BASEで作ったECサイトをSearch Consoleに登録してGoogle Analyticsと連携する

公開日: 2018/11/06 更新日: 2018/11/06
カテゴリー: Web解析
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BASEですが、BASEでECサイトを作ったらSEO的にも検索キーワード分析のためにもGoogleのSearch Consoleの設定をする必要があります。

ところが、BASEのショップ向けヘルプにある「Googleサーチコンソールに対応していますか?」というところには、以下のように書かれています。

BASEはGoogleサーチコンソールに対応していません。

ただし、これはBASEの管理画面だけで設定ができるBASE APPSの「Google Analytics 設定」のようなものがない、ということなんだと思います。

実際は、Search ConsoleにはMETAタグを使えば設定ができますので、設定を行ってGoogle Analyticsとも連携させてみました。

Search ConsoleとBASEの設定

まずは、Search Consoleにログインをしてください。

プロパティを追加

次に、右上にある「プロパティを追加」を押すと、ポップアップが開きますのでそこにBASEので作ったECサイトのURLを入れて「追加」ボタンを押します。

所有権確認の方法の画面で「おすすめの方法」が表示されます。

ただし、BASEではこれが使えませんので、「別の方法」タブをクリック。

HTMLメタタグを選択してコピー

「別の方法」を選択すると、HTMLメタタグ、ドメイン名、プロバイダ、Googleアナリティクス、Googleタグマネージャーでの確認が選べます。

ここは、一番上にあるHTMLメタタグを選択して、表示されているメタタグをコピーします。

BASEの管理画面にログイン

次に、BASEの管理画面にログインして、HTML編集 APPSをクリック。

「編集する」の中のデザイン編集リンクをクリック。

デザイン編集画面で、左側にある「HTMLを編集する」をクリック。

開いたHTML編集画面のheadタグのすぐ下に、先ほどのコードをコピー&ペースト。

変更をすると、右上の「プレビューの更新」の色が変わりますのでそこをクリック。

引き続き、「保存」をクリック。

これでBASE側の修正が完了しました。

Search Consoleで確認

先ほどのSearch Consoleの画面に戻って、確認ボタンを押します。

所有権の確認が完了しました。

Google Analyitcsとの連携

次に、Google Analyticsとの連携を行います。

Google Analyticsにログインをして、左のメニューの「集客 > Search Console」の下層メニューをクリックすると、連携ができていない場合は、以下の連携画面が表示されますので、「Search Consoleのデータ共有を設定」ボタンをクリック。

プロパティ設定画面が表示されますので、下にスクロール。

下の方に「Search Consoleを調整」のボタンが出てきますので、こちらをクリック。

Search Consoleの設定が「なし」になっていますので、隣にある「追加」をクリック。

連携したいウェブプロパティが表示され、Search Consoleに登録されているWebサイトが表示されますので、そこからラジオボタンで連携したいWEbサイトを選んで「保存」ボタンをクリック。

ポップアップで「関連付けの追加」が表示されますので、「OK」をクリック。

これで完了です。

Search Consoleへの対応は必須

Search Consoleへの登録をしていないくても、クローラーが周ってきてOrganic Searchからの流入があることは確認できますが、それだとかなり時間がかかります。

また、Google Analytics側で見れる情報も少なくなってしまいますので、BASEに出店した場合には登録をするようにしてみてください。

タグ: , , , , , ,