Web会議がスタート

スポンサードサーチ

リモートワークで使うWeb会議システムは小規模ならWherebyの無料アカウントで十分でご紹介したWhereby

無料で使えて非常に便利なWherebyですが、実際に自分が主催でWeb会議に使う場合には、アカウント登録が必要です。

そこで、アカウント登録から実際に使うまでの方法をご紹介。

Wherebyのアカウント登録

まずは、WherebyのWebサイトにアクセス。

Whereby
Whereby

右上に「Get Started」のボタンがありますので、そちらをクリックしてアカウント登録を行っていきます。

Sign Up

まず、「Sign Up」画面になりますので、Googleアカウントを使っての登録か、メールアドレスでの登録を行います。

Sign Up画面
Sign Up画面

今回は、メールアドレスの登録を行いますので、名前とメールアドレスを入力して「Sign up」ボタンをクリック。

メールアドレスの実存チェック

「Check your email」画面に変わります。

Login Codeを入力
Login Codeを入力

先ほど入力したメールアドレスにLogin Codeが届いていますので、メールに記載をされているLogin Codeを先ほどの画面に入力して「Verify」ボタンをクリック。

Login Codeがメールで届く
Login Codeがメールで届く

プランを選択

Login Codeが正しければ、「Choose Plan」画面が表示されます。

Chose Plan画面
Chose Plan画面

無料で使えるFree Planで使いますので、「Free」の下にある「Get started」ボタンをクリック。

個人ルームを作成

「Welcome!」画面が表示されマイページが開きます。

Welcome画面
Welcome画面

ここで、Web会議で使うための個人ルームを作成します。

ここで入力した名前は、Free Planだと後で変更ができませんので、名前は慎重に決めましょう。

名前を入れて「Create My Room」ボタンをクリック。

個人ルームの作成完了

個人ルームの作成が完了しました。

個人ルームが決定
個人ルームが決定

これで、アカウント登録は完了です。

Chrome Extension

先ほどのマイページには、WherebyのChrome Extensionの案内が上部に出ています。

こちらの「Add」をクリックすると、ChromeブラウザにWherebyに簡単にアクセスできるアイコンを追加できます。

Whereby Chrome Extension
Whereby Chrome Extension

機能としては、Googleカレンダーと連携してWeb会議の日程を登録できたり、有償アカウントでの録画機能、Wherebyの個人ルームへのクイックアクセス機能が使えます。

個人ルームへのクイックアクセス
個人ルームへのクイックアクセス

アカウント登録後のWherebyへのログイン

アカウント登録後は、以下の形でログインができます。

WherebyのWebサイトにアクセスして、上部メニューから「Login」をクリック。

Whereby
Whereby

すると、「Log in」画面が開きますので、登録したメールアドレスを入力し、「Log in」をクリック。

ログイン画面
ログイン画面

すると、アカウント登録と同じようにLogin Codeの入力画面が表示されます。

Login Codeを入力
Login Codeを入力

先ほど入れたメールアドレスに、以下のようなメールが届きますので、届いたLogin Codeを入力。

Confirm your email address

Let’s get you signed in and meeting.
Your login code is:

XXXXXX

Please note this code is only valid for 15 minutes.

The appear.in team
feedback@appear.in

Login Codeが正しければ、マイページが開きます。

個人ルームが決定
マイページ

WherebyでのWeb会議の開催方法

アカウント登録ができましたので、Wherebyで実際にWeb会議を開催する方法を見ていきます。

個人ルームを開く

Web会議を行う前には、参加者には個人ルームのURLを教えておきます。

先ほどのマイページから、自分の個人ルームの右横に表示されている「Go to room」ボタンをクリックするか、Chrome Extensionから「YOUR PERSONAL ROOM(S)」に表示されている個人ルーム名をクリック。

個人ルームが決定
マイページ

すると、個人ルームが開きます。

個人ルーム 開始直後
個人ルーム 開始直後

個人ルームを開設した直後は一人ですので、自分だけが表示されています。

参加者を承認

Wherebyでアカウントを作成した状態の場合、以下のように個人ルームはロックがされており、「Knock」をしないと入れない状態になっています。

Room設定
Room設定

そのため、この「Locked room」状態で説明をしますが、部屋に誰かが参加をしようとしてくると、この画面のように右上に参加してきた人がいる事が通知されます。

「Let in」を押すとそのまま参加を承認しますが、参加者を確認する場合には「See who」をクリック。

Se whoで確認
Se whoで確認

こちらの画面が右側に表示されますので、表示された画像を確認します。

保留か拒否も選べる
保留か拒否も選べる

ここでも「Let in」を押すと承認になりますが、「Respond」をクリックすると「Put on hold(保留)」と「Reject(拒否)」がさらに選べます。

Web会議がスタート
Web会議がスタート

「Let in」が押されると、Web会議がスタートします。

先ほどの「Locked room」 を設定していない場合には、承認なしでそのまま個人ルームに入れます。

スポンサードサーチ