TIOBEインデックスで見る2021年5月のプログラミング言語人気ランキング

スポンサードサーチ

ソフトウェア品質の評価と追跡を専門とするオランダのTIOBEソフトウェアが毎月発表する「TIOBEプログラミングコミュニティーインデックス」(通称「TIOBEインデックス」)

このTIOBEインデックスからは、それぞれのプログラミング言語がどれだけ話題になっているかがわかりますが、2021年5月のデータは、以下の通り。

2021年5月2020年5月変化プログラミング言語レーティング変化
11C13.38%-3.68%
23changePython11.87%+2.75%
32changeJava11.74%-4.54%
44C++7.81%+1.69%
55C#4.41%+0.12%
66Visual Basic4.02%-0.16%
77JavaScript2.45%-0.23%
814changeAssembly language2.43%+1.31%
98changePHP1.86%-0.63%
109changeSQL1.71%-0.38%
1115changeRuby1.50%+0.48%
1217changeClassic Visual Basic1.41%+0.53%
1310changeR1.38%-0.46%
1438changeGroovy1.25%+0.96%
1513changeMATLAB1.23%+0.06%
1612changeGo1.22%-0.05%
1723changeDelphi/Object Pascal1.21%+0.60%
1811changeSwift1.14%-0.65%
1918changePerl1.04%+0.16%
2034changeFortran0.83%+0.51%

Last November Python briefly swapped positions with Java for the second position in the TIOBE index, and this month Python strikes again. The difference is only 0.11%, but it is reasonable to assume that Python will keep its second position for a longer time now. It might be even heading for the first place of the TIOBE index in the next half year, because C is (just like Java) losing popularity. Elsewhere in the index, Rust is trying to get back in the top 20 and Dart and Julia are also moving upwards. — Paul Jansen CEO TIOBE Software

TIOBE Index for May 2021

昨年11月、PythonはTIOBEインデックスで二位であったものをJavaと簡単に交換し、今月はPythonが再び一撃を加えました。違いはわずか0.11%ですが、Pythonが2位をより長く維持すると想定するのは妥当です。Cは(Javaと同じように)人気を失っているので、次の半年でTIOBEインデックスの1位になるかもしれません。インデックスの他の場所では、Rustがトップ20に戻ろうとしており、DartとJuliaも上昇しています。

Paul Jansen CEO TIOBE Software

ITを使った経営課題の解決でお困りではありませんか?

DXを始めとするITを使った経営課題の解決が上手くいっていない企業は数多くあります。

それは、単なるソリューションの導入や、社内人材への丸投げとなっており、課題解決がゴールになっていないからです。

そのためには、経営とITを理解した人材が、経営者層と共に取り組み、経営者の頭の中を可視化することが必須要件です。

現在、1時間の無料オンライン・コンサルティングを実施しております。

是非この機会にご相談ください。

構築予算が10分の1に

経営課題を解決するECサイト、越境ECサイト、BtoB ECサイト、マーケットプレイスを構築するならCS-Cartをご検討ください。

スポンサードサーチ