Zoom 5.0

スポンサードサーチ

脆弱性のあるZoomを安全に利用するための7つの設定と運用ルールでもご紹介したZoomの脆弱性。

Zoomは、5月末までにデータ暗号化などの対応を行う事を発表していました。

ビデオ会議サービス「Zoom」を運営する米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズは22日、5月末までのソフトウエア更新でデータの暗号化を強めると発表した。

日本経済新聞:Zoom、5月末までに暗号化強める CEOら説明

これらの脆弱性に対応した「Zoom 5.0」の配布が2020年4月27日に開始されました。

Zoom:Zoom 5.0 is here!

Zoom 5.0
Zoom 5.0

「Zoom 5.0」の改定点

Zoom 5.0」の主な改定点は以下の通り。

認証付き暗号のAES-GCM(256-ビット)を使用することで、データへの保護と改ざんに対応し、5月30日以降は全てのZoomミーティングでGCM暗号化対応が必須となり、古いバージョンのZoomは利用できなくなります。

その他の追加された安全対策

その他のZoom 5.0で追加された安全対策は以下の通り。

・Waiting Room enabled by default
・Complex Meeting ID
・Passwords & Password complexity
・Meeting Registration
・Meeting Authentication
・Recording Security
・Audio Watermarks
・Screen Share Watermark
・Message Preview Options
・Secure Account Contact Sharing
・Control Profile Picture
・Data Center Information

Zoom:Zoom 5.0 is here!
  • デフォルトで待合室が有効に
  • ミーティングIDが11桁になって複雑化
  • パスワードとミーティングパスワードの複雑化
  • 参加者情報で会議の認証
  • 録音データの暗号化
  • オーディオファイルに個人を特定できる透かし設定
  • 画面共有にメールアドレス透かし設定
  • チャットコンテンツの非表示設定
  • 安全な連絡先の共有
  • データセンター情報を選択可能に

有料版のアカウントでしか見れない機能がありますが、これらか追加されました。

スポンサードサーチ