スポンサードサーチ

新型コロナウイルス感染症の蔓延による外出自粛により、ECサイトを利用して買い物をするのは当たり前となりました。

また、対面型のビジネスができなくなったことで、あらゆるところでオンラインシフトが進み、今までのビジネスモデルから転換を求められるようになった企業も数多くあります。

これにより、ECサイトの構築や運用の需要は急速に高まっています。

一方、ECサイトの構築手段も多様化し、マーケットプレイスやASP、オープンソース、パッケージ、フルスクラッチと様々な選択肢がある中で、自社にマッチするサービスやパッケージをどのように選べばいいのかで悩んでいるケースが非常に多くあります。

しかし、ECサイトの構築サービスや構築方法は、大きく分けて5つに分ける事ができ、どの構築方法を選ぶべきかは、「何を重視するのか?」とそれぞれのサービスや構築方法毎のメリットとデメリットだけでなく、利用目的、自社の状況、予算などで自然と決まって来ます。

そこで、今回は5つのECサイト構築方法の特徴と失敗しない選び方についてお話しします。

5つのECサイト構築方法

まず、最初に5つのECサイト構築方法としては、大きく分けて以下の5つが上げられます。

  1. マーケットプレイスへの出店
  2. ASP(Application Service Provider)
  3. オープンソースパッケージ
  4. 有償パッケージ
  5. フルスクラッチ

マーケットプレイスへの出店

マーケットプレイスとは、楽天市場やYahoo!ショッピング、Amazonマーケットプレイスのような、ショッピングモール型のECサイトを指しています。

その中の「Amazon出品サービス‎」は、Amazonに商品を並べて販売するもので、Amazonにアカウント開設の申込みをすれば、それだけで商品を販売し始められます。

AmazonのWebサイトでは商品を検索した場合、Amazonが直接販売している商品と出店社が販売している商品が出てくきます。

この、後者の商品が「Amazon出品サービス‎」で出品が行われています。

Amazon出品サービス‎
Amazon出品サービス‎

この「Amazon出品サービス‎」というのは、Amazonですでに販売中の商品であれば、在庫数と価格などの最低限の情報の入力のみで販売開始ができます。

マーケットプレイスに出店するメリット

マーケットプレイスに出店する一番のメリットは、マーケットプレイスの集客力を使えるという点です。

また、ECサイトの構築をしなくても、販売する商品と写真、販売価格だけ決めればインターネットで商品を売ることができます。

さらに、代金回収や商品ページへの集客はマーケットプレイスが全て行ってくれますし、Amazonならフルフィルメント by Amazon (FBA)というサービスを使えば、商品配送やカスタマーサービスも代行してくれます。

マーケットプレイスに出店するデメリット

マーケットプレイスに出店するデメリットは、マーケットプレイスに商品を出品するだけですので、Weサイトのデザインは変更できませんし、購入者は「楽天で購入した」、「Amazonで購入した」という認識になってしまいます。

また、商品の性能や価格は簡単に比較がされますし、色々と楽な反面、手数料が高い点や、今まで売れていた商品がいきなり売れなくなる、という事もあり、販売戦略が立てにくいというのもデメリットとしてあげられます。

さらに、インターネット上での集客はしなくてもいいのですが、マーケットプレイス内には同様な商品を扱っている競合も多数いるため、マーケットプレイス内で自分の商品ページを見てもらうために、広告や楽天SEO、Amazon SEOというようなことをしないと、出品をしても売れない、ということもあります。

マーケットプレイスで販売するのに向いている商品とは?

このため、マーケットプレイスに出店して販売するのに向いている商品というのは実は限られます。

  • 商品自体の機能性に違いはないが、価格比較だけで購入される商品を、他社よりも安く販売できる場合
  • 本やゲーム、家電製品など、市場が価値を判断しやすく、価格比較で購入がされる商品を、他社よりも安く販売できる場合
  • 商品自体の機能性に明確に違いがあり、マーケットプレイス内での評価が高い商品を販売できる場合
  • 商品自体の機能性に明確な違いがあり、非常に稀にしか出ない多品種の商品を販売する場合
  • 食品や嗜好品など、マーケットプレイス内の売上ランキングなどに反応して購買が増える商品

マーケットプレイスは、メリットで上げたようにマーケットプレイスの集客力が利用できるというのが一番のメリットであり、ここから下のASP、オープンソースパッケージ、パッケージ、フルスクラッチは、自分で自社ECサイトへの集客を行わないといけない、という点が大きな分かれ目になります。

ASP(Application Service Provider)

ASP(Application Service Provider)は、アプリケーションをオンライン上で貸し出してくれるサービスです。

ECのASPでは、専用のオンライン・サービスとして提供されているものから、ECパッケージを月額料金で支払ってレンタルの形でクラウドで使えるものまで、様々な形態のものが用意されていますので、サーバの購入・構築コストやシステム構築コストを考えずに、低コストでECサイトの構築・運用ができます。

楽天市場やYahoo!ショッピングなどのショッピングモールは、正しくはASPとは異なりますが、独自ドメインでの運用ができない部分や各ショッピングモールでの検索や流入がある点を除けば、サイト構築の負荷や運用コストの部分においてASPと近い部分があります。

また、今流行りのShopifyはSaaS(Software as a Service)になると思いますが、システムを貸し出してくれるという点では一種のASPと言えるでしょう。

ASPでのECサイト構築のメリット

ASPでのECサイト構築のメリットとしては、ASP業者にアカウントを開設して設定をするだけで、最初から一定の機能が揃った独自のECサイトが構築できますので、比較的短期間に低コストで自社ECサイト構築をしたい企業にとっては魅力的なサービスです。

また、マーケットプレイスに出店する場合よりも、デザインなどの自由度が高くなります。

マーケットプレイスとは異なり、独自ドメインでの利用ができるものも多いため、オープンソースパッケージやパッケージ、フルスクラッチへと進むに際しても、独自ドメインを継続して使えるというはメリットになります。

さらに、BASEやSTORESなどのショッピングカートシステムでは、初期費用や月額費用が無料のものがありますので、コストを抑えて出店する事ができます。

ASPでのECサイト構築のデメリット

一方、ASPでのECサイト構築のデメリットとしては、最初から用意されたもの以外の機能について、企業独自でカスタマイズをしたいと思った際には別途費用が発生したり、自由度が低く対応ができない場合が多い点です。

また、ASPの場合には、独自ドメインが使えるのが商品詳細ページまでで、ショッピングカートなどはASPのURLに飛んでしまう、というものも多数あります。

この場合、Google Analyticsでの計測がそこで途切れてしまうため、本格的なWeb解析を行いたい場合には、ASPは利用できません。

オープンソースパッケージ

オープンソースとは、ソフトウェアのソースコードを無償で公開し、誰でも自由に改良・再配布ができるようにしたソフトウェアのことで、ECのオープンソースの場合、日本のEC-CUBEがこのオープンソースパッケージにあたります。

また海外のオープンソースパッケージとしては、WordPressのPluginであるWooCommerceや越境ECに対応したMagentoPrestaShopなどがあります。

オープンソースパッケージでは、ECサイト構築に必要な一定の機能が最初から用意されており、カスタマイズについてもある程度対応ができるようにつくらているため、オープンソースパッケージが動くサーバを用意するだけで、独自ECサイトの構築・運用ができます。

オープンソースパッケージでのECサイト構築のメリット

オープンソースパッケージでのECサイト構築の一番のメリットは、ライセンスの費用がかかりませんので、導入にあたってライセンス部分における初期コストや運用コストが大幅にカットできるという点です。

また、最初からECサイトの構築・運用のための機能がある程度用意されており、テンプレートやPlugin(プラグイン)などが用意されているパッケージの場合には、欲しい機能を加えた形でECサイト構築と運用ができます。

さらに、自分達が使いやすいように、デザインや機能の開発を行うのも自由ですので、外部のシステムとの連携も比較的容易に行えます。

ソースコードが公開されていることで、WordPressのように開発者が多いパッケージの場合、脆弱性やバグについて、短期間で発見されたり、対応が行われる可能性もあります。

オープンソースパッケージでのECサイト構築のデメリット

一方、オープンソースパッケージでのECサイト構築の一番のデメリットは、無料で利用できて自由度が高い代わりに、開発ベンダーからの保守はなく、自己責任で何事も対応をする必要があるという点です。

そのため、オープンソースパッケージで障害が発生したり、セキュリティ面で問題が発生した場合に、脆弱性やアップデートの対応を行うためには、自社内で対応できる人材を確保するか、そのパッケージに詳しい企業に依頼をして構築や保守を行う必要があります。

さらに、デザインやシステムの自由度が高いオープンソースのパッケージは、インストールしただけではECサイトとしてデザインもされておらず、そのままでは利用できないものが殆どのため、ECサイトとして公開できるまでに、時間がかかる点があります。

有償パッケージ

有償パッケージは、各社パッケージ・ベンダーがECサイトの構築・運用に必要だと思う機能を用意し、開発から保守運用までを有償で提供しているECのシステムです。

パッケージ・ベンダーは常にバージョンアップを行い、新たな機能追加を常に続けていますので、多彩な機能がパッケージの中に既に用意されており、用意されていない機能についても柔軟なカスタマイズが可能で、デザイン面の自由度も高くなっています。

有償パッケージでのECサイト構築のメリット

有償パッケージでのECサイト構築のメリットは、大抵オープンソースパッケージよりも基本機能の部分で多機能なものが多く、必要な機能が含まれている場合には、オープンソースパッケージよりも安くECサイト構築ができる可能性があります。

また、デザインカスタマイズの自由度や、システムの拡張性もオープンソースのパッケージよりも高くなっている事があります。

さらに、システム保守費が別途必要になりますが、パッケージ・ベンダー自身が行いますので、オープンソースパッケージのように自己責任で対応をしなければいけないという事はなく、自社内で対応する人員の確保できない企業にとっては、安心して使えます。

他にも、ソースコードが開示されていない分、システムの脆弱性を狙われる可能性も低い点はあり、修正についてもパッケージ・ベンダー自身が対応を行ってくれます。

有償パッケージでのECサイト構築のデメリット

一方、有償パッケージでのECサイト構築のデメリットは、高機能なパッケージであるために、ライセンス費や保守費といったコストはかなり高額となるのが一般的です。

また、動作する環境が限られる場合もあり、有償パッケージを動かすサーバの構築や保守についても、大きなコストがかかってくる場合もあります。

さらに、カスタマイズを行う場合にも対応できる会社が限られたり、内容によってはかなり高額になるケースがある上、要件定義から構築・運用までにはかなり時間がかかるのが一般的です。

他にも、有償パッケージの場合には、バージョンアップは通常有料で行うのが一般的であるため、バージョンアップに対しても費用がかかります。

ハイブリッド・パッケージ

見てきたように、オープンソースパッケージにも、有償パッケージにも、それぞれメリットもデメリットもあるのですが、これの良いところ取りをしたハイブリッド・パッケージも存在します。

多言語・多通貨に対応し、BtoC ECだけでなく、BtoB EC、マーケットプレイスサイトの構築もできるECサイト構築パッケージのCS-Cartがハイブリッド・パッケージにあたり、有償パッケージですが価格は安く、元々オープンソースとしてスタートしているため、ソースコードは開示されており、開発元のサポートも用意されています。

フルスクラッチ

フルスクラッチとは、オープンソースや有償パッケージを使わず、一からECサイトを構築する手法です。

フルスクラッチでのECサイト構築のメリット

フルスクラッチでのECサイト構築の場合、全く一からの構築となるため、必要となる機能やデザインだけでなく、画面遷移や決済手段などを、やりたいと思った事はほぼ全て実現することができ、様々なシステムとの連携も全て受け入れる事が可能です。

また、膨大なアクセスが想定される事態に対しても、最初から想定した形で設計ができますので、理論的にはどういった要件でも対応することが可能となります。

フルスクラッチでのECサイト構築のデメリット

一方、フルスクラッチでのECサイト構築のデメリットは、既存システムのリプレースであっても、基本的には何もない状態からの構築となるため、構築期間が長くなり、それに伴い構築費用も高くなる傾向があります。

さらに、ASPやオープンソースパッケージ、有償パッケージによるECサイト構築では、開発ベンダーの良し悪しによって品質がかなり変わってきますが、フルスクラッチの場合には業務フローの策定なども含めた構築コンサルティングから要件定義をきっちり行なって、途中での仕様変更ができるだけ発生しない状態で構築まで進めていく必要があります。

そのため、コンサルティングから要件定義、設計、開発での経験が豊富なベンダーを選ぶために、より慎重なベンダー選定が重要となり、そこまで対応できるベンダーの数が絞られてしまい、選択肢が限られるというのもデメリットです。

ECサイトの構築・運用を踏まえた設計が重要

以上のように、5つのECサイト構築方法とそれぞれのメリット・デメリットを上げてきました。

この5つの選択を簡単にまとめると、Amazon出品サービスでは「商品を販売することに特化する」ことに注力し、ASPでは、「ECサイトの構築・運用を理解して次にどう繋げるか?」を考え、初期導入コストをかけて行なって行くオープンソース以降では、「ECサイトの構築・運用をやってきて次に何を重視するのか?」が導入サービス決定のポイントとなります。

これは、ECサイトの構築は単なるスタートでしかなく、商品を販売して売上をあげ続ける運用が本当の目的であり、運用を踏まえたシステム選定と設計が大変重要だからです。

新規立ち上げやECの経験がない場合はAmazon出品サービスやASPから

ここから考えると、売上が少ない場合や新規事業、ECの構築・運用ノウハウがない場合は、まずAmazon出品サービスで商品を飯場してみたり、導入・運用コストが低価格で機能がある程度揃っているASPを選択するのがおすすめですし、足りない機能についてはシステム開発ではなく業務フローで対応する事を意識する必要があります。

これは予算のかけられないECサイトのスタート時点では、予想で必要な機能要件を決めるのではなく、実際の運用の中で問題点を洗い出していって将来的なシステム導入に備える、という形が合理的だからです。

業務フローで対応できなくなった段階で次の選択へ

ECサイトをASPで運営する中で売上が増え、取り扱い商品点数や顧客数、販売件数が膨大になってきたり、社内業務フローが複雑になって効率が悪くなってきた場合には、次の選択に進む段階と考えるべきです。

その段階で、オープンソースパッケージや有償パッケージ、フルスクラッチからの選択となりますが、ASPで洗い出した課題を解決し、売上を増やすためには何を重視するかを検討する事によって、この次の選択は大きく変わります。

さらに、オープンソースパッケージや有償パッケージを選択する場合には、足りない機能を全てカスタマイズする前提で考えるよりも、ASPを使っていた時と同じように、デフォルト機能でどこまでできるのかを考え、必要な部分のみをカスタマイズする方向で考える方が、導入期間もコスト面もメリットが大きい事を理解しておきましょう。

オープンソースパッケージや有償パッケージ、フルスクラッチは自由度が高いため、すぐにカスタマイズの方向に走りがちですが、ECサイトは商品を販売する事が目的であり、カスタマイズをしたからと言って大きく売上が上がることがないからです。

常に、「自社の商品をユーザーに売るためには何が必要なのか?」を考えて、必要要件を決めるようにすれば、システム選定での失敗は最小限に抑えられるはずです。

オープンソースパッケージや有償パッケージ、フルスクラッチ選択における注意点

実際にオープンソースパッケージや有償パッケージ、フルスクラッチでのECサイト構築を行うにあたっては、必要となる予算や期間が大きく変わってきます。

そのために、まずはECサイト構築の目的や事業規模、運用予算、達成目標といったポイントをもとに、ECサイト事業における事業戦略を立案して、それに見合った予算を確保し、そこから開発手法を選択する必要があります。

システムの減価償却としては約5年から7年が一般的とされていますし、システムの利用実態から行くと5年程度で事業規模や業務フローの問題などで見直しが入るのが当然です。

そのため、おのずとその事業戦略内容と想定されるロードバマップによって取るべき開発手法も決まってきます。

リソース・シェアリングでは、ECサイトおよび越境ECのコンサルティングから構築・運用・解析まで、長年に渡る経験からワンストップでご提供しております。

ASPからフルスクラッチまで対応が可能ですので、ECサイトの構築・運用でお悩みの際にはぜひお声がけください。

ITのことで、お困りではありませんか?

ITは、コンサルティングからプロジェクトを全体を見据えて実施しなければ上手くいきません。
リソース・シェアリングは、ITのコンシェルジュとして、クライアントにとっての最適解をご提案するコンサルティングから構築・運用・解析までをワンストップで対応できるITコンサルティング会社です。
ITに関してお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

ITプロジェクトで最適解を探すなら
御社にとって最適なWebサイト構築をするなら
失敗しないWebシステム開発をするなら
WordPressを活用したいなら
ECサイトを構築したいなら
越境ECサイトを構築したいなら
企業間取引向けECサイトを構築したいなら
マーケットプレス型ECサイトを構築したいなら
課題や事例から最適解を探すなら
リソース・シェアリングの実績
お問合せ

スポンサードサーチ