CS-Cart & Multi-Vendor 4.10.2

スポンサードサーチ

2019年6月11日に、CS-CartとMulti-Venderの4.10.2がリリースされました。

CS-Cart & Multi-Vendor 4.10.2
CS-Cart & Multi-Vendor 4.10.2


Meet CS-Cart and Multi-Vendor 4.10.2 with Improvements and Bug Fixes

変更点

変更の全リストについては、Changelog(英語)を参照してください。

国際電話番号の無効化

CS-Cart 4.10.1では、顧客向けに電話番号の入力サポートを行なう機能があり、国コードと不要な記号、スペースの入力は不要です。

この機能は、CS-CartをサードパーティのCRMと統合したり、顧客の電話番号をクリックして電話をかけるときには便利です。

しかし、誰もが国際電話の形式で電話番号を入力することを顧客に望んでいるとは限りませんので、基本設定の外観に 「Supported phone numbers」という新しい設定が追加され、電話番号フィールドの設定を決めることができるようになりました。

Supported phone numbers
Supported phone numbers

重要なバグフィックス

インポートされたファイルに、商品バリエーショングループコードを持つカラムやノードがない場合、商品バリエーショングループはインポート後に削除されなくなります。

顧客が「注文する」ボタンを押す前に、Google reCAPTCHAが「ロボットではないことを確認してください」というエラーが表示されなくなりました。

購入時に国の選択が表示されない場合(たとえば、1つの国でのみ販売していて、そのフィールドを削除した場合)、顧客が選択した[都道府県]フィールドの値は選択直後にリセットされなくなります。

管理画面からアップデートが可能

バージョン4.10.2へのアップグレードは、管理画面のアップグレードセンターですでに利用可能ですが、最初の数日間は、利用可能なアップグレードの数を制限し、先着順で提供されます。

アップグレードセンターでアップグレードが表示されない場合は、数時間後または翌日にもう一度お試しください。

月額9,900円で独自ECサイトを構築できる「ファースト・ローンチ」

ファースト・ローンチ」の「CS-Cart」スタートプランは、月額9,900円で多言語・多通貨対応ECサイト構築パッケージ「CS-Cart」に、日本国内の配送業者に対応した「日本国内向け配送料金算」アドオンの導入と日本語対応、初期設定を行ってご提供しています。

スピード感のある独自ECサイト構築をしたい、BASEやShopifyでは物足りない、独自ECサイトを構築したい、という場合には是非「ファースト・ローンチ」をご検討ください。

ファースト・ローンチ 公式サイト

ITのことで、お困りではありませんか?

ITは、コンサルティングからプロジェクトを全体を見据えて実施しなければ上手くいきません。
リソース・シェアリングは、ITのコンシェルジュとして、クライアントにとっての最適解をご提案するコンサルティングから構築・運用・解析までをワンストップで対応できるITコンサルティング会社です。
ITに関してお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

ITプロジェクトで最適解を探すなら
御社にとって最適なWebサイト構築をするなら
失敗しないWebシステム開発をするなら
WordPressを活用したいなら
ECサイトを構築したいなら
越境ECサイトを構築したいなら
企業間取引向けECサイトを構築したいなら
マーケットプレス型ECサイトを構築したいなら
課題や事例から最適解を探すなら
リソース・シェアリングの実績
お問合せ

スポンサードサーチ