっと読む

スマートフォンやタブレットのイヤフォンジャックに四角形のカードリーダーを挿し込む事でクレジットカード決済端末として利用できるようにするサービスを提供している「Square」が、2017年5月9日に「Eコマース API」と「POS API」を含む6つのAPI群を日本でも利用できるよう開放しました。

もっと読む

WordPressでECサイトを作る場合、日本ではWelcartが有名ですが、海外では圧倒的な人気を誇るのがWooCommerceです。

WooCommerce
WooCommerce

このWooCommerceが、WordPress を生み出したAutomattic社に買収されました。

もっと読む