スポンサードサーチ

WordPressでECサイトを作る場合、日本ではWelcartが有名ですが、海外では圧倒的な人気を誇るのがWooCommerceです。

WooCommerce
WooCommerce

このWooCommerceが、WordPress を生み出したAutomattic社に買収されました。

日本では知名度が低いWooCommerce

今回の買収により、日本でも注目を集める事になると思われますが、WooCommerceの現状はGoogleトレンドで見るとこんな感じ。

単独でECサイトが構築できるEC-CUBEもWordPressのPluginを出していますので比較には入れてみましたが、日本国内ではEC-CUBEWelcartWooCommerceを上回っています。

これに対して、世界全体で見るとこんな感じで、WooCommerceの一人勝ちです。

これは、WooCommerceが日本語に公式対応していなかった事が原因だと思われます。

日本語対応すると普及が進む

WooCommerceAutomattic社に買収されたことで、日本語の公式対応が進むかもしれません。

では、WooCommerceを使うメリットは何かというと、決済では標準でPayPalがサポート、他の決済サービスの追加が簡単、クーポン発行が可能、配送管理、在庫管理というように、オンラインストア運営に必要な機能がかなり充実しており、ECモール機能まで付いています。

ただし、これは日本のWelcartEC-CUBEでも充実していますし、機能によってはMagentoPrestaShopのような専用パッケージの方がいいかもしれませんので、自分にとって必要な機能がない限り、急いで飛びつくものでもありません。

しかし、Automattic社で公式サポートされるという事は、WordPressとの親和性が高いと考えられますので、日本語化がされると爆発的に広がる可能性があるでしょう。

WooCommerceフッター
WooCommerceフッター

WooCommerceのフッターも既にAutomattic社になっていますね。

これから、WooCommerceがどうなるか、目が離せなくなってきました。

ITのことで、お困りではありませんか?

ITは、コンサルティングからプロジェクトを全体を見据えて実施しなければ上手くいきません。
リソース・シェアリングは、ITのコンシェルジュとして、クライアントにとっての最適解をご提案するコンサルティングから構築・運用・解析までをワンストップで対応できるITコンサルティング会社です。
ITに関してお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

ITプロジェクトで最適解を探すなら
御社にとって最適なWebサイト構築をするなら
失敗しないWebシステム開発をするなら
WordPressを活用したいなら
ECサイトを構築したいなら
越境ECサイトを構築したいなら
企業間取引向けECサイトを構築したいなら
マーケットプレス型ECサイトを構築したいなら
課題や事例から最適解を探すなら
リソース・シェアリングの実績
お問合せ

スポンサードサーチ