三菱東京UFJ銀行のWebサイトが注意喚起をしすぎて詐欺サイトみたいに

スポンサードサーチ

2014年01月29に「三菱東京UFJ銀行を騙った詐欺メールのWebサイトは本物そっくりだった」というエントリーをアップしましたが、あれから後も相変わず詐欺メールは届いてます。

これに業を煮やしたのか、三菱東京UFJ銀行の本物のWebサイト自体がすごいことになっていました。

三菱東京UFJ銀行の本物のWebサイト
三菱東京UFJ銀行の本物のWebサイト

注意喚起をしすぎて逆に怪しい

トップページには、工事現場にあるような黒と黄色のバーで「重要なお知らせ」と表示し、その下に最近では見る事の無い右から左に流れるテキストが二つ流れています。

銀行の落ち着いた上部のデザインとの違和感がものすごいですね。

インパクトが強すぎてクリックしたくないですが、上部の流れているリンクをクリックすると以下の「パスワードを入力させる偽メールが届いても、絶対に入力しないでください!」ページが開きます。

「パスワードを入力させる偽メールが届いても、絶対に入力しないでください!」ページ
「パスワードを入力させる偽メールが届いても、絶対に入力しないでください!」ページ

また、下部の流れているリンクをクリックすると以下の「インターネットバンキング専用の無料ウィルス対策ソフト「Rapport(ラポート)」のご案内」が開きます。

「インターネットバンキング専用の 無料ウィルス対策ソフト「Rapport(ラポート)」のご案内」ページ
「インターネットバンキング専用の 無料ウィルス対策ソフト「Rapport(ラポート)」のご案内」ページ

注意喚起をしたい気持ちは大変よくわかるのですが、正しいドメインにも関わらず一見詐欺サイトかと思ってちょっとビックリするデザインですね。

ITを使った経営課題の解決でお困りではありませんか?

DXを始めとするITを使った経営課題の解決が上手くいっていない企業は数多くあります。

それは、単なるソリューションの導入や、社内人材への丸投げとなっており、課題解決がゴールになっていないからです。

そのためには、経営とITを理解した人材が、経営者層と共に取り組み、経営者の頭の中を可視化することが必須要件です。

現在、1時間の無料オンライン・コンサルティングを実施しております。

是非この機会にご相談ください。

構築予算が10分の1に

経営課題を解決するECサイト、越境ECサイト、BtoB ECサイト、マーケットプレイスを構築するならCS-Cartをご検討ください。

スポンサードサーチ