Windows10のスタートアップに登録してアプリを自動起動する方法

スポンサードサーチ

Slack等、常駐させて使うアプリはマシンを起動する際に自動で立ち上げをしたいところです。

以前、Windows10でスタートアップフォルダを一発で開く方法をご紹介しましたが、今回はそこにアプリを登録する方法を紹介します。

スタートアップフォルダを開いてショートカットを置くだけ

まずは、スタートアップフォルダを開きます。

ここは、Windows10でスタートアップフォルダを一発で開く方法でやったWindows+Eやスタートメニューからエクスプローラーを起動して、アドレスバーにshell:startupと入力してエンターキーを押す方法や、メニューから「ファイル名を指定して実行」を起動し、名前のところにshell:startupと入力して「OK」をクリックしてスタートアップフォルダを起動します。

スタートアップフォルダ
スタートアップフォルダ

開いたフォルダの中に、アプリのショートカットを移動します。

アプリのショートカットを移動
アプリのショートカットを移動

今回の場合、Slackのショートカットが増えています。

PCを再起動してサインインしてみると、無事Slackが自動で起動するようになりました。

ITを使った経営課題の解決でお困りではありませんか?

DXを始めとするITを使った経営課題の解決が上手くいっていない企業は数多くあります。

それは、単なるソリューションの導入や、社内人材への丸投げとなっており、課題解決がゴールになっていないからです。

そのためには、経営とITを理解した人材が、経営者層と共に取り組み、経営者の頭の中を可視化することが必須要件です。

現在、1時間の無料オンライン・コンサルティングを実施しております。

是非この機会にご相談ください。

構築予算が10分の1に

経営課題を解決するECサイト、越境ECサイト、BtoB ECサイト、マーケットプレイスを構築するならCS-Cartをご検討ください。

スポンサードサーチ