リファラースパムの例

スポンサードサーチ

Googleアナリティクスは、ユーザーがWebサイトに検索エンジンなどから辿り着いて、どう動いたのかを分析できる便利なサービスです。

しかし、Google砲が来たり、SNSで拡散されるといった原因がないのに、急にアクセス数が増加した場合には、リファラースパムの可能性があります。

リファラースパムとは?

Googleアナリティクスに限らず、リファラー(referrer)はサーバなどのアクセスログに記載されている情報のひとつで、Webサイトにアクセスしてくる前に閲覧していたページのURLの情報になります。

もう一つ、リファラル(referral)というものもあって、こちらは参照元のWebサイトやメディアを意味します。

Googleアナリティクスでは、集客にあるチャネルは、アナリティクスヘルプにあるMCF チャネル(MCF チャネル グループ)についてにあるように、以下のものがあります。

  • Organic Search
  • Direct
  • Referral
  • Social
  • Paid Search
  • Other Advertising
  • Email
  • Display

この中の「Referral」は、SNS(ソーシャルネットワーク)を除外した外部のWebサイトのリンクから流入があった場合に記録されたものです。

リファラースパムは、このGoogleアナリティクスなどのリファラーを見た人が、この参照元を確認するためにスパムサイトにアクセスをさせることを狙った迷惑行為になります。

リファラースパムの例
リファラースパムの例

こちらにリファラースパムの例をあげましたが、このように一つのURLから大量のアクセスがされています。

こんな余計なノイズがGoogleアナリティクスのデータに入ってくると、正しくアクセス解析ができませんので、これを除外する設定を行います。

Googleアナリティクスでリファラースパムを除外する方法

Googleアナリティクスでリファラースパムからくアクセスを除外する方法としては、以下の2つがあります。

  • Googleアナリティクスのボットフィルタリングを設定する
  • Googleアナリティクスのフィルタ設定で除外する

ボットフィルタリングを設定する

一つ目は、Googleアナリティクスのボットフィルタリングを設定する方法です。

このボットフィルタリングは、IAB(Internet Architecture Board) というインターネットの中立組織が収集する、悪意があるロボットのユーザーエージェントのリスト( International IAB/ABC Spiders & Bots List )を元に、スパム判定を行うものです。

Wikipedia:Interactive Advertising Bureau

これにより、Googleがスパムと認定するボットやスパイダーからのアクセスを除外することができます。

Google Analyticsの設定方法

まず、Google Analyticsの左下にある歯車マークをクリックして管理画面を開きます。

Google Analytics 管理
Google Analytics 管理

一番右にある「ビューの設定」を選択。

ビューの設定
ビューの設定

通貨の下にある「ボットのフィルタリング」の「既知のボットやスパイダーからのヒットをすべて除外する」にチェックを入れて、「保存」をクリック。

フィルタ設定で除外する

ボットフィルタリングで除外できなかったリファラースパムは、フィルタ設定で除外をします。

日本語以外のアクセスがあった場合には、Google Analyticsの言語に表示されるCongratulations to Trump and all americans等のスパムをフィルタするで除外ができますので、今回は特定のURLからのアクセスを除外する方法を行います。

特定のURLからのアクセスを除外

Google Analyticsの左下にある歯車マークをクリックして管理画面を開きます。

Google Analytics 管理
Google Analytics 管理

フィルタを設定しますが、複数のアカウント、プロパティ、ビューがある場合には、アカウント全体にフィルタをかけるために、アカウントの「すべてのフィルタ」をクリック。

すべてのフィルタ
すべてのフィルタ

すべてのフィルタ画面で「+フィルタを追加」ボタンをクリック。

「ビューにフィルタを追加」画面になりますので、以下の項目を設定します。

  • フィルタ名:自由に設定してください。
  • フィルタの種類:カスタムを選択。
  • 除外:カスタムを選択するとラジオボタンの選択ができるようになりますので、除外を選択。
    • フィルタフィールド:リクエストURIやホスト名などが選べますが、参照を選択。
    • フィルタパターン:除外したいURIを設定します。今回の場合には「bot-traffic.xyz」を入れました。

複数のURIを除外したい場合には、「フィルタ パターン」に正規表現を入力します。

正規表現については、アナリティクスヘルプの参照ドメインにフィルタを適用するに以下のように記載例がありますので、こちらを参考にしてください。

example\.com|secondexample\.com|.*spammysubdomain\.com

早めに対策を

弊社でもリファラースパムで急にアクセス数が増えて、正しい分析をするのにこれを排除しないといけなくなりました。

そのため、Googleアナリティクスでリファラースパムを見つけたら、早めに対処をするようにしましょう。

ITのことで、お困りではありませんか?

ITは、コンサルティングからプロジェクトを全体を見据えて実施しなければ上手くいきません。
リソース・シェアリングは、ITのコンシェルジュとして、クライアントにとっての最適解をご提案するコンサルティングから構築・運用・解析までをワンストップで対応できるITコンサルティング会社です。
ITに関してお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

ITプロジェクトで最適解を探すなら
御社にとって最適なWebサイト構築をするなら
失敗しないWebシステム開発をするなら
WordPressを活用したいなら
ECサイトを構築したいなら
越境ECサイトを構築したいなら
企業間取引向けECサイトを構築したいなら
マーケットプレス型ECサイトを構築したいなら
課題や事例から最適解を探すなら
リソース・シェアリングの実績
お問合せ

スポンサードサーチ