スポンサードサーチ

Google Analyticsのデータ消失対策として無料のアクセス解析ツール「Piwik」を導入するで紹介した、インストール型のアクセス解析ツール「Piwik」。

バージョンアップした2.11.1が、2月23日にリリースされました。

Piwik 2.11.1 01


Piwik 2.11.1

管理画面から簡単にバージョンアップ

バージョンアップは、管理画面から簡単に行えます。

管理画面にログイン

まずは管理画面にログインをします。

すると、右上に「新しいアップグレード」というリンクが出ているのが見えます。

Piwik ダッシュボード

Piwik ダッシュボード

リンクにカーソルを乗せると、マウスオーバーして表示が変わりますので、「今すぐアップデートしてください!」をクリックします。

アップグレードの表示

アップグレードの表示

自動アップグレードかパッケージダウンロードを選択

リンクをクリックすると、自動アップグレードかパッケージダウンロードを選択する画面になります。

アップグレード方法を選択

アップグレード方法を選択

今回は、「自動アップグレード」を選択してクリック。

Piwikのアップグレード

画面が変わると、Piwikのアップグレードが自動で終わります。

Piwikのアップグレード

Piwikのアップグレード

データベースのアップグレード

Piwikはアップグレードされましたが、データベースのアップグレードも必要ということで、Piwikデータベースが2.11.0から2.11.1にアップグレードする事が示されます。

こちらに記載があるように、データベースの容量が大きい場合には、コマンドラインからのアップデートが無難です。

データベースのアップグレード

データベースのアップグレード

「Piwikのアップグレード」を押して次に進めます。

Piwikアップグレードの完了

これで、アップグレードは完了です。

アップグレード完了

アップグレード完了

月額9,900円で独自ECサイトを構築できる「ファースト・ローンチ」

ファースト・ローンチ」の「CS-Cart」スタートプランは、月額9,900円で多言語・多通貨対応ECサイト構築パッケージ「CS-Cart」に、日本国内の配送業者に対応した「日本国内向け配送料金算」アドオンの導入と日本語対応、初期設定を行ってご提供しています。

スピード感のある独自ECサイト構築をしたい、BASEやShopifyでは物足りない、独自ECサイトを構築したい、という場合には是非「ファースト・ローンチ」をご検討ください。

ファースト・ローンチ 公式サイト

ITのことで、お困りではありませんか?

ITは、コンサルティングからプロジェクトを全体を見据えて実施しなければ上手くいきません。
リソース・シェアリングは、ITのコンシェルジュとして、クライアントにとっての最適解をご提案するコンサルティングから構築・運用・解析までをワンストップで対応できるITコンサルティング会社です。
ITに関してお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

ITプロジェクトで最適解を探すなら
御社にとって最適なWebサイト構築をするなら
失敗しないWebシステム開発をするなら
WordPressを活用したいなら
ECサイトを構築したいなら
越境ECサイトを構築したいなら
企業間取引向けECサイトを構築したいなら
マーケットプレス型ECサイトを構築したいなら
課題や事例から最適解を探すなら
リソース・シェアリングの実績
お問合せ

スポンサードサーチ