LINEが指定のURLにアクセスすればグループビデオ通話に参加できる「LINEミーティング」を発表

スポンサードサーチ

2020年8月6日にLINEが運営するコミュニケーションアプリ「LINE」で、指定のURLにアクセスすればグループ通話に参加できる「LINEミーティング」の提供を開始しました。

「LINEミーティング」とは?

LINEミーティング
LINEミーティング

「LINEミーティング」は、グループや複数人トークをベースとしているグループビデオ通話に、トークを作らずともURLにアクセスすれば、最大500名でグループビデオ通話ができる新機能

ミーティング作成者はトークルームから2ステップでURLを発行し、URLを通じてLINEの友だちを招待するか、友だちとのトークにURLをシェアして、参加者にミーティングを開催することを伝え、参加者はミーティング開催時間に、指定のURLにアクセスグループするだけでグループ通話に参加ができます。

「LINEミーティング」では、スマートフォンの画面をシェアしたり、YouTubeを一緒に見ることができる「みんなで見る」機能や、エフェクトやフィルターを利用することもでき、エフェクトやフィルターは、別のアプリをダウンロードせずとも、スマートフォン版では106種類のエフェクト、41種類のフィルター、パソコン版では12種類のフィルターを利用可能。

「LINEミーティングは、18歳未満と年齢認証を経ていないユーザーは利用できません。

年齢確認のPOPUP
年齢確認のPOPUP

また、迷惑行為対策として32桁以上の複雑なミーティングURLを設定、URL以外の経路で通話に参加ができないような仕様となっており、URLを知らないユーザーが参加できないような仕組みとなっています。

さらに、意図しないユーザーが参加したり、迷惑行為をするユーザーがいた場合、強制的にグループ通話から退出をさせることができる「Kick out」機能も用意されています。

ITを使った経営課題の解決でお困りではありませんか?

DXを始めとするITを使った経営課題の解決が上手くいっていない企業は数多くあります。

それは、単なるソリューションの導入や、社内人材への丸投げとなっており、課題解決がゴールになっていないからです。

そのためには、経営とITを理解した人材が、経営者層と共に取り組み、経営者の頭の中を可視化することが必須要件です。

現在、1時間の無料オンライン・コンサルティングを実施しております。

是非この機会にご相談ください。

構築予算が10分の1に

経営課題を解決するECサイト、越境ECサイト、BtoB ECサイト、マーケットプレイスを構築するならCS-Cartをご検討ください。

スポンサードサーチ