WordPressのアプリは常時SSL化後は「同期できません」エラーを吐く

公開日: 2018/11/19 更新日: 2018/11/19
カテゴリー: WordPress
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

紺屋の白袴で懸案だった個人ブログのIT EVANGELIS.NETの常時SSL化ですが、この土日でサーバ移行と合わせてやっと作業が出来ました。

その後、WordPressのアプリでブログを更新しようとすると、以下のエラーを吐いて同期ができません。

同期が出来ません
操作を完了できませんでした。
(WordPressKit.WordPressOrgXMLRPC ApiError エラー0。)

こちらは、常時SSL化を行った影響のようで、以下の方法で対応が出来ました。

住所がhttpのままになっている

WordPressのアプリの画面で各Webサイトの画面に行くと、メニュー画面が表示されます。

その画面の中にある「設定」をクリックすると「住所」の欄が常時SSL化前のURLになっています。

どうもこの設定がある事で、エラーが発生しているようです。

アプリでWebサイトを再登録

この住所は編集ができませんので、常時SSL化後のURLでWebサイトを再登録します。

WordPressのアプリの上部にある「Webサイトの選択」をクリックして、「自分のサイト」画面を表示し、右上の「+」をクリック。

すると「WordPress.com サイトを作成」と「インストール型サイトを追加」の選択が表示されるので「インストール型サイトを追加」をクリック。

「連携するWordPressサイトのアドレスを入力してください。」と入力欄が表示されますので、常時SSL化した後のアドレスを入力して「次へ」ボタンをクリック。

ユーザー名とパスワードの入力欄が表示されますので、入力後に「次へ」ボタンをクリック。

WordPress.comとの連携する場合は、そのまま「次へ」ボタンをクリックすると、登録は完了です。

設定を確認すると確かに常時SSL化したURLが表示されています。

「自分のサイト」画面には同じものが二つ並んでいますが、上が常時SSL化前のもの、下の方が常時SSL化したものでしたので、上は削除しました。

これでエラーは解消しました。