CS-Cart & Multi-Vendor 4.9.1

スポンサードサーチ

2018年11月22日に、CS-CartとMulti-Vendorの4.9.2がリリースされました。

CS-Cart 4.9.2は、小さな変更や修正のパッチリリースです。

変更の全リストについては、Changelog(英語)を参照してください。

CS-Cart & Multi-Vendor 4.9.1
CS-Cart & Multi-Vendor 4.9.1

HTTP/2ヘッダをサポート

CS-CartとMulti-Vendorは、HTTP/2ヘッダをサポートするようになり、ヘッダを持つリクエストやレスポンスを介してサードパーティのサービスと接続できるようになった事で、PayPal、GoogleのreCAPTCHA及び他のサードパーティのサービスで発生していたいくつかの問題が解決します。

以前は、CS-Cartは常にリクエストのヘッダーにHTTP/1が使われている事を想定していたため、ヘッダーにHTTP/2が含まれていた場合にはリクエストを処理できませんでした。

そのため、PayPalが支払いを確認した後であっても自動で注文ステータスを支払済みに変更できない、ユーザーがGoogleによる人間かどうかの認証をパスできない、等の問題が起こっていました。

この問題はすべてのECサイトに影響するわけではなく、ホスティングサーバの構成によってHTTP/2ヘッダーのレスポンスが発生する可能性があります。

CS-CartとMulti-Vendorの4.9.2では、レスポンス・ヘッダーにHTTP/2が含まれていてもレスポンスが理解できるようになりました。

会員登録をしていないユーザーもコメントを残せるように

CS-CartとMulti-Vendorの4.9.1では、ログインしていなかったユーザーはコメントを残すことができませんでしたが、4.9.2ではこの問題に対応しました。

4.9.2では、コメントとレビューのAdd-on(アドオン)の[Only buyers can post]チェックボックスがオンの場合にのみ、ユーザーはログインする必要があります。

スパムを防止するため、デフォルトですべてのコメントを非表示にして、管理者の承認後にのみサイトに表示されるようにもできます。

管理画面からアップデートが可能

バージョン4.9.2へのアップグレードは、管理画面のアップグレードセンターですでに利用可能ですが、最初の数日間は、利用可能なアップグレードの数を制限し、先着順で提供されます。

アップグレードセンターでアップグレードが表示されない場合は、後日または数日後にもう一度お試しください。

ITのことで、お困りではありませんか?

ITは、コンサルティングからプロジェクトを全体を見据えて実施しなければ上手くいきません。
リソース・シェアリングは、ITのコンシェルジュとして、クライアントにとっての最適解をご提案するコンサルティングから構築・運用・解析までをワンストップで対応できるITコンサルティング会社です。
ITに関してお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

ITプロジェクトで最適解を探すなら
御社にとって最適なWebサイト構築をするなら
失敗しないWebシステム開発をするなら
WordPressを活用したいなら
ECサイトを構築したいなら
越境ECサイトを構築したいなら
企業間取引向けECサイトを構築したいなら
マーケットプレス型ECサイトを構築したいなら
課題や事例から最適解を探すなら
リソース・シェアリングの実績
お問合せ

スポンサードサーチ