スポンサードサーチ

Slack等、常駐させて使うアプリはマシンを起動する際に自動で立ち上げをしたいところです。

以前、Windows10でスタートアップフォルダを一発で開く方法をご紹介しましたが、今回はそこにアプリを登録する方法を紹介します。

スタートアップフォルダを開いてショートカットを置くだけ

まずは、スタートアップフォルダを開きます。

ここは、Windows10でスタートアップフォルダを一発で開く方法でやったWindows+Eやスタートメニューからエクスプローラーを起動して、アドレスバーにshell:startupと入力してエンターキーを押す方法や、メニューから「ファイル名を指定して実行」を起動し、名前のところにshell:startupと入力して「OK」をクリックしてスタートアップフォルダを起動します。

スタートアップフォルダ
スタートアップフォルダ

開いたフォルダの中に、アプリのショートカットを移動します。

アプリのショートカットを移動
アプリのショートカットを移動

今回の場合、Slackのショートカットが増えています。

PCを再起動してサインインしてみると、無事Slackが自動で起動するようになりました。

ITのことで、お困りではありませんか?

ITは、コンサルティングからプロジェクトを全体を見据えて実施しなければ上手くいきません。
リソース・シェアリングは、ITのコンシェルジュとして、クライアントにとっての最適解をご提案するコンサルティングから構築・運用・解析までをワンストップで対応できるITコンサルティング会社です。
ITに関してお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

ITプロジェクトで最適解を探すなら
御社にとって最適なWebサイト構築をするなら
失敗しないWebシステム開発をするなら
WordPressを活用したいなら
ECサイトを構築したいなら
越境ECサイトを構築したいなら
企業間取引向けECサイトを構築したいなら
マーケットプレス型ECサイトを構築したいなら
課題や事例から最適解を探すなら
リソース・シェアリングの実績
お問合せ

スポンサードサーチ