2,200万件が流出したYahoo! JAPAN ID の対象に入った

スポンサードサーチ

2013年5月16日の21時頃に、Yahoo! JAPAN IDを管理しているサーバに外部からの不正アクセスがあったことが判明したようYahoo! Japanが以下のように発表しています。

 5月16日の21時頃に、Yahoo! JAPAN IDを管理しているサーバに外部からの不正アクセスがあったことが判明しました。4月2日に発生した不正アクセスを受けて監視体制を強化していたところ、不審なログインを検知したものです。調査の結果、最大2200万件のIDのみが抽出されたファイルが作成されていることがわかりました。

これに対して、自分のYahoo!Japan IDが流出したかどうか確かめたら見事に対象となっていました。

Yahoo!Japan ID 流出対象の場合
Yahoo!Japan ID 流出対象の場合


私が流出の可能性があるということは、多くの方にその可能性があると思いますので、流出しているかどうかの確認方法を共有します。

1. 『Yahoo! JAPAN』トップにアクセスし、一番下の方にある「Yahoo! JAPANからのお知らせ」の中の、「当社サーバへの不正なアクセスについて」をクリックします。

Yahoo  JAPAN 当社サーバへの不正なアクセスについて リンク
Yahoo JAPAN 当社サーバへの不正なアクセスについて リンク

2. プレスリリースの中の「Yahoo! JAPAN IDの状況確認はこちら」リンクをクリックします。

Yahoo Japan 当社サーバへの不正なアクセスについて
Yahoo Japan 当社サーバへの不正なアクセスについて

3. Yahoo!Japanにログインしている場合は、流出した可能性があるかどうか結果が表示されます。

Yahoo!Japan ID 流出対象の場合
Yahoo!Japan ID 流出対象の場合

流出しているかどうかですが、流出している場合は上記のように「対象のYahoo! JAPAN IDです」と表示されますので、私のように対象になっていると表示された場合はすぐにパスワードを変更して、利用サービスでおかしなところがないかチェックをしてください。

ITを使った経営課題の解決でお困りではありませんか?

DXを始めとするITを使った経営課題の解決が上手くいっていない企業は数多くあります。

それは、単なるソリューションの導入や、社内人材への丸投げとなっており、課題解決がゴールになっていないからです。

そのためには、経営とITを理解した人材が、経営者層と共に取り組み、経営者の頭の中を可視化することが必須要件です。

現在、1時間の無料オンライン・コンサルティングを実施しております。

是非この機会にご相談ください。

構築予算が10分の1に

経営課題を解決するECサイト、越境ECサイト、BtoB ECサイト、マーケットプレイスを構築するならCS-Cartをご検討ください。

スポンサードサーチ