スポンサードサーチ

2020年9月1日以降に発行されるSSL/TLS証明書は、有効期間が398日間を超えたものは、ほぼ利用できなくなります。

Appleが発表しGoogleとMozillaが賛同

これは、Apple製品ユーザの利益の向上とWebセキュリティの向上のために実施されるものとして、2020年3月にAppleがこの方針を発表し、GoogleとMozillaがこの流れに賛同したためです。

2020 年 9 月 1 日 00:00 (GMT/UTCTLS) 以降に発行されたサーバ証明書は、有効期間が 398 日間を超えないものとします。

Apple:信頼済み証明書に関する今後の制限について

この結果、Google Chrome、Apple Safari、Mozilla Firefoxが398日間を超える有効期間を持つSSL/TLS証明書を信頼しなくなります。

この長さは1年間に多少の更新猶予期間を持たせたもので、基本的にSSL/TLS証明書の有効期間の上限が1年間に限定されることになります。

このポリシーが適用されるのは2020年9月1日以降に発行されるSSL/TLS証明書です。

ただし、現在使われているSSL/TLS証明書にはこのポリシーは適用されないため、2020年9日1日よりも前の段階で運用しているSSL/TLS証明書は有効期間が398日間を超えるものも継続して使用することはできます。

スポンサードサーチ