WordPress 4.9.4 Maintenance Release

スポンサードサーチ

2018年2月6日に「WordPress 4.9.3」がメンテナンスリリースされました。
WordPress 4.9.4 Maintenance Release


重大なバグ対応

このメンテナンスリリースでは4.9.3の重大なバグが修正されました。

今回は、自動バックグラウンド更新を設定していても自動的に更新されず、自分で4.9.4に更新する必要があります。

昨日の4.9.3のリリースには、 リリース後に発見された深刻なバグが含まれていました。

このバグにより、WordPress 4.9.4に自動更新しようとするとエラーが発生しますので、管理画面のダッシュボードかホスト更新ツールを使用してアップデートを行う必要があります。

WordPress 4.9.4 Maintenance Releaseによると、上記のように自動アップデートに対応していないとありますが、私の管理している複数のWordPressのWebサイトでは自動アップデートが適用されていましたので、自分でご確認をいただく必要があります。

2018年2月9日追記:後ほど再度確認をしたところ、日本語版に自動更新がされていませんでしたので、手動でのアップデートが必要でした。

手動でアップデートを実施

今回のアップデートは、上記のように自動アップデートに対応していないとリリースされていますので、自動バックグラウンド更新の設定を行っていない場合や、まだアップデートが行われていない場合には、WordPress 4.9.4をダウンロードして手動で更新するか、ダッシュボードから更新が必要です。

WordPressの運用をされている方は早急に対応を行いましょう。

ITのことで、お困りではありませんか?

ITは、コンサルティングからプロジェクトを全体を見据えて実施しなければ上手くいきません。
リソース・シェアリングは、ITのコンシェルジュとして、クライアントにとっての最適解をご提案するコンサルティングから構築・運用・解析までをワンストップで対応できるITコンサルティング会社です。
ITに関してお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

ITプロジェクトで最適解を探すなら
御社にとって最適なWebサイト構築をするなら
失敗しないWebシステム開発をするなら
WordPressを活用したいなら
ECサイトを構築したいなら
越境ECサイトを構築したいなら
企業間取引向けECサイトを構築したいなら
マーケットプレス型ECサイトを構築したいなら
課題や事例から最適解を探すなら
リソース・シェアリングの実績
お問合せ

スポンサードサーチ