Amazonのアフィリエイトで使うPA-API 5.0でエラーが出てたのは商品IDが間違っていたから

スポンサードサーチ

先日、WordPressで使えるAmazon公式リンク作成ツール(Amazon Associates Link Builder)が提供終了するのに対応するため、Amazon Associates Link BuilderのアフィリエイトコードをSearch Regexで一括置換したという記事をアップしました。

その後、一部のショートコードでエラーが出続けているものがありましたので調べてみると、商品IDによってエラーが出ているものがありました。

PA-API 5.0がエラーを吐く

エラーを吐いている状態がこちら。

商品が表示されないエラー
商品が表示されないエラー

これが表示される原因としては、Product Advertising API (PA-API) 経由の売上実績が少ないからと思っていたのですが、よく見るとエラーコードが変わっています。

TooManyRequests
The request was denied due to request throttling. Please verify the number of requests made per second to the Amazon Product Advertising API.

これとは異なり、以下のエラーが出ています。

InvalidParameterValue
The ItemId B07G935RZQ provided in the request is invalid.

調べてみるとProduct Advertising API 5.0 DocumentationResults and Errorsがあり、そこで吐き出されているコードと同じでした。

{
 "Errors": [
  {
   "__type": "com.amazon.paapi#ErrorData",
   "Code": "InvalidParameterValue",
   "Message": "The ItemId INVALID_ASIN3 provided in the request is invalid."
  },
  {
   "__type": "com.amazon.paapi#ErrorData",
   "Code": "InvalidParameterValue",
   "Message": "The ItemId INVALID_ASIN1 provided in the request is invalid."
  },
  {
   "__type": "com.amazon.paapi#ErrorData",
   "Code": "InvalidParameterValue",
   "Message": "The ItemId INVALID_ASIN2 provided in the request is invalid."
  }
 ]
}

For example, a GetItems request with multiple ItemsIds will contain Errors at the top level of the API response like this:

抄訳:例えば複数のItemIDを持つGetItemsリクエストには、このようなAPIレスポンスのトップレベルにエラーを含みます。

Product Advertising API 5.0 Documentation:Results and Errors

これは、複数の商品IDを持つものがあって、該当の商品が表示されていないということのようです。

Amazonで商品を再検索して商品IDを差し替え

実際のリンクを見てみると、エラーを吐いていた商品IDとして入れていたのは「B07G935RZQ」、Amazonでこの商品を調べてみるとその商品IDは「B07GVS92L8」と確かに異なっています。

[amazon asin="B07G935RZQ" kw="パイオニア デジタルコードレス留守番電話機 TF-SA16W(W)"]

そこで、上記のコードを以下のように商品コードを差し替え。

[amazon asin="B07GVS92L8" kw="パイオニア デジタルコードレス留守番電話機 TF-SA16W(W)"]

リンク元の商品IDのリンクでも商品は存在しましたが、この商品IDを「B07GVS92L8」に差し替えてみると、確かに表示がされるようになりました。

AmazonのPA-API 5.0でエラーが出ている場合には、改めてエラーコードを確認してみましょう。

低コスト・短期間で独自ECサイトを構築できる「ファースト・ローンチ」

ファースト・ローンチ」の「CS-Cart」スタートプランは、多言語・多通貨対応ECパッケージ「CS-Cart」に、日本国内の配送業者に対応した「日本国内向け配送料金算」アドオンの導入と日本語対応、初期設定を行ってご提供しています。

スピード感のある独自ECサイト構築をしたい、BASEやShopifyでは物足りない、独自ECサイトを構築したい、という場合には是非「ファースト・ローンチ」をご検討ください。

ファースト・ローンチ 公式サイト

ITのことで、お困りではありませんか?

ITは、コンサルティングからプロジェクトを全体を見据えて実施しなければ上手くいきません。
リソース・シェアリングは、ITのコンシェルジュとして、クライアントにとっての最適解をご提案するコンサルティングから構築・運用・解析までをワンストップで対応できるITコンサルティング会社です。
ITに関してお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

ITプロジェクトで最適解を探すなら
御社にとって最適なWebサイト構築をするなら
失敗しないWebシステム開発をするなら
WordPressを活用したいなら
ECサイトを構築したいなら
越境ECサイトを構築したいなら
企業間取引向けECサイトを構築したいなら
マーケットプレス型ECサイトを構築したいなら
課題や事例から最適解を探すなら
リソース・シェアリングの実績
お問合せ

スポンサードサーチ