投稿

イベントトラッキング設定時の離脱

Google Analyticsでは、Wenサイトのアクセス数や滞在時間、どこのページに遷移したのか、といったデータだけでなく、Webサイト上でユーザーが起こした行動も知ることができます。

このユーザー行動は「イベント」と呼ばれ、イベントトラッキング用のコードを記述すれば計測できるようになり、リンクのクリックやPDFダウンロード、外部サイトへの遷移、電話をかける、といった行動を把握できます。

さらに、ページ内のあちこちに存在するリンク、例えばページの上部、中ほど、下部にある同一のリンクに対して、別々のイベントトラッキングを設定しておけば、どこが一番クリックされるのかといった分析がしやすくなります。

そこで今回は、Google Analyticsのクリックイベントの計測をするための設定方法と設定時のポイントや注意点について解説します。

もっと読む
Google Analytics イベントトラッキング

ぱくたそのような画像・写真素材サイトを無料でWordPressとUltimate Memebrで1日で作る方法 その1ぱくたそのような画像・写真素材サイトを無料でWordPressとUltimate Memberで1日で作る方法 その2の続きです。

前回は、寄稿者に画像アップロード機能を追加しましたが、今回はフリー素材のダウンロード数を計測する方法について考えます。

もっと読む

2019年3月26日に、GoogleがWebサイトのトラフィックを正規 URL に統合するという事を、Googleウェブマスター向け公式ブログで発表しました。

Googleウェブマスター向け公式ブログ:ウェブサイトのトラフィックが正規 URL に統合されます

Search Console では今後、検索指標の割り当て先を、Google 検索に表示された URL ではなく(Google が選択した)正規 URL にデータを統合することにしました。

こちらは、Google Webmaster Central Blogで2019年2月6日にConsolidating your website traffic on canonical URLsとして発表された内容の日本語でのアナウンスになります。

もっと読む

企業ドメインとは別で運用を行っている「IT EVANGELIST.NET」のブログ。

こちらはページビューが2018年10月時点で月間1.2万以上のアクセスがあったのですが、記事数の多さなどから移行作業の時間が取れず、紺屋の白袴で常時SSL化ができていませんでした。

しかし、Chrome 68から全HTTPサイトで警告表示がされWebサイトでのSSL導入は必須にで書いたように、 2018年7月のChrome 68のリリースからChromeはすべてのHTTPサイトで「Not Secure」と表示するようになりました。

また、 Google ウェブマスター向け公式ブログ:HTTPS ページが優先的にインデックスに登録されるようになりますと公式ブログが述べていたように、 常時SSL化は検索結果についても影響を及ぼすものとなっていますので、常時SSL化の対応は必須となっています。

そこで、 「IT EVANGELIST.NET」のブログについても遅まきながら2018年11月18日に VPSサーバで運用していたドメインをさくらインターネットのサーバに移行した後、 無料SSLの「Let’s Encrypt」 で常時SSL化を実施したところ、アクセス数が一時的に増加した後半減し、最終的に1.6倍に増加するという乱高下する事態となりました。

もっと読む

BASEですが、BASEでECサイトを作ったらSEO的にも検索キーワード分析のためにもGoogleのSearch Consoleの設定をする必要があります。

ところが、BASEのショップ向けヘルプにある「Googleサーチコンソールに対応していますか?」というところには、以下のように書かれています。

BASEはGoogleサーチコンソールに対応していません。

ただし、これはBASEの管理画面だけで設定ができるBASE APPSの「Google Analytics 設定」のようなものがない、ということなんだと思います。

実際は、Search ConsoleにはMETAタグを使えば設定ができますので、設定を行ってGoogle Analyticsとも連携させてみました。

もっと読む

以前はユーザー行動の解析ができるWeb解析パッケージを開発する会社を経営していた関係で、アクセス 解析に関するお話しはいまでも多くいただきます。

ただ、今や利用されているアクセス解析ツールは無料で利用できるGoogle Analyticsが殆どとなり、Webサイトを構築すればWeb制作会社もとりあえずGoogle Analyticsの導入までは行う、という事が行われています。

しかし、一方でGoogle Analyticsが折角導入されていても、上手く有効活用できていない企業もまだまだ多いのが実情です。

これは、Web解析ツールで得られたデータをどのように理解をすればいいいのかというポイントがわかっていないために、Google Analyticsを始めとするアクセス解析ツールの活用を難しくしています。

もっと読む

2018年4月18日に、Google Analyticsで設定しているメールアドレスへ、Googleから「一般データ保護規則(GDPR)に関する重要なお知らせ」というメールが届きました。 もっと読む

ここのところ、Google Analyticsの言語表示欄に様々なスパムが入ってきています。

「Secret.ɢoogle.com You are invited! Enter only with this ticket URL. Copy it. Vote for Trump!」、「Vitaly rules google ☆*:。゜゚・*ヽ(^ᴗ^)ノ*・゜゚。:*☆ ¯\_(ツ)_/¯(ಠ益ಠ)(ಥ‿ಥ)(ʘ‿ʘ)ლ(ಠ_ಠლ)( ͡° ͜ʖ ͡°)ヽ(゚Д゚)ノʕ•̫͡•ʔᶘ ᵒᴥᵒᶅ(=^ ^=)oO」、「o-o-8-o-o.com search shell is much better than google!」、「Google officially recommends o-o-8-o-o.com search shell!」、「Congratulations to Trump and all americans」といくつかありますが、これらはページタイトルや言語、参照(リファラ)の記録を偽装された状態でアクセスが行われています。 もっと読む

インストール型のアクセス解析ツール「Piwik」のバージョン2.13.1が、5月6日にリリースされました。

Piwik 2.13.1

Piwik 2.13.1

もっと読む

インストール型のアクセス解析ツール「Piwik」のバージョン2.13.0が、4月30日にリリースされました。

Piwik 2.13.0

Piwik 2.13.0

Piwik 2.13.0

変更点

今回のバージョンは、深刻なクロスサイトスクリプティング脆弱性対応が行われています。

This release is rated critical. We warmly thank Security Researcher Dmitriy Shcherbatov who reported to Piwik Security team a XSS vulnerability which has been fixed in Piwik 2.13.0.

また、ログアナリティクスの機能が改良されています。

Log Analytics, a very popular tool within the Piwik community, has received several improvements.

とりあえず、Piwikを使われれている方は早めのアップデートをした方が必要です。。

先日、インストール型のアクセス解析ツールPiwikが2.12.0にバージョンアップが行われたインストール型のアクセス解析ツール「Piwik」ですが、バージョン2.12.1が3月27日にリリースされました。

Piwik 2.12.1

Piwik 2.12.1

もっと読む

Piwik 2.12.0

インストール型のアクセス解析ツール「Piwik」のバージョン2.12.0が、3月22日にリリースされました。

Piwik 2.12.0

Piwik 2.12.0

もっと読む

Web解析ツールのGoogle Analyticsは、無料で使えるために個人から企業まで数多く利用されています。

しかしGoogle Analyticsは、アカウントを開いてWebサイトにトラッキングコードを設置するだけでは便利な全ての機能を使うことができず、より深い解析を行う事ができませんが、その事について意外と知られていないように思われます。

そこで、トラッキングコードを設置した後にやっておくべき4つの基本設定をご紹介します。
GA plus setting もっと読む

先日、インストール型のアクセス解析ツールPiwikが2.11.1にバージョンアップとお伝えしたPiwikですが、3月4日にバージョンアップした2.11.2がリリースされました。

Piwik 2.11.2

Piwik 2.11.2

もっと読む

Google Analyticsのデータ消失対策として無料のアクセス解析ツール「Piwik」を導入するで紹介した、インストール型のアクセス解析ツール「Piwik」。

バージョンアップした2.11.1が、2月23日にリリースされました。

Piwik 2.11.1 01


Piwik 2.11.1

もっと読む

2月9日のGoogle Analyticsアクセスデータがいきなり消失という事態が発生した場合、ユーザーとしてはGoogleの対応を待つしかないという受け身の状況に追い込まれてしまいます。

今回は、データが消失することもなく数日で復旧をしましたが、データが復旧しなくても無料のサービスですので文句を言う事もできません。

こういった事態を避けるためには、Google Analyticsのデータ消失対策が必要になってきますが、Google Analyticsと同様のデータ送信型サービスを使うのであれば、データが送信できていない、データが消失した、という同様のケースが起こる可能性があります。

そこで、お勧めをしているのがサーバにインストールする形で解析ができるものとなりますが、その中でも無料で詳細な解析ができるのが「Piwik」です。

Piwik

Piwik

今回は、この「Piwik」のインストールについて解説をしたいと思います。 もっと読む

2月9日のGoogle Analyticsアクセスデータがいきなり消失と伝えていた、Google Analyticsのデータ障害ですが復旧したようです。

昨日の夜までデータが欠損した状態でしたが、今朝見てみるとこのとおり復旧していました。

GA data lost recovery
もっと読む

私はGoogle Analyticsのデータは毎日、PCやアプリでモニタリングをしています。

そのため、急激なアクセスの変化があれば気がつくのですが、今日、Google Analyticsにアクセスをしてびっくり。(2015年2月12日 13時59分現在です。)

GA data lost

2月9日だけ極端にアクセスがなかったことに。

昨日まで普通に表示されていたのと、Google Adsense側のページビュー数を見ると、以下のようにきちんとアクセスが取れています。

Google AdSense data
もっと読む
変更後の「集客」レポート

頻繁に仕様が変わるGoogle Analyticsですが、「集客」レポートの配置が大きく変わったようです。

変更後の「集客」レポート

変更後の「集客」レポート


もっと読む

Google Analyticator Outbound link tracking

アクセス解析のWordPressプラグインをGoogle Analyticatorに変更する の続きです。

もっと読む

Google アナリティクスをWebサイトに設置するには、Google Analyticsの管理画面で発行されたトラッキングコードを埋め込む必要があるのですが、簡単な設定でWordPressにトラッキングコードを埋め込むことができるUltimate Google Analyticsは、何年もアップデートされておらず代わりにUltimate Google Analytics改というプラグインを使っていました。

誰得なプラグイン Ultimate Google Analytics改をひっそりと公開します

しかし、今回、Google アナリティクスの非同期トラッキングコードに対応したWordPressプラグインのGoogle Analyticatorに変更しました。

もっと読む
Google Analytics 集客/チャネル

「Web解析とは人を理解する事」だと言う事を述べて来ましたが、今回は「どこからユーザーはやってきているのか」という点についてデータから把握し、ユーザーの理解を深めて行きたいと思います。

また、Google Analyticsではラベリングや表示内容等で大きな変更がありましたので、そのあたりがどうなっているかも見ていきましょう。

Google Analytics 集客/チャネル

Google Analytics 集客/チャネル


もっと読む