9月1日から398日間を超えるSSL/TLS証明書は信頼性を失う

スポンサードサーチ

2020年9月1日以降に発行されるSSL/TLS証明書は、有効期間が398日間を超えたものは、ほぼ利用できなくなります。

Appleが発表しGoogleとMozillaが賛同

これは、Apple製品ユーザの利益の向上とWebセキュリティの向上のために実施されるものとして、2020年3月にAppleがこの方針を発表し、GoogleとMozillaがこの流れに賛同したためです。

2020 年 9 月 1 日 00:00 (GMT/UTCTLS) 以降に発行されたサーバ証明書は、有効期間が 398 日間を超えないものとします。

Apple:信頼済み証明書に関する今後の制限について

この結果、Google Chrome、Apple Safari、Mozilla Firefoxが398日間を超える有効期間を持つSSL/TLS証明書を信頼しなくなります。

この長さは1年間に多少の更新猶予期間を持たせたもので、基本的にSSL/TLS証明書の有効期間の上限が1年間に限定されることになります。

このポリシーが適用されるのは2020年9月1日以降に発行されるSSL/TLS証明書です。

ただし、現在使われているSSL/TLS証明書にはこのポリシーは適用されないため、2020年9日1日よりも前の段階で運用しているSSL/TLS証明書は有効期間が398日間を超えるものも継続して使用することはできます。

ITを使った経営課題の解決でお困りではありませんか?

DXを始めとするITを使った経営課題の解決が上手くいっていない企業は数多くあります。

それは、単なるソリューションの導入や、社内人材への丸投げとなっており、課題解決がゴールになっていないからです。

そのためには、経営とITを理解した人材が、経営者層と共に取り組み、経営者の頭の中を可視化することが必須要件です。

現在、1時間の無料オンライン・コンサルティングを実施しております。

是非この機会にご相談ください。

構築予算が10分の1に

経営課題を解決するECサイト、越境ECサイト、BtoB ECサイト、マーケットプレイスを構築するならCS-Cartをご検討ください。

スポンサードサーチ