Windows10のスタートアップに登録してアプリを自動起動する方法

公開日: 2018/11/30 更新日: 2019/10/26
カテゴリー: Windows
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Slack等、常駐させて使うアプリはマシンを起動する際に自動で立ち上げをしたいところです。

以前、Windows10でスタートアップフォルダを一発で開く方法をご紹介しましたが、今回はそこにアプリを登録する方法を紹介します。

スポンサードサーチ

スタートアップフォルダを開いてショートカットを置くだけ

まずは、スタートアップフォルダを開きます。

ここは、Windows10でスタートアップフォルダを一発で開く方法でやったWindows+Eやスタートメニューからエクスプローラーを起動して、アドレスバーにshell:startupと入力してエンターキーを押す方法や、メニューから「ファイル名を指定して実行」を起動し、名前のところにshell:startupと入力して「OK」をクリックしてスタートアップフォルダを起動します。

スタートアップフォルダ
スタートアップフォルダ

開いたフォルダの中に、アプリのショートカットを移動します。

アプリのショートカットを移動
アプリのショートカットを移動

今回の場合、Slackのショートカットが増えています。

PCを再起動してサインインしてみると、無事Slackが自動で起動するようになりました。

スポンサードサーチ

タグ: , , , ,